人気ブログランキング |

晴れやかなる四十路へ!

<   2018年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「四雁川流景」読了


「四雁川流景」読了しました。
玄侑宗久さんの本は「中陰の花」に次いで二冊目です。
同じ街を舞台にする短編7作が収められています。

なかでも「地蔵小路」は、久しぶりに出会った切ないお話でした。
もうね、そうですね、そういことってあるかもね、悲しいね…、
としか言えないお話でした。
登場する人物に悪意が見えないから、とても切ないです。

他に「スクナヒコナ」は、神社フリークとしては、
住職で作家である著者に対して、
少々解せないところを感じたけれど、まぁそれはそれ、
神道と仏教とを較べても作品としては関係がありませんし、
仏教界での立場もあることでしょうからと、
きっと的外れと思われる、邪推をしたりもしました。

総じて、情景描写と話の展開のバランスが良くて、
優しさに溢れるお話が多いので、
私のお気に入り作家さんとなりました。

生老病死、暗くなりがちなテーマですが、
現実に横たわる、これらのものを優しく捉えます。

やはり世知辛い世の中だから、
私は癒される読書がしたいのです。


by ambitious-n700 | 2018-11-24 10:28 | 漫画・TV・映画等 | Comments(0)

神社巡礼の記録45(穴八幡宮)


我が子は受験生です。来春、大学受験を予定しています。
私自身が大学はエスカレーター式で進学してしまい、
一般受験のムードと言うものを体験していません。

大学ブランドや学歴が全てではないし、
社会的評価が高いといわれる大学へ行っても、
その後の人生は、どうなるかわかったものではありません。
親としては、程々の大学へ行ってくれるなら、それで良いのですが、
我が子本人は、併願は当然で多くの大学を受験したがっております。

どうやら高い希望と不安が入り混じっているようで、
上位校から滑り止め校まで志望校が10校以上になりまして、
その中に、やっぱり行けたら行きたい早稲田大学があるのです。

親から見れば、我が子の学力を測りかねていますし、
やる気を見せている我が子に水を差すのもどうかと思うので、
できる限りのエールを送るわけです。

さてそうならば、早稲田といえば穴八幡宮でございますから、
ひと足先に親として?ご挨拶をしてきた次第です。


一陽来復の冬至祭で有名な穴八幡宮ですが、
受験前の冬至から節分までは、一陽来復御守の頒布のため、
御朱印を拝受できないと聞いていました。

御朱印集めもしている私ですから、
むしろ、その時期を避けて?参拝する機会を窺っていた所があって、
今回、冬至祭の前の静まる境内を味わってきました。
b0090284_14102661.png
b0090284_14095742.png
早稲田の馬場下交差点、交番脇の正面鳥居をくぐれば、
左手に流鏑馬神事の像があります。
像を横目に階段を昇って朱色の立派な門(光寮門)、
その門をくぐって、布袋さまの水鉢(手水舎)です。
どうやら布袋尊との縁が深いらしく、隣にも布袋尊が祀られていました。
b0090284_14101374.png
まずは本殿まで進み、神恩感謝と、
いずれ来るだろう我が子の受験のご挨拶の参拝を致しました。

早稲田大学に近い場所なので、
合格祈願などの絵馬があるかな~と邪推しましたが、
そんなことはなく、さっぱりした境内でした。
むしろ、困った時だけの神頼み的な祈願は寄せつけないような、
少し厳しい空気が漂っていると感じました。

本殿の中に少し進み入って賽銭箱があり、拝所が設けられています。
社務所も本殿の建物の中に設けられており、ここで御朱印を拝受しました。

立派な建物ゆえか、こういう造りになっているようでしたが、
ちょっと大きな寺院に似た造りのように思いました。

後日、調べたところ、穴八幡宮の名の由来は、
この地の洞穴から金銅の阿弥陀如来像が見つかったことで、
神仏習合の時代、八幡神の本地仏が阿弥陀如来であり、
その繋がりから、穴八幡宮となったらしいです。
隣地には別当として放生寺がございます。


その後、境内を散策すると、神武天皇遥拝所がありました。
私は、他の神社で見かけたことはなく、
これはちょっと珍しいかも?と思いました。

また神輿が納められているだろう町名の入った蔵がならび、
地域の信奉も篤いように感じられました。


境内を出て、私はちょっと厳しい神気にあてられたのでしょうか?
自分の気を鎮めるように、都立戸山公園を抜けて、新宿まで歩きました。
ゆっくり歩いて1時間弱でしょうか?

そして、呑みに来るたびに参詣する花園神社により、
酉の市の提燈がこれでもかと並らぶ姿に、
神社にも色々個性があるなぁ~と思うのでありました。

by ambitious-n700 | 2018-11-09 14:12 | 神社仏閣 | Comments(0)

『あなたが母親の手料理を食べられる回数は、残り328回です。』読了


『あなたが母親の手料理を食べられる回数は、残り328回です。』読了。

長いタイトルです。上野そらさんの著作です。
「小説家になろう!」という投稿サイトから、書籍化にまでなったとのこと。
住野よるさんも、確かそうだったかなぁ~と記憶しています。

そして現在、タイトルとはかけ離れた状況にいる私は、
先月、実母の七回忌を済ませました。

母親の手料理については、必ずしも良い思い出ばかりでないですが、
それを言うと、なんだか後ろめたさを感じつつ、
正月には必ずテーブルに並んだ白菜の入った田舎雑煮は好物で、
今では、見よう見まねで自分で作ります。

さて、本作の設定はファンタジーで現実感はないですが、
大きなテーマは「一期一会」と思われ、
普段、見逃してしまいがちなものへフォーカスしています。

残り回数が可視化される、それは、運命を宣告されるに等しかったり、
また、理解する必要のないものまで、受け止めなくてはならなかったりします。

「時間の過ごし方を、ひとつ、ひとつ、大切にする」

まぁこれに尽きるわけですが、人生の折り返し地点はすでに超えて、
親族を看取ることも4度の経験がある私には、
本作の読者としては、やや歳をとりすぎている感がありました。

若いときには気づかない、実感が湧かないまま、
居心地の良い時間を、無為に消費してしまうことがあるのかもしれません。
かく言う私も、そうだったと思いますし、
無為さが記憶に残るのも、また、若さの特権なのかもしれません。
そんなことを思いました。

そして、なんの因果か、登場する病気やら、
看病していた私の実体験に重なる出来事も多くて、
私がこの法事の時期に本作を読めたことは、
より深く実母を偲ぶことに繋がるのでした。


by ambitious-n700 | 2018-11-03 17:26 | 漫画・TV・映画等 | Comments(0)

神社巡礼の記録44(武蔵野八幡宮)


渋谷の繁華街では、日本独自に発展したハロウィン仮装文化が、
社会問題化してきましたが、その翌日は一ノ酉でした。

私の興味はハロウィンよりも酉の市でございました。

まだ参詣していない神社で、酉の市を行っているところを調べて、
此度は、吉祥寺に鎮座する「武蔵野八幡宮」と相成りました。

吉祥寺の駅からアーケードを抜けて徒歩5分程度です。
提燈が掲げられ、露店が並んでいました。
b0090284_14451628.jpg
新宿、花園神社の賑やかさと比べてはいけないのだろうけど、
練馬の大鳥神社と比べても、少し落ち着いた様相でした。
街の規模を単純に思えば、
練馬駅前より吉祥寺駅前の方が賑やかだとは思うのですが…!?

吉祥寺の地名由来は
お寺の門前の人たちが移住した街が始まりと聞いているから、
もしかしたらお寺の檀家衆が強くて、
神社の氏子衆はちょっと活動が弱いのかもしれないと思うのでした。

まぁまた、近くに井草八幡や大宮八幡もあるので、
その辺りも影響あるのかもしれません!?

そんな余計なことを考えながら、
龍の吐水口でセンサー自動水栓の手水舎で清め、
本殿に進んで、神恩感謝を捧げます。

社務所にて御朱印を拝受してから、境内をゆっくり周ります。

八幡様ですから主祭神は応神天皇です。
しかしながら、酉の市をしているということは、
どこかに日本武尊なり天日鷲命が祀られてはいるはずと、
境内社を注意深く見てみますと、
七社(三島・出雲・大鳥・厳島・稲荷・須賀・疱瘡)が、
相殿で祀られていました。

うむ・・・なんとなく系統はわかるが、全ての祭神の名がでてこない。
まだまだ不勉強だなぁ~と思う。

そして境内社にもキチンとご挨拶の参拝をして、
熊手も授かるのでした。
b0090284_14464426.png
さて、しっかり神社参拝を終えて、境内を出て、
気を許したところで、いつものズボンの後ろポケットに、
いつも入れているパスケースが無いことに気が付きます。

はて?出かけ間際、家に忘れたか?それとも、道中で落としたか?
思い巡らしても、どうにも記憶に自信がない…。
おそらく、きっと…家に忘れていることだろうけれども、
万が一、道中で落としていたら、
免許証やらカード類が悪用されないかと、心配も湧いてきます。

本当はこの後、吉祥寺で昼食を摂ろうかと思っていましたが、
こんな胸のつかえを抱いては、ゆっくりなんかできないと、
私はとんぼ返りで帰宅したのでした。

結局、パスケースは自宅に置いたままで、事なきを得ましたが、
遅い昼食を、近所にあるいつものラーメン店で摂ったのでございました。

ウム、出かけ間際は時間に余裕をもって、
持ち物のチェックは慎重にしないといけないことを教えてくれた、
本年の一ノ酉でございました。


by ambitious-n700 | 2018-11-03 14:49 | 神社仏閣 | Comments(0)