人気ブログランキング |

晴れやかなる四十路へ!

<   2015年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

十五夜に満月とは限らない

とある人のブログにスーパームーンが掲載されていた。
負けじと載せるぞ!・・・っと意気込んでおります。

これが十五夜の名月。
b0090284_1171489.jpg

これが十六夜のスーパームーン。
b0090284_1173113.jpg

ほぼほぼ同じ条件下での撮影したつもりですが、
カメラの設定が本当に一緒だったか自信がない。・・・それに違いもよくわからない・・・

撮っていて、今更ながらに十五夜が満月ではないのか?と、
疑問がわいて調べてみました。

結果、毎年十五夜に満月とは言い切れないそうです。

以下、その薀蓄。

そもそも月の満ち欠けは、時とともに常に変化しているので、
極値の折り返し点を【望】、そこを満月としたら、
厳密にどこまでが満月と言っていいのか?よくわかりません。

月の満ち欠けの周期(塑望周期)が約29.5日。
その約半分で【望】の平均月齢は14.75日となります。

そして月齢は0日(新月、塑)から起算しますが、
暦では一日から日を数えます。

仮に月齢0日(新月、塑)を日没に迎える日を陰暦一日としたら、
月齢14日の月が見える夜は、陰暦十五日の日没で【十五夜】です。
(※便宜上、日没の時間差は無視しますね)

【望】の平均月齢が14.75日ですから、
上記の仮定では、日没後の0.75日後に【望】となります。

0.75日といったら3/4日、24時間×3/4日=18時間後です。
日をまたいで十六日の真昼間に【望】を迎えます。

そして月齢15日の月が見える夜は、陰暦十六日の日没で十六夜です。
この時に見える月の方が【望】をすでに過ぎていても、
前日より【望】に近いので満月(の夜)としている訳ですね。


2015年は上記の仮定に近くて、
欧州で皆既月食を観測できましたが、日本の陰暦十六日の昼頃でした。

また暦では、月齢14日を含む日を陰暦十五日としているそうで、
仮定の日没より前に、月齢14日を迎える陰暦十五日の方が多くなります。
【十五夜】を、翌朝の日の出までと考えれば、
【十五夜】に【望】を迎えることが、一番多いとのことらしい。

さらに、月の公転軌道が楕円形をしていて、
その楕円軌道が8.85年周期で回転しています。
このことから、【望】となる月齢も13.9日~15.6日と一定ではないそうです。

詳しい計算は天文学者に任せるとしても、
以上のことから、十五夜に満月とは言い切れない訳だと納得したのでした。
by ambitious-n700 | 2015-09-29 11:08 | 時事 | Comments(0)

持ち出し袋と備蓄食料

「東京防災」という冊子が都内の各世帯へ送られているようです。
これを配布するのに予算は20億円超とのことです。
まだパラパラとめくった程度ですが、いい予算の使い方だと思いました。

ちょうど連休中に、私も非常袋の期限切れのチェックをしていました。
この非常袋は嫁さんが率先して用意してくれたもので、
あれこれ言わずに見守りつつ、食料品の入れ替えはしていました。

しかしながら、ふと気付いたことがあります。

非常袋に10食分程度のパックご飯が詰め込まれているのですが、
果たして非常袋に入れるべきものなのでしょうか?

非常袋は、簡単に持ち出せるようにリュックになっているわけで、
あきらかにパックご飯が、重量をかさ上げしていました。

いざ非常時に持ち出すのですから、軽いに超したことはありません。
そしてパックご飯を食べるには、
電子レンジ調理か熱水調理の過程が必要です。
しかし調理に必要なものは、非常袋に用意はされていません。

調理が出来なければ、利用できないか、
我慢して冷たくて硬いご飯を食すしかありません。

他者の助けを借りることができれば良いですが、
あてに出来ない場合は、意味が半減してしまいます。

どうやら非常袋の見直しが必要のようです。

本当に必要なものは何か?その非常時とは何か?

火災かもしれないし、台風かもしれないし、
原発避難かもしれないし、テロかもしれない。

非常袋は、非常時に持ち出す袋です。

自宅を離れなければならない非常時に活用するわけですから、
しばらく戻れないことをイメージして中身を揃えたいと思ったのでした。

そしてライフラインを寸断され、自宅避難を強いられた時は、
これとは別に想定して、
食糧の備蓄とそれに伴う備品をそろえるべきなんでしょうね。


さぁ!今夜は中秋の名月。そして、スーパームーン!

潮汐力は大きくなり、大地は鳴動するか?
エネルギーの放出があったとしても、小出しで無難に済むことを祈りつつ、
収穫の秋に感謝を捧げようと思うのでした。
by ambitious-n700 | 2015-09-27 13:26 | 時事 | Comments(0)

ヴィタメール

少し前に嫁さんのバースデーがありました。
今年は、ヴィタメールのチョコレートケーキでした。

ケーキのサイズは号数で示されますが、
4号だと四寸の直径ってことらしいですね。
一寸≒3cmですから4寸≒12cmということらしい。

ホールケーキにバースデープレートは華やかでいいのですが、
食べすぎて胸焼けの記憶が邪魔をします。
我が家では家族三人、4号ケーキでも食べきれず、翌日繰越しのことが多いです。

しかし今回は、10.5cmという初めて見るサイズで、
我が家でのジャストサイズでした。有り難かったです。

それに甘党の嫁さんへのプレゼントは、今年は巣蜜とバームクーヘン。
まぁこちらは日持ちがするので、ゆっくり召し上がってもらえば良いですね。
by ambitious-n700 | 2015-09-22 13:34 | 食生活 | Comments(0)

2015★秋の味覚さがし

先日、秋の健康診断を済ませてきました。
結果はまだ届きませんが、にわか対策の食生活から開放されるべく、
珍しく天ぷら屋さんへ、心を躍らせて行きました。

秋の味覚を楽しみたくて、生ビールとあわせて、
ぎんなんと松茸の天ぷらを注文する。

しばし待つと「ぎんなんの方」と言って店員さんが、
揚げたての天ぷらを、私の目の前の置いてくれた。

ちょっと見た目に想像していたものと違ったのですが、
その天ぷらを、ためらいもなく口に運ぶ。

そして「ぎんなん」の味をそこに探す。

二口、三口でなくなってしまったが、
クニクニした歯ごたえの中に、少し土の香りが最後に残る。

自分の記憶を探しても、いまひとつピンッ!とこない。
これはぎんなんを、しんじょにでもして揚げたものだろうか?

心にしこりを残したままいると、
店員さんが「はい、ぎんなん」と次の天ぷらを差し出す。
えっ?と思いながら見ると、
そこに見たことのある三粒のぎんなんが連なった天ぷらがありました。


なにぃっ~!まさかっ!先ほどのは松茸だったのかっ!

あの歯ごたえ、残る土の香り、
そして、よく見れば紙皿の上にある飾り松葉、
衣にくるまれて、得体の知れない形をしていましたが、
間違いないあれは松茸じゃないかぁ~。

しかし!時はすでに遅し!
ぎんなんの味を探しながら食べた私には、
すでに松茸の香りを思い出すことは出来ませんでした。

「香りマツタケ、味シメジ」といいますし、
一年に一度、食べるかどうかの松茸の味を、
私がしっかり記憶している訳ではありません。

なんと惜しいことをしたのでしょう。
松茸ご飯か、土瓶蒸しにすれば間違いなかったのでしょうか?

いやぁ~本当に残念です。
松茸は松茸と思って、もっとゆっくり味わって楽しみたかったです。


もはや店員さんが言い間違えたのか?私が聞き間違えたのか?
今更どうでもいいですが、なんと頼りない私の味覚でしょうか。

そして、再度「ぎんなん」の味を求めて、
紛れもない「ぎんなん」の天ぷらを食べたのですが、
味の記憶が一致して、脳がとても喜んでいたのでした。
by ambitious-n700 | 2015-09-20 11:04 | 食生活 | Comments(0)

「一度も愛してくれなかった母へ、一度も愛せなかった男たちへ」読了

女優、遠野なぎこさんが自身の半生を描いた自伝的小説とのこと。

バラエティ番組で色々と強い印象があったので、
その深層には何があったのかに興味を持ち、読ませていただきました。

・・・うーん・・・うーん・・・

感想を書きたいのだけれども、何を書いても言葉足らずになりそうな気がします。

叱咤激励の言葉も、失礼になるような厳しい現実だったかもしれませんし、
小説という形態にした以上、どこまでが現実と捉えていいのかもわかりません。

確かに、著者の半生のエッセンスはこの本に入っていると思いますが、
それがどれほどのものだったかは、本当のところを測りかねます。

著者の思いと、私の捉え方に乖離がないとは言い切れないので、
私の感想もまとまりきらないですね。


仮に全てをフィクションと捉えさせて頂き、
無責任に感想をまとめれば、登場人物の多くは不器用でしたね。
唯一、弟さんだけが賢く人生を立て直していたように思えます。

主人公の感情の振れ幅が、強くて大きすぎて、
とりあえず、落ち着いて、
呼吸を整えなきゃダメだろっ!と思って読んでいました。


結婚相手は選べても、子どもは家庭環境を選べません。

子どもは、袋小路に追いやられたら必死に足掻くしかないんですね。
親子関係でどうやって気持ちに整理をつけようか?
答えが見つからなくても、どんなに辛くても、
子供は納得のいく答えを探し続けるしかないのでしょう。

手を差し延べる大人がいなかったことが不幸なのか?
隠し通せるだけの環境があったから不幸だったのか?

成長して恋愛になったとしても、今度は血縁と違って相手を選べるものだから、
不安や怯えが芽生えれば、袋小路に入る前にバシッと切り捨ててしまう。

総じて、ゆとりとか余裕が持てないんですね。
人間関係においても円滑にする糊しろ部分を作れず、
自身を追い込んでいるように感じました。

いやはや悲痛です。


また第三者の立場から好意的に見れば、子どもに酷い仕打ちをする母親ですが、
こちらも不器用で迷走している悲しい姿にも映ります。

自身の描いた夢を追いかける訳ですが、現実は思い通りになりません。
そのストレスから、無鉄砲で思いやりに欠いた行動をしているだけのように感じました。

女性は子供を産んでしまえば、一生、母親という立場からは逃れられません。

若くして覚悟のないまま母親になってしまったことが、悲劇の始まりのように思えました。
(※注、もちろん父親に責任がないとは言ってませんよ。)

人間関係については、私もおっかなびっくりで得意とは言えませんが、
たとえ相手を信じ切れなくても、嫌な部分は見なかったことにして、
好意が寄せられる部分だけを、騙されながらも受け取れたらいいのですがね。

程度でしょうが、少々鈍感でおバカなくらいが、
他の人とたくさん幸せを分かち合うことができるのかも知れません!?


今回は読書として引きこまれましたが、
ハッピーエンドでもバッドエンドでもなく、現在進行形で終わってますから、
著者へエールの気持ちを抱くも、いまひとつ消化不良の感が否めないのでありました。
by ambitious-n700 | 2015-09-15 15:00 | 漫画・TV・映画等 | Comments(0)

虹かかる空

先日の豪雨をもたらした雨雲ですが、
私の目の前では、夕暮れ時、東の空に虹をかけた。
b0090284_1392620.jpg

陽射しの強さに呼応して、
虹もその光を放っていたが、10分程度で姿を消した。
by ambitious-n700 | 2015-09-13 13:09 | その他 | Comments(0)

悪意への抑止力

記録的豪雨のため、鬼怒川の堤防が決壊しました。
たしかに激しい雨でした。被害も甚大です。

報道が現在起きている自然災害に集中していましたが、
TVのチャンネルを変えていたら、
14年前の9.11テロのドキュメンタリー映像が流れていました。

アメリカで編集されたであろうその記録映像は、
当時、日本では報道されなかった様々なシーンがありました。

その日の朝方、ノースタワーに旅客機が激突。
20分後にサウスタワーにも同様の悲劇がおき、
およそ2時間程度で、2つの高層ビルが崩壊します。

安全確保に惑う人々、救助へ向かう消防・警察、
逃げ場を失ってビルから落下する人、
凄まじいスピードと規模で迫る崩壊後の粉塵など、
色々な角度で記録されたシーンが紡がれていました。

大きな悪意に、多くの小さな善意が踏みにじられ、
良からぬ物が、また、ふつふつと芽生えるような悲しい映像でした。

残念ながら、この現実社会には悪意も善意も混在するのですね。


技術が発展すればするほど、堰が切られれば被害は甚大です。
これからの争いは、小競り合いではなく、
ドッカン!ドッカン!と、スケールの大きな争いになるのかもしれません。

悪意に対して、善意は抑止力になりえるでしょうか?

善意を貪り、増長する悪意はないのでしょうか?

悪意を暴走させないためには、
チカラあるものが規律と善意を忘れずに、抑止していくしかないと私は思う。

善意だけでは、悪意にそのチカラを搾取されるだけだろうし、
規律だけでは、きっと自らに悪意を芽生えさせてしまうだろう。


自然災害も年々規模を増している現在、
人間同士が、互いに築きあげた文明を壊し奪い合うようなことは、
どうか起こらないで欲しいと願うばかりなのでした。
by ambitious-n700 | 2015-09-13 10:04 | 漫画・TV・映画等 | Comments(0)

駄文「官_的」

パラパラと新聞をめくっていました。

「官_的」という字面が目に入って、
私の頭が勝手に「官能的?」と認識しました。

スポーツ新聞ならいざ知らず、
そんなバカなっ!と思い、よく見たら「官僚的」でした。

どうして同じ「官」という漢字を使うのでしょう?


秋の長雨が続きます。晴れ間を見たのはいつのことか。

私の頭も霞みっぱなしで、色ボケしてるのかも知れません。
by ambitious-n700 | 2015-09-09 09:41 | ぼやき | Comments(0)

「日本のいちばん長い日」鑑賞

もうじき上映終了する映画館が多く、身体にムチを打って足を運びました。
その甲斐あって、見てよかった、見逃さずによかったと思う映画でした。

鈴木貫太郎首相や阿南大将などの名は、うろ覚えで知っていましたが、
宮城事件を知らなかった私は、自分の不勉強を恥じてしまいます。
それゆえに、この史実のクーデター事件を題材にした映画を見れたことは良かったです。

そして、全編通して胸が痛くなるシーンの連続でございました。

戦後70周年の今年になって、
玉音放送の原版のニュースや御文庫の写真に触れることがありましたが、
そこで何が起きたのかを、この映画で知ることが出来ました。


登場する人物は、死を怖れることもなく、そして、命を軽んじるわけでもなく、
それぞれに覚悟をもって、国を憂いています。

しかしながら戦時状況下では、
信念や考え方の微妙な違いが、混乱を招いてしまうようです。

強い思いがなければ、戦争で命をかけることも出来ないでしょうし、
強い思いであればあるほど、
また譲ることも、なかなかできなかったのではないかと思います。

戦争では、命が犠牲にされることはもちろんですが、
戦争を終わらせることにも、多くの犠牲が出てしまうのですね。

いかに戦争回避が大切で価値あることかを、思い知らされました。


またこちらでは、本木雅弘さんが昭和天皇を演じましたが、
映画「太陽」では、イッセー尾形さんが演じていました。
本編の上映前に、イッセー尾形さんの主演映画の予告が流れたため、
「太陽」で描かれた昭和天皇像と、おのずと比較してしまいました。

そして激動の時代を担った昭和天皇の心中を思うと、まさに言葉もありません。


もっと色々と感じたことはあるのですが、
賛否両論あるデリケートな戦争論になってしまいそうなので、自主規制です。

しかし、価値ある映画鑑賞だったことは間違いありません。
by ambitious-n700 | 2015-09-04 11:21 | 漫画・TV・映画等 | Comments(0)

「私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな」読了

「私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな」読了。
私と同世代の日本人女性、ジェーン・スーさんの本です。
なぜ私がこの本を手に取ったか、今となってはハッキリ思い出せない。

きっとネットレビューの評価が良かったことと、
自身の異性考の一助になるのではないかと思ったからに違いない。

しかし(ご自身でも書かれていたが)無自覚に利己的な考えが根本にあるから、
101の理由に枝分れしているだけだろうと思え、最後の方は疲れてしまった。

女性視点で書かれているため、男性側の行動や考えは表層的に捉えられています。

そして「結婚」=「幸せ」という風潮を、やたら敏感に社会圧としていますが、
どうしてそういった風潮があるのか?や、
どういった結婚観や家庭像があるのか?までは踏み込んでいません。

こちらの本では、30~40代未婚女性の言動や行動を、
よく捉えているに留まるのではないでしょうか?

あるあるネタを笑い飛ばして、ストレス発散するのもいいのですが、
そこに留まるならば、
どうぞ未婚のまま留まってください・・・と、心の奥底で願わずにいられない。

自身が稼いだお金で人生を謳歌することに、誰が文句を言いましょうかっ!


そして僭越ながらいわせてもらえば、
無自覚に、そして隠れている利己的な考えは、
往々にして社会では波風を立てます。

社会を形成するには不都合な価値観ですから、
利己的な価値観を受け継ぐ子孫が、多すぎては困るのです。
すなわち社会にとって、
利己的な者ほど結婚へのハードルは高い方が良いのです。

そんなことを思い、結婚のシステムは、
利己的な価値観を自然淘汰するシステムでもあるのだと、
改めて、私の持論を固くするのでした。
by ambitious-n700 | 2015-09-02 10:00 | 漫画・TV・映画等 | Comments(0)