晴れやかなる四十路へ!

<   2014年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

掛川★2014なつ

【最終日】掛川
この日の起床は5時半ごろ。荷造り、チェックアウトは6時半。
7時を待って、宿で朝食をいただき、熱海駅へ。
下りの新幹線にとび乗って、9時前には掛川駅に着く。

熱海に宿を取った当初、
私自身は、掛川まで来ることを想定してなかったのですが、
静岡県と聞いて、我が子から掛川花鳥園へ行きたい!と、
強い希望が出たため、予定変更で足を伸ばしました。

掛川駅から花鳥園まで、歩いて10分程度。
開園は9時からですが、入り口にはすでに人が並んでいました。(※1)

以前、掛川花鳥園に来たのは2009年の夏。

購入したエサを鳥たちにあげて、ふれあえることに変わりませんが、
今回はお盆の繁忙期だったためか?
来園者の混雑ぶりの方が気になってしまいましたね。
b0090284_13532147.jpg

カモからインコ、オオハシ、ヘラサギ、シギ等とふれあい、
10時と13時ののバードショーも楽しみました。

以前も見た、ポポちゃん(アフリカオオコノハズク)や、
キック(ヘビクイワシ)も元気そうで何より。

昼食は、お弁当を買って軽く済ませ、
14時前には花鳥園を退出しました。

のんびり寄り道をしながら、
30分程度を歩いて、掛川城まで。

熱海城は観光目的に作られた城ですが、
掛川城は、戦国の世からの歴史的背景がキチンと有ります。
掛川城主としては、山内一豊が有名ですね。
b0090284_13523958.jpg

まずは天守閣を目指すと、その手前に「霧吹き井戸」があって、
ミストシャワーのようになっていました。
別名「雲霧城」と呼ばれるようになった所以だそうです。

吹く風とあいまって、暑い時期には、とても気持ちいいです。

今ある掛川城は、木造復元天守。
急勾配の階段を登って天守に着くと、四方に遠州を見渡せます。

この日は熱海から掛川に来たわけですが、その城をくらべれば、
熱海城は、山の中腹に天守閣があり、
城の在り方として、確かに不自然さを抱えていることにも気付きました。


天守閣を出て、次は二の丸御殿へ。
日本に現存する四つの御殿のうちのひとつです。

天守閣よりも、こちらの御殿のほうに、資料を多く展示してありましたね。
安政にあった大地震の時の棟札などもありました。

私はこれで、二条城、川越城、掛川城と、
現存する三つの御殿(残るひとつは高知城)を見学したというわけですが、
比べてみれば、確かに京都の二条城が煌びやかで一番見応えがあります。
まぁその立地や規模が違いますから、当然でしょうが・・・。

二の丸御殿でお土産を買い足して、時間を見ると15時半ごろ。
まだ少し余裕があったので二の丸茶室へ。

作法など何も知らない私たちには敷居が高いかな?と思い、
外から様子伺いをしていると・・・屋内からお誘いを受ける。

断る理由もみあたらず、小心者の私たちは案内のままに、
手入れの行き届いたお座敷で、和菓子と抹茶を頂きました。

まぁ・・・落ち着いた雰囲気の中で、
無作法のままに、終始、落ち着かない心持ちでありました。
一期一会の言葉は好きですが、茶道の良さは、まだまだわかりません。

時間もそこそこに掛川城を後にして、
駅から新幹線に乗ったのは16時半ごろ。

都内で夕食(※2)を済ませて、自宅に着いたのは21時前でした。


今回の行楽は、天候不順にも見舞われて大変な思いもしました。
そのうえ、箱根・熱海・掛川と欲張りな行楽だったと思います。
もっと計画に余裕を持って、ゆっくり楽しんだ方が良かったかも知れませんね。
[PR]
by ambitious-n700 | 2014-08-19 13:54 | 旅・行楽 | Comments(0)

熱海★2014なつ

【2日目】熱海

朝方、5時半ごろ起床。6時に出立。
この旅一番の目的だった「熱海海釣り施設」へ。

しかしながら・・・あいにくの雨模様です。

宿の配慮でテイクアウトにしていただいた朝食を、雨空を見ながら庇の下で頂く。
予約もしていたので、とりあえず、海釣り施設の管理棟まで向かってみる。

海釣り初心者の私は、雨が降れば中止か延期を考えていましたが、
みなさん、ポンチョを着て釣り糸をたれていました。
係りの人も、この位の雨では当たり前だと言わんばかりに営業をしていました。

しばし家族みんなで検討し、ポンチョを借りて海釣りを決行することに。

途中1時間程度で雨は止んでくれたので良かったのですが、
雨と汗にまみれての釣果は、ネンブツダイ7尾にスズメダイ1尾。
b0090284_1556695.jpg

b0090284_15551534.jpg

我が子は大物を欲していましたが、
釣り堀ではないため、思うようには釣れませんでした。

施設で、魚持ち込みOKのお店を紹介していただき、
そこで釣った魚を唐揚げにしてもらい、昼食のおかずとして頂きました。(※1)
b0090284_15555958.jpg

きれいに食べたのですが、苦労したわりには、収穫は少なく、
漁師さんのありがたみを肌で感じるのでありました。

昼食を終えて店を出ると、あいかわらず雨は降ったり止んだり。

晴れていれば遊覧船や初島行きも考えていましたが、
屋根のある「県立生命の星・地球博物館」へ行くことに。

電車を乗り継ぎ「入生田」駅に着いたのが13時半ごろ。
14前には博物館で見学をしていたと思います。
b0090284_15562683.jpg

最初に「外来生物」の企画展を見学。
「国内外来」「国外外来」があることを知る。

まぁ、生物にとって人間が作った国境など関係なく、
その生態系を乱すものが外来生物であるからにして、
法律云々ではなく、捕まえた場所以外で、
人的に、その生物を自然に帰してはならない・・・とのことらしい。

極端に言えば、沖縄で捕まえた生物を、北海道で放したら、
それは国内外来ということになりますね。

まぁ日本という国は、南北に長く島国でもあって多様な生態系があるからこそ、
その意識を高く持つことは大切なんだと思い知らされました。

常設展示は、天文分野の原始地球から始まって、
生物の起源、多様な生態系の標本、ゲノムから宇宙開発まで、
順路を追って行けばわかるように、見学しやすくまとまっています。

上野の科学博物館は資料が豊富すぎて、全て見学するのは大変ですが、
うまくコンパクトに凝縮されている感じがしました。

私が中でも強く印象に残ったのは、
天井に展示されていたケツァルコアトルスで、なかなかの迫力でしたね。

館内をゆっくり見学して「入生田」駅に戻ったのが16時前。
途中で翌日の切符を買ったり、お土産を物色して、
宿に戻ったのは、17時半ごろでした。

温泉に入って(※2)食事を済ませ、土産物と衣類を郵送手配して、
早起きの疲れが出たのか?22時前には就寝。
[PR]
by ambitious-n700 | 2014-08-18 15:56 | 旅・行楽 | Comments(0)

箱根★2014なつ

今夏のお盆休みは、宿の予約をしておいた熱海に2泊しました。
近場なこともあって、電車の切符は取らず、
計画もそこそこに、ブラブラと遊んできました。では、例年通りその記録を。

【初日】箱根

私は朝の五時に、嫁と我が子は30分遅れて起床。出立は6時。
新宿到着は、7時少し前。

特急ロマンスカーの切符を買いに行くも、第一希望の箱根湯本直通は満席。
キャンセルが出るのを期待したのですが、残念。
次善の策で、一本早いロマンスカーにして小田原までの特急券を確保。

構内で朝食にする弁当を買ってロマンスカーへ、いざ乗車。
実は、ここまでは小田原城へ行った昨年と同じです。
今年は箱根登山線に乗り換えて「箱根湯本」。
さらに、スイッチバックの登山電車に乗り継ぎ10時前には「強羅」に着きました。

先月、横浜で昆虫展に行きたそうにしていた我が子の姿を見て親心で、
今夏カブト・クワガタ展を開催していた「強羅公園」を目指します。

ケーブルカーで「強羅公園」へ行く手もあるのですが、
思った以上の混雑に、急勾配の坂を家族で歩いて公園まで行きました。

入園料を支払い「強羅公園」に入ると、まずは記念撮影に適したスポットを探します。
真夏に咲き乱れる花は少なく・・・
ヒマラヤ杉と噴水をバックに数回、シャッターを押しました。
b0090284_15332012.jpg

園内を散策していると、バラ園ではハナムグリが蜜を吸う姿も。
b0090284_15334070.jpg

そして、カブト・クワガタ展のイベント会場まで来ると、
私たちの親心に反して、我が子がイベント参加に尻込みをする。
別途、イベント入場料が必要なことと、
チビッ子が多いことに気が引けている様子でした。

確かに、幼児から小学生が大半で中学生ともなると、
素直に混じって楽しめないのかもしれません。

反抗期の気配を見せる我が子に無理強いはせず、
そのまま、ぶらりぶらりと公園を散策。

売店のノボリが目に入ると、
(イベント入場料より高い・・・)ソフトクリームを食べることになりました。

園内をひと回りして、再び11時前には「強羅」駅まで。(※1)

大勢の人に混じって、ケーブルカーで「早雲山」。
ケーブルカーは臨時便もでる人出でした。
そしてそのままロープウェーに乗り継ぎ「大涌谷」まで。

(ブログで確認すると)大涌谷は2006年以来の再訪です。

駅舎や施設が新しくなり整備されています。
以前はなかった「箱根ジオミュージアム」を見て、黒タマゴの科学を学ぶ。
どこの温泉でもタマゴが黒くなるわけでないそうです。

そしてミュージアムを出ればメタボが気になる私でも、
やっぱり、黒タマゴを購入する。

売価据え置きも、個数が減って実質値上げ?
それでも、ひと袋5ヶ入りのタマゴを買えば、
5人旅でもなければ、誰かが2ヶ以上食べる計算になります。

確か8年前も、2個目のタマゴを頬張った記憶がよみがえる。

私はこの8年で、計4個の黒タマゴを食したわけですが、
1個で七年の延命なら、28歳は寿命が延びている計算です。

自分のメタボな腹を見て、素直に喜べないのですが・・・?

ロープウェイに再乗車して「大涌谷」から「桃源台」へ。
ここでも人の列に並び、予想以上の混雑ぶり。
目安にしていた時間よりも30分遅れです。

時計を見て、14時20分発の海賊船で「箱根町港」へ行くことする。
小一時間で、港併設のレストランで昼食をいただく。
海賊船は今年50周年だそうです。記念メニューなどもありましたね。
b0090284_15473436.jpg

船に揺られて「箱根町港」に着いたのが15時前。
そして、箱根関所へ15時ごろには着きました。

我が子の夏の課題も兼ねて、箱根関所と資料館の見学。
「入り鉄砲に出女」を学び、「関所破りのお玉ちゃん」を知る。
b0090284_15472222.jpg

関所では、男性よりも女性に厳しかったことは確かのようですが、
女性蔑視と捉えるか?むしろ、宝のような存在だったと捉えるか?
感じ方は人それぞれかもしれません。

見学を終えると併設の茶屋で、団子とラムネを楽しみ、熱海行きのバスを待つ。
この時期、道路も渋滞が多く、バスのダイヤは乱れていましたね。

バスに乗って熱海駅に着いたのが17時半ごろ、
18時には宿でチェックインができました。(※2)

夕食と入浴を済ませて、翌日に備えて22時に就寝です。
[PR]
by ambitious-n700 | 2014-08-18 15:45 | 旅・行楽 | Comments(0)

シーバー病

特別警報が出るほどの台風です。しかも、スーパームーンで今年一番の大潮。
高潮、高波の規模が大きくなる条件がそろいます。
また、大雨によって地盤が緩んだところに地震でも来たら、
土砂災害も多くなりそうです。防災意識を高めたいところでございます。


それとは話は違いますが、昨日、我が子が踵骨骨端症の診断を受けました。
シーバー病とも言うそうで、成長期に見られる症状だそうです。
まだ成長しきれていない軟骨状態の踵に、
過度の衝撃や負担があると疲労骨折等を起こしやすいようです。

バスケ部の我が子はジャンプや走りこみの動作も多いために、
条件が揃って踵を痛めてしまったとのこと。
まぁ軽症ならば自然治癒するらしいのですが、
悪化すれば部活動や体育の授業もドクターストップがかかってしまいます。

実は先日、嫌がる我が子の意見を押し切って、
クラブの公式試合を覗きに行ったのですが、ようやく試合に出れるようになったところです。
ケガのために参加できなくなるようでは残念なことでしょう。

夏休み後半にも公式試合はあるので、
シーバー病をうまく凌いで、活躍をしてもらいたいと願うのでした。
[PR]
by ambitious-n700 | 2014-08-10 14:31 | 家事育児 | Comments(0)

スーパームーン2014

今夏のお盆休みは、我が子が海釣りをしたいとのご希望で、
もう数ヶ月前にスケジュールを立てて、宿の手配をいたしました。

2週間後にはお盆ですが、スーパームーンなんですってね。
今年は8月11日に月が地球に一番近づくそうです。

7月と9月の満月時期もスーパームーンと言えるらしいのですが、
7/12は、ちょっぴり大きめな地震もあったんですね。

地震の宏観現象としても有名ですが、
そこまで考えて宿の手配をしてはいませんでした。
釣果を気にして潮汐表は見ていたのにね。

まあ・・・仕方ない。
今のところ防災意識を忘れずに海釣り決行の腹づもりです。
[PR]
by ambitious-n700 | 2014-08-02 17:06 | ぼやき | Comments(0)