人気ブログランキング |

晴れやかなる四十路へ!

<   2012年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

お金の使い方

ハーバード大学のマイケル・サンデル教授の本を読んでおります。
「それをお金で買いますか?」というベストセラー本ですが・・・。

そして時を同じにして、嫁が我が子と一緒に、
親子で学ぶ「お金」についてのイベントに行ってきたようです。

そのイベントでは、必要な物(=need)と欲しい物(=want)と、
お金の使い方を区別して、計画的に使おうと啓発しているようでした。

我が子もイイ歳になってきたので、
自覚を持ってお金の使い方を身につけていく方が良いと、
嫁がおこづかい制を提案してきました。

対して、私はお金に振り回される人間にはなって欲しくはないので、
実はあまり乗り気ではありません。

必要な物を必要な時に購入する習慣の方が大切と、常日頃思っているので、
それを育むことと相反しはしないかと、危惧しております。

与えられる定収(=おこづかい)を使うことを考えて、
欲に駆られ欲しい物の割合を高めるために、その質まで落としてしまわないか?
ゲームソフトや雑誌・漫画などは、さほど構わないのですが、
心配なのは、口に入れる御菓子など・・・。

また、必要以上のお金を持つことによって、奢り・タカリなどが起きないか?
友人達との人間関係も配慮したいところです。

翻って、中学生や高校生になって、
友人達との付き合いで多少の飲食代が必要ということなら賛成なのですが、
小学生時代に必要かどうかは、まだ少し首を傾げてしまいます。

そして皮肉になってしまいますが、嫁の提案に対して、
使い切れない・食べきれない食材等を購入してくることを例に出し、
必要な物(=need)と欲しい物(=want)とあるかもしれないが、
それに加えて、無駄な物を買わないこと(=loss)の方が大切だと、
主張したのであります。

経済観念を育てる、計画性を育ませる事は至極大切でしょう。

しかしながら今の段階で、我が子に対して、
おこづかい制にするべきかどうか!?父母で意見が分かれております。

どうやら・・・これは、夏休みの課題になりそうですね・・・。
by ambitious-n700 | 2012-07-22 12:08 | 家事育児 | Comments(0)

筆舌しがたい湿舌

昨日は、今年3回目の・・・Friday the 13th・・・でしたね。
九州では、筆舌しがたい湿舌で、大雨が続いています。
いつ我が身に起こるかもわからない危機感を抱きます。

そして、別に・・・気にしなくて良いことなんですが、
我が家のザリガニたちは、何事もなく元気にしていました。


また、新盆の日でもありまして、
見よう見まね、やり方を読み読み、
白提灯を飾って、オガラを焚いて、迎え火を行ないました。

迎え火のオガラって・・・線香花火の匂いと一緒。
調べてみたら、要はオガラは麻殻、
線香花火もそれが材料になっているって事らしい。

まだ、義父が逝ってから1年経ってないんですよね。
私も毎日のように線香をあげてはいますが、
嫁さんが一生懸命、仏壇の管理をやっております。
お供え物やら掃除などは、なかなか大変そうです。

お仏壇には食べ物もあって、暑くなって来たこともあり、
我が家でよろしくない虫たちを目にすることが多くなっています。

お供え物は、お花や果物、ご飯にお水・・・などなど。
もちろん、毎日取り替えれば良いだけの話ですが、
時に外食でもして忘れたりした日には、丸2日常温放置ですからね。

腐りにくいものをお供えすれば良いとも考えて、
日持ちのするお菓子や生前好きだった缶ジュースなどをお供えすると、
失礼な言い方になるが、
なんだかお供え物なのか、物置棚代わりなのか・・・、
首を傾げたくなるような状態になることも!?

仏壇のある生活、そして、主体性を持って供養を継続するって事は、
なかなか大変なことかもしれません。

そしてそろそろ、一周忌の準備も考えないとですな。
by ambitious-n700 | 2012-07-14 17:47 | 時事 | Comments(0)

ヒッグス粒子がわからない

昨日は七夕でしたね。家族で贅沢な外食をしました。
夜空を見上げると生憎の雨模様でしたが、
我が子は、行ったお店で願いを込めて、短冊を書いておりました。

どうでもいい話ですが、
織姫は織姫ですが、彦星はなぜ牽牛とも言うのでしょう?


そして、少し前にヒッグス粒子の発見のニュースもありましたが、
私はフランスの天文学者(レカベリエ氏)が、
親星のフレアで惑星の大気が吹き飛んだ?ことを観測したことの方が、
心に残っております。

これをそのまま太陽と地球に当てはめる事はできませんが、
恒星とその惑星の相関関係を探るデータになることは間違いありません。

温室効果ガスのフィードバック効果は否めませんが、
地球温暖化に対しての、
二酸化炭素排出削減キャンペーンに疑問符を持っている私としては、
太陽活動から地球が受ける影響のデータをぜひとも集めて欲しいです。

そして、ミランコビッチサイクルにも、
太陽活動の補正を掛けないといけないですね。

火山活動やらスノーボールアースやら、人類誕生前の地球史を見たって、
どう考えたって激しい気候変動はあったのですから、
もっと広い視野で、
今の異常気象を考えていかなければならないと思うのですが、いかがでしょう!?


まぁ・・・これからの科学に期待というわけですが、
日本はJAXAの「ひので」という太陽観測衛星をもっているので、
その活躍を期待せずにはいられないのであります。
by ambitious-n700 | 2012-07-08 14:01 | ぼやき | Comments(0)