人気ブログランキング |

晴れやかなる四十路へ!

<   2011年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

プレデターから六道世界

「プレデター」って映画がありましたけど、捕食者という意味だそうです。
まぁ、サイコパスを調べたときに引っかかったキーワードなのですがね。

そしたら今度は、「プレデター」って言葉をキッカケに、
私の頭は暴走を始めまして、
いまなぜか、仏教の「六道世界」を調べています。


飲食店でも何でも、時にコストパフォーマンスが悪かったなぁ~と、
感じたことがあると思いますが、
それって、社会的に捕食されたってことじゃありませんか?

まぁ早い話が、ぼったくりバーは、カモ客を捕まえて、
金銭を巻き上げる社会的プレデターってことを言いたいわけです。

時に、その商品やサービスと消費者自身のミスマッチで、
充分な価値が見出せない場合もあるので、
全てが全て、そうであるとは思いませんが、
プレデター的思考で商売をするのは、褒められたことのように思えません。

商人の心構えとしては、
客にも感謝されなければ、商売もそうそう長く続かないわけで、
(商人ならば)「プレゼンターになれど、プレデターになるなかれ。」
・・・って、語呂も良いし、
なかなかの名言になるんじゃないかと勝手に夢想していたんです。

商談を成立させるなら、
お互いにプレゼンターかプレデターか、どっちとも取れないギリギリの契約が、
Win-Winの関係で、次の仕事や縁につながるのかもしれません。

その場限りの売買などなら、
プレデター的な姿勢でも成り立つことはあるのでしょうが、
その姿勢を見透かされれば、被食者となった人たちは二度と近寄らず、
社会から疎外され、寂しい存在になっていくような気がします。


さてそれで、プレデターだけが取り残されたらどうなるのか?

自然界で、肉食獣だけが取り残されたら、壮絶な共食いが始まります。
飢餓状態が続き、その中でも弱いものから、獲物にされることでしょう。
戦国時代の兵糧攻めでも、兵同士が倒れた人肉を求めたなんて話もあります。

そんな光景をイメージしたら、私の頭の中では、
仏教でいう餓鬼世界とイメージが重なりました。

「プレデター」も「餓鬼」も、求めることしかしないんですよね。
抱えた欲を満たすため、他者を慮ることなく、求めることしかしないんです。

そう思ったら、世に言う幼少の「悪ガキ」が、
おねだりばかりの駄々をこねれば、
「餓鬼」と同じ音で表現されるのも道理かな・・・と。

ならば、「ちくしょう!ちくしょう!」と自分の思い通りにならない思春期は、
環境に守られ縛られる畜生道の真っ只中で、
学生を卒業して弱肉強食の競争社会に出されれば、
それは修羅の道かも知れないなぁ・・・と、思ったわけです。

そして、年を重ねて死を意識すれば、命あっての物種と実感し、
自ずと拝金主義から外れ、
修羅の道から人間の道へと歩みを変えるのかもしれません。


昔から言われている六道にある普遍性を、
あぁ・・・おれも六道輪廻しているかも?と、
この年になってようやく感じ入ったところです。

では、人間道の上位にあるといわれる天道は何かと私なりに解釈すれば、
道を極めようとする人たちで、
イチローなどに見られる苦を苦ともしない天才肌で、
浮世離れしたような人たちの道ではないかと思います。

もっとも地獄道は、罪を償うばかりの道となれば、
刑務所の中しか思い浮かばないのですがね。


気にも留めていませんでしたが、現世は憂き世。
迷いの六道は、眼前にそして渾然と存在しているように感じました。


また、貪欲・瞋恚(≒怒り)・愚痴を、仏教では三毒と言うそうです。
それぞれ餓鬼・修羅・畜生の道に顕れているとのこと。

そして、六道の地獄・餓鬼・畜生を三悪趣、修羅を加えて四悪趣です。

今度から反省をする際には、
無い物ねだりをしているなーと思ったら、餓鬼だなぁ~と、
愚痴ばっかりこぼしてるなーと思ったら、畜生と同じだなぁ~と、
怒りに任せて憤りを感じていたのなら、修羅な一面を自分の中に見て、
いずれも人の道から外れた行いなのだと、戒めたいと思ったのでした。


追記、
育児って、まさに施餓鬼と同じ?
邪な気持ちがなければ、
いずれ施餓鬼の功徳は、施主に還るのかもしれませんねぇ。
by ambitious-n700 | 2011-09-27 16:43 | ぼやき | Comments(2)

風雨に耐える

台風一過の晴れ間もあまり続かず、秋らしくなりましたね。

私の身近なところでは大きな被害を免れたようですが、
かなり強い風と雨でした。

台風の大型化は、地球の温暖化が原因と言われますが、
温暖化が進めば、海水温も高くなり、さらに海水が蒸発しやすくなり、
雲ができやすくなって、台風も大型化してくるってことなんでしょう。

どこかで日照りが強ければ、どこかで大雨。
水のサイクルを利用して、
地球規模の対流がおきやすくなっているってことかも知れません。

むかし理科の授業で習った対流は、ビーカーに水を湛え、
それをアルコールランプで熱して、対流を発生させました。

それと同じで、対流がおきやすい(≒活発化している)と言うことは、
CO2の排出によって熱が篭っている事も考えられますが、
結局はエネルギーをたくさん受けているからでは?・・・と、思います。

台風の大型化は、水の対流が活発化している現象で、
地震の多発化は、プルームの対流が活発化しているってことじゃなかろうか。
すなわち、地磁気の減少と太陽活動の活発化から、
地球が受けているエネルギー量が増えていて、
地球が活動期に入ってきたと言われるのも、そのためではないか。

と、なんとなく私はそう思っております。

そして、たとえそうであったとして、どうすれば良いかって所なんですが、
過度に降り注ぐ太陽エネルギーを
右から左へ受け流せないものでしょうか?

現在の科学技術ではできないことは百も承知ですが、
フィルターや反射鏡で受け流して制御してしまったり、
もしくは、宇宙太陽光発電でエネルギーに換えて、
さらには、そのエネルギーで磁気シールドを構築してしまったり。

そして妄想を暴走させれば、過度の太陽エネルギーを制御できたら、
その余剰エネルギーを
スペースコロニーかなんかのエネルギーに換えちまったりすれば、
一石二鳥じゃね!?とか思ったりします。


まぁ夢物語も甚だしぃですが、
自然のエネルギーは膨大で偉大なのは間違いない。
by ambitious-n700 | 2011-09-23 14:11 | その他 | Comments(2)

月の恵み

先日、テレビで「月」に関するサイエンスドキュメンタリー番組を見ました。

既知の部分も、もちろんありましたが、
地軸の安定に衛星が寄与していることに焦点を当てているようでした。

天王星の地軸は横倒しだし、
金星の地軸にいたっては殆んど反転していることも知ってはいましたが、
衛星が地軸の安定をもたらしていることに関しては、
あまり気にかけておりませんでした。

潮汐力の干満についても、調べなおす良いキッカケにもなりましたし、
二重振り子の実験については、
不測性が珍しいことでないことを知る良い勉強にもなりました。

宇宙生命体はいるか?いないか?を考える時、
水が存在できるかできないかで、ハビタブルゾーンをよく気にしていましたが、
たとえハビタブルゾーンであったとしても、
天王星のように地軸が横倒しなら、
公転周期の半分は昼続きで干上がってしまうだろうし、
地軸が頻繁にぶれたり、自転周期が遅すぎたりすれば、
きっと長きにわたって、なかなか水を湛えることはできないでしょうね。

火星にも水分があったと言われる事象も紹介してましたが、
湛えた水の中で恒星からの光を受け、
まして、生物が目覚めるまでの時間を得るのは、
やっぱり地球ならではの稀有な出来事なのでしょう。

そして、地軸の傾きは季節を生み、
近日点に冬、遠日点に夏を迎える北半球の中緯度に存在する日本は、
比較的に暖かな冬、涼やかな夏、ゆるやかに移り変わる春と秋、
生物にもやさしい四季を持っている恵まれた場所かも知れないですねぇ~。


また昨夜は、ISS(国際宇宙ステーション)からの生中継番組もやっていて、
ついに宇宙科学技術もここまで来たのかっ!・・・て、思いを馳せました。

明後日の早朝にも、ISSは日本上空を通過するらしいですが、
観たい気持ちはあれど、早起きできる自信は、残念ながらありません・・・
by ambitious-n700 | 2011-09-19 11:07 | 漫画・TV・映画等 | Comments(0)

太陽と大地と

大規模フレアが発生して太陽の活動が活発らしいですね。
地震との因果関係は未だ立証されていませんが、
仮説としては有名らしく、
宏観現象のひとつとしても取り上げられているようです。

3/11大震災前にも、3/09にXフレアが発生してたとのこと。
2/22NZの地震前は、2/15にXフレア。
太陽フレアと地震とは無関係ではなさそうだが、
それを裏付けるデータや、メカニズムがわからない。

太陽は11年の活動周期があるといわれ、
そして、過去にはフレアが頻発していた時も当然にあった。
しかしながらその時に限って、
必ず大きな地震が起きていたってわけでもない。

おそらく地震発生は、プレートやプルームの動き、
それに与えるエネルギーとして、
天体の引力や宇宙線など複数の要因が絡むことでしょう。
ですから、太陽の活動に目を向けると同時に、
そのエネルギーの受け取り手である地球の活動も、注視すべきだと思いませんか?

シールドとなりうる地磁気の逆転がある地球ですから、
時代によって太陽から受ける影響が異なるのは別に不思議ではないでしょうしね。
昨今は、オーロラも良く見えて、地磁気が減少しているって話ですから、
太陽からの影響も大きいってことかも知れません。

そうなると、やっぱり揺らぎとカオスの力武モデルか・・・!?

すなわち、地震を予測するってことは、
カオスを予測しろって無理な話につながります。

まぁそれでも、地磁気の逆転は急に起こる活動ではないので、
長期的な予測が難しい(≒周期的な発生を乱す)ってところでしょうか?
むしろ、メカニズムが推定されれば、
地磁気の蓄積情報が、大切な素因データのひとつになるかもしれない。

地層から太古の地磁気逆転は推定できるって話だから、
それと地震の発生頻度の相関を検証してみるのも価値がありはしないか?

まぁ・・・そんな地球史規模の古い地震のデータはないわけですがね。


また、宏観(≒前兆)現象のひとつに電離層の乱れが指摘されていますが、
地盤への圧力がその原因としている説があります。

いっそのこと圧力計を海底地盤に埋め込んで、
直接データを取っていくことってできないんでしょうかね?


・・・なんてことを考えておりました。

そしてこの度、9/6と9/7にXフレアが発生。
地震や噴火が起きて、価値あるデータのひとつとなるのか?
もしくは、平穏に過ぎて困惑させるデータとなるか?
なんだか不安とともに胸がざわついております。

本当は、いつ起きてもおかしくない地震ですから、
日頃の備えが大切なのは、変わらないんですけどね。
by ambitious-n700 | 2011-09-10 14:48 | その他 | Comments(0)