晴れやかなる四十路へ!

<   2011年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

初ニキビ!?

雨が降ったり、暖かくなったり、肌寒くなったり、
梅雨入り前のためなのか、天候不順ですね。
愛鳥週間も過ぎていますが、今朝方は、ウグイスのさえずりも窓から聞こえ、
そして、実家の巣箱にはどうやらシジュウカラが住み着いたらしい。
今年は、鳥たちの繁殖シーズンもちょっとズレ込んでいるのかもしれませんね。

そして、今年度から学童クラブを卒業した我が子には、
なかば強引に学習塾とスイミングプールに通わせております。
今のところ、さほど嫌がっている様子は伺えませんが、我慢を強いております。

学習塾は、中学受験も標榜していますが、
詰め込み教育は、日頃ストレスを強いている分だけ乗り気でありません。
さらにどこどこ学校に合格と言われても、
それが良いのか悪いのかも判断しかねます。
それよりも、勉強の楽しさをどうにか伝えてくれる先生に、
巡り合えると良いなぁ~と思っております。

自身が中学受験のときに、4科目から2科目に切り替えたのですが、
理科社会の方が勉強は楽しくて、残念な気持ちを持ったことがあります。

ゆえに基礎学力として国語算数は外せないまでも、
理科社会も、ぜひとも学ばせたい気持ちが強く、
親の都合でいかせるだけだから(?)必要ないと思っている嫁には、
この気持ちはなかなか伝わらないようです。

確かに、教育費の負担も考えるとラクではないですが、
使える時にお金を使わないと、有効に使える時機を逸してしまいますからね。

嫁は、将来のための勉強・・・受験のための勉強・・・
ひいては学歴・・・就職などを案じて、
私が我が子に勉強をさせたいと思っていたらしいです。

勉強をすることについての価値観は、嫁と私とでは違うのでしょうね。


「どうして勉強をしなくてはならないのか?」なんて、
学生時分には良く聞いた問いですが、
今になって思えば、学生が勉強するのに理由なんか要らないんだと思います。

だいたい勉強をしていないから、その問いの答えが見つからないのだよ・・・と。

色々なものの見方や価値観、考え方を学ぶにあたって、
基礎学力が必要なのも仕方がない。
そして、基礎学力ができたところで、多くの先人達の知恵や苦悩に触れ、
自身を見つめ、自我を確立して欲しいと、私は思っております。

「経験しないとわからないよ。」と、うちの嫁はよく言いますが、
確かに経験から得る多くの学びもありますが、
(とくに、取り返しのつかないようなことに対して)
私は「経験しないとわからないようじゃダメだ!」とも言います。

もし、全人類が「経験しないとわからない」人間ばかりだったら、
その経験に基づいて築いた知恵や教えは後世へ伝わらず、同じ過ちを繰り返す。
代が変わる度に、全てをリセットされてしまっては、文明は起きなかったはずです。
極論をいえば、全て1代限りで終わっては、
原始生活から一向に抜けられないのではないでしょうか?

「経験しないとわからない」ではなく、
「勉強をしてわかれ!」「わかるために勉強しろ!考えろ!」という姿勢が、
大切なんだなぁ~と感じます。

もっと欲を言えば、勉強をしたその上で、
自我や独創が生れれば、さらに良いのですがね。

しかしながら、其処まで積み重ねる前に、
詰め込みばかりで嫌気が差して、放り投げては元も子もない。
ぜひとも、勉強の醍醐味も掻い摘みながら、楽しみながら勉強をして、
多くの知恵を身につけてもらいたいと思っております。


そして先日、我が子に、ポツンとひとつのニキビができました。
とうとう第2次性徴期でしょうか・・・。いろいろ難しい時期になるんでしょうかね?
口も達者になってきたので、私も負けじと頑張りたいと思うのでした。
[PR]
by ambitious-n700 | 2011-05-23 15:06 | 家事育児 | Comments(2)

守銭奴よりも貧乏神さま

落ち着かないまま5月に入って、訃報が続いたり、税●署が来たり、
我が子のものもらいやら、魚の目やら、虫歯やらの治療と、
まぁ~色々と急き立てられ、こころ此処に在らずな状態でございます。

そんななか、ひょんなことから我が子と「貧乏神」の話をしておりました。
ゲームの中では嫌われ者のボンビー君ではありますが、
それでも「神」と着くのはなぜなのか?・・・ってところの話です。


私自身は深く考えたことはないまでも、
貧乏神にとり憑かれると、お金は溜まらないが神様ゆえに、
どうにかこうにかトラブルを切り抜けてしまうって話を聞いたことがありました。

我が子は、「貧乏神」を悪いものと捉えていたようですが、
この話をすると、ちょっと視点が変わったようでした。

確かにひどい貧困に窮するのは、それはそれで辛いですが、
守銭奴になるくらいなら貧乏神さまと一緒に暮らすのも悪くない!?

守銭奴になって、お金を溜め込んで、たとえ貧乏ではないけれど、
お金を使う身内にもカリカリ厳しく、
使うこともなく、お金を失うことにビクビクしてるようでは、致し方もない。

私は守銭奴よりも貧乏神さまの方が、好きですね。

おそらくお金に執着する人に限って、貧乏神さまを毛嫌いするでしょうが、
そんな人に限って、きっといずれ貧乏神さまは寄ってくるような気もします。

なぜなら、おそらく貧乏神さまは、
金銭欲の悪しき執着を教えてくれるありがたぁ~い神さまなのだから!
・・・と、我が子との話はここで落ち着きました。


そういえば、震災では大手の食品企業が、無償で速やかに支援をしていました。
また、当然のように支援を行なっている芸能人の方たちもいました。

世間では、売名行為と揶揄する人もいるでしょう。
でもきっと、貧乏神さまを必要としているのは、そう揶揄する人たちで、
貧乏神さまを必要としていない人たちが、
自ずと大成しているのかも知れないと思ったのです。


そして、貧乏神さまを考えていると、
今度は「疫病神」さまはどうなのか?・・・と脳裏をよぎる。

同じ論法でいけば、生への執着?・・・いやいやそれでは、死神さま。
おそらく疫病神さまは、五体満足が当たり前だと思って胡坐をかいている人たちへ、
健康へのありがたみを説いてくれる神さまかも知れない。

他にも「悪神」「鬼神」と言われている神さまも、
きっと忘れている何かを教えてくれる存在なのかも知れないと思うわけです。


そして、何かに困った時、悩んだ時、結果が見えない時などは、
忘れている視点がないかと、ひと呼吸おいて探してみるのは、
とっても大切な事かも知れないな、と思ったのでした。
[PR]
by ambitious-n700 | 2011-05-16 11:59 | ぼやき | Comments(2)

行楽も・・・どうぞ計画的に

大型連休でしたね。
嫁さんと子供だけで東京タワーへ行ったりしていましたが、
仕事もある私が一緒に行けたのは、実家と智光山公園だけでした。

智光山公園は駐車場に入るにも渋滞をしていて、少しうんざり。
さらに、近くのあるサイボク(埼玉種畜牧場)もお祭りのような賑わい。

旗日のお出かけは、やっぱり混雑を想定して、
計画的に楽しまないといけないと思い知らされました。

近頃、我が子はトカゲに興味があるようで、
公園や実家の庭では、カナヘビを捕まえたり、ニホントカゲを探したり・・・。
私にはその違いが、いまひとつわかりませんが、一緒に眺めておりました。
b0090284_11501498.jpg

また、実家の空には、
エナガ、アオゲラ、ヒメアマツバメ(もしくはアマツバメ?)等もおり、
昨年は庭の巣箱に、シジュウカラが巣を作りましたが、
今年は残念ながら、その巣箱を利用することはなさそうでした。

さらに実家では家庭菜園を始めていたので、
サツマイモとトウモロコシの苗をみんなで植えてきて、
ゴールデンウィークはおしまい。

今年は計画を立てる元気も余裕もなく、成り行き任せの日々でした。
また、実家の鯉のぼりを見てから、
慌てて五月人形を出したりして・・・我ながら、ちょっと情けないですね。
[PR]
by ambitious-n700 | 2011-05-08 11:50 | 旅・行楽 | Comments(2)