人気ブログランキング |

晴れやかなる四十路へ!

<   2011年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

確率的影響とか風評被害とか

テレビのニュースも大分落ち着きを取り戻し、
原発の情報はあまり目立たなくなりました。
しかしながら、私は時間があるときに放射線量のチェックをしてしまう。

東京の水道水の検査結果は、一時の混乱を招いたこともあってか、
20ベクレル以下の検出は未発表のままでしたが、
ようやく検出限界値まで発表されるようになりました。

報道での被ばく線量の基準も、
引き上げられた数値を見聞きすることもあります。

100人に1人が・・・とか、1000人に5人が・・・とか言われると、
1000000回に1回でるかどうかのADEMを心配して、
日本脳炎の予防接種さえ控えていた親には、なんだかなぁ~の確率です。

きっと「直ちに影響がない」≒「いずれ誰かに影響する」ってことなんでしょうね。

また「風評被害」の言葉が多く、「想定される実害」もなかなか見えてきません。
これから「想定外の実害」もきっと出るのでしょうね。

不安を煽るつもりは毛頭ございませんが、
もうしばらく、復興支援と同じに、できることをできる範囲で、
危機感をもって自衛をした方が良いとも思います。


そして、天災での被害拡大が落ち着いてきたと思ったら、
今度は政府の評判は落ちてきて、人災の様相を呈してきました。

未発表のデータがようやく公開されてきたり、
原発行政を長く担ってきた前与党(=現野党)が政府批判をしてみたり、
それに突付かれて、与党内でもガタガタしてきましたね。

喉もと過ぎれば・・・なんとやら。
ひとは、(ゲーム理論で言う)協力ゲームを築くことはできないのでしょうか?

たとえ、協力ゲームを築くことができなくても、
築きたいと心がける気持ちと、諦めの気持ちの間で、
今日も私の心はゆらぐのでございました。
by ambitious-n700 | 2011-04-26 12:08 | ぼやき | Comments(2)

泣きっ面にハチ・・・で厄払い?

今朝方、いつものようにザリガニ飼育の水を交換していた時のこと。

最後に、2本のペットボトルへ汲み置き用の水をいれ、
それを両手にもって、いつものように、ベランダへ向かいました。

しかしながら、ベランダ掃き出し窓の前でつまづいて、
両手がふさがっていた私は、膝と肘をつくように転げてしまいました。

それと同時に、パリコーンッ!っと、軽い音を立てて窓ガラスは破砕し、
私の頭にガラスの破片が散らばりました。

大したケガはなかったものの・・・後処理に時間は割かれ、仕事は遅刻。
そして、修繕費の請求を待つ身になったのです。


気が滅入っていても仕方がないとは思っていたものの、
こんな日に限って、昼飯時には、スープをこぼしてしまいました。

もう元気なんか出ませんよ。
とりあえず、しばらくは厭世気分で気落ちします。
by ambitious-n700 | 2011-04-22 14:48 | ぼやき | Comments(2)

後ろ髪を引かれつつ・・・

震災からひと月以上が経ちました。
依然、余震やら原発やら気になりますが、普段の生活に戻ろうとの心理も働き、
お花見としてはゆっくりできないまでも、豊島園へ家族で行ってきました。
b0090284_18102336.jpg

豊島園に行くとプールでの釣り堀が開催されていました。
遊園地内の方が桜の木も多いことでしょうが、
我が子も釣りがしたいと言うので、
カラスが飛びかう空のもと、閑散としたプールサイドで釣り糸を垂れながら、
遠目に桜を見てきました。

当初1時間で切り上げるつもりが、釣果は乏しく、その時点で私が一尾だけ。
たまにアタリはあっても、なかなか釣れず、我が子は苦戦。

延長1時間を申し出ると、我が子は調子が出てきて、三尾を釣り上げる。
対して、後半1時間の私はまるっきりダメでした。
嫁さんは見学でしたので、2人で2時間、4尾という少々厳しい釣果でした。

釣った魚の処理は、西武園では、係りの人がしてくれましたが、
ここでは、シンクとキッチンバサミが用意してあって、
自分でやらなくてはいけなく・・・少々、戸惑う。

それでも、係りの人に教えてもらいながら、
慣れない手つきで、キッチンバサミでジョギジョギと・・・。
半死状態のお魚たちに自ら引導を渡してしまいました。
おかげで次回からは、なんとか処理できそうになりましたけどね。

そして、その日の夕食には、塩焼きにして美味しく命を頂きました。

まぁ・・・今年の春休みの行楽はこれのみ。
例年に比べると少なめでしたが、未曾有の天災のため致し方ない。
着る物があって、食べ物があって、
布団で寝られるだけでも有り難いのですからね。
by ambitious-n700 | 2011-04-16 18:11 | 旅・行楽 | Comments(2)

危険はどこに?

原発事故の事態収拾の目途が未だ見えてきません。

放射能漏れが気になって仕方がないです。
海や土地が汚染されていくことを、
指をくわえて眺めていることしかできないんでしょうか?
とても歯痒いです。

巷の噂では日給40万円で作業員を募っているとかいないとか?
できもしないのに、行ってしまいたい気持ちが芽生えたり、
いっそ支援もかねて、東電株を買ってしまおうかと思ったり・・・
私の思考回路は支離滅裂です。

事態は深刻、収拾へは険しく厳しい道のりしかないのでしょう。
それでも、次代への被害を最小限にするために、
一歩一歩作業を進めるしかない・・・。

議論は色々ありましょうが、
不安を煽るだけでなく、実情を騙ることもなく、
情報開示をして、素直にあらゆる叡智を集めて対処をして欲しい。

被害の予防、生活の補償、相反する権益を巻き込んで、
情報開示や対策が遅れているようにも感じます。

いつぞやのブログにも記したゲーム理論のように、
その遅れが、取り返しのつかないリスクを産むことにもなり得るのですから・・・。


清水港にあったメガフロートが、福島へ向かいまいた。
海釣り公園で、いつか行きたいと思いチェックしていた浮島です。
きっと、もう戻らないんでしょうね・・・。
私の残念な気持ちなんて、構いやしないのですが・・・。


そして、今回の震災を通じて、本当に色々感じました。

生産性の薄い地学ですが、その研究はやっぱり大切なんだと思ったり。

また、被災時に港湾がつかえないことを想定したら、
自衛隊にも、もうちょっと使い勝手の良い揚陸艦が欲しいなぁ・・・とか。

それに、原子力発電所はCO2排出等の大気へのリスクは少ないと言いますが、
その膨大な熱量は海に流されているわけで、
海水温上昇などの一因になってはいないのか!?・・・とかとか。

今回のことを通じて、より対策が練られることとは思いますが、
漏れた放射性物質に対しては、持病と付き合うが如く、
この環境に付き合っていかねばならないのでしょうかね・・・。


・・・様々なことが頭をよぎり、なかなか生活も落ち着きませんが・・・
今朝方、いつものように嫁さんがホットミルクを用意してくれました。

何の気なしに飲んでみると・・・普段と味が違っており、
牛乳も品不足で、豆乳でも買ったのか?
もしくは、何かコーヒー牛乳でも混ぜたのか?・・・と思いました。

聞いてみると・・・牛乳だよ・・・との答えでしたが、
問い詰めると、先週には消費期限が切れた牛乳でした。


食品の放射線量も気になりますが、
もっと注意すべきは、
意外にも近くにあるのかも知れないのですね・・・!?            ・・・・・・いや・・失敬。
by ambitious-n700 | 2011-04-06 14:41 | ぼやき | Comments(2)