晴れやかなる四十路へ!

<   2011年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

まずは節電。

連日、福島第一原子力発電所のニュースが流れています。

私の周辺でも、少なからずその影響が出ております。
福島から東京の身寄りへ避難をしてきた人がいると思えば、
東京といえども心配で、母国へ帰る外国人もいたり・・・。

出ている放射線量は、大変気になるところではありますが、
現場で作業にあたる人のことを考えると・・・本当に頭が下がります。

どうかその作業が功を奏し、安定した状態になることを祈っております。


そしてまた、買い占め心理によりスーパーや薬局で品切れが出ています。
トイレットペーパーが売れていることは知っていましたが、
まさか職場の共用トイレのペーパーまで盗む人がいるなんて・・・。

まったく!そこまで尻が汚いか?
きっと・・・自分自身のケツもふけない輩じゃなかろうかっ!?


まぁ・・・パニックになるのもわかる気がしますが、
復興を見届けるまでは、
冷静に、そして、できることをできる範囲で、
支援の心を持ち続けていきたいと思うのでした。
[PR]
by ambitious-n700 | 2011-03-20 16:19 | 時事 | Comments(2)

地球の鼓動か・・・

大震災です。震災にあわれて亡くなられた方々の冥福を祈ります。


私は、前々日に我が子が発熱、
前日にインフルエンザの診断を受け、
自宅で我が子の看病をしていました。

揺れがひどくなりそうだと判断すると、机の下に隠れ、
余震との合間を見つけては、窓を開け放ち、ガス栓の確認、
そして、テレビにて情報を収集しました。

書類が落下、ザリガニ水槽から水が漏れ、
加湿器は横転しタタミはびっしょり、
乾燥機をかけていた布団も少し濡れました。
ガスのマイコンメーターは自動ストップ。
神棚は少し傾き、供えていたお酒なども倒れていました。

しかしながら、被害は少ない方だと思います。
そして、我が子と一緒に安全を確保できたことは、
精神的な負担が少なくて助かりました。

とはいえ、嫁さんとの連絡は取れず・・・帰宅困難者の模様。
だいたい・・・反対を押し切って、勝手に始めた仕事だから、
職場の連絡先すら、よくわからんし・・・携帯電話がたより・・・。

交通機関も通信インフラも麻痺していたので、
夜になってようやく連絡が取れる。
そして、職場に泊まって、帰宅は翌朝になりました。

これほどの揺れは、初めてでした。


たまたま先日、我が子に気圧の変化を風船に見立てて、
温度によっては膨らんだりすることや、
液体でも同じで、水風船だったら、
たしか・・・摂氏4度のときが体積が小さいなどと話をしていました。

そして、地球は宇宙空間では、
液体と同様に球状をしているのだから、
実は、温暖化と熱膨張、
さらに月の潮汐力等天体の引力も加算して、
それが、地震を引き起こすトリガーになるのではないか?

・・・なんてことにも、思いを巡らしていました。

確かに、最近、世界では地震が多かったですからね。
温暖化が加速度的に進むなら、
地球の膨張に地殻が耐えられないって不安がよぎります。


心配のしすぎかもしれませんが、
日頃からしっかりとした震災対策をしておきたいものです。

我が家も当然に見直しが必要です。
[PR]
by ambitious-n700 | 2011-03-12 11:49 | 時事 | Comments(0)

カンニング偽計業務妨害事件にもの思ふ

ありゃ、なんだろうね。
大学受験でカンニングしたことが、
悲しいかな・・・警察沙汰になってしまうんですね。

カンニングの行為自体は、褒められたもんでもないし、
そりゃ・・・当然に受験資格を失格にしなければならないものでもある。

しかしながら、偽計業務妨害で被害を訴えたのが大学ってのが、やるせない。

だって大学って、言わば、教育機関でしょ?

たとえ、その学校に所属をしておらず、自業自得のことだとしても、
逮捕となれば、
ひとりの若者(まぁ・・・若者でない場合もあるが)の将来の道を、
狭めてしまいかねないでしょう。

教育機関であるならば、
試験の受け方、心構えまで教育する気概をもって欲しい・・・
・・・と、思うのは欲張りでしょうか?

まぁ・・・高校生でもないし・・・浪人生だったから、
その受験生の受けてきた教育まで責任がもてないのも確かですが、
学力偏重主義に侵された環境の害悪にも、
各種教育機関が目を向けて、
生徒となる人達を真っ当に育てるべきかと思うのだが・・・。

たとえ、この世からカンニングがなくならないにせよ、
教育機関として、過ちに対しての許しと教えを持つべきでないでしょうか?

警察を動かさなければ、突き止められない事情があったと思いますが、
これからでもいいので、大学側から何かしらの配慮があってほしいと願います。

その使い方は間違っていたとしても、
今回のことは、大学側が受験生に、
悪用もできる最新ネット事情を教えられたのも間違いないのだからねぇ~。
[PR]
by ambitious-n700 | 2011-03-07 13:56 | 時事 | Comments(0)

「苦役列車」を読んでみた。

どうしたことでしょう?何があったんでしょう?
ここひと月の私は、珍しく読書を楽しみました。

ブログにもUPした「宇宙は何でできているか?」に続き、
「悪の会計学」「動的平衡」「苦役列車」と・・・読了しました。

芥川賞を受賞した「苦役列車」は確かに爽快でした。

なんとなしに理解できるその劣情の数々・・・
自分の中にもあるだろうその褒められたものと言えない感情。
それを客観的に読ませてくれるので、これが癒しに繋がるのでしょうね。

愛すべき怠惰!?

モラトリアムなその時の流れの中から、
いつか諦観を打破し、変化を生むのは、
劣情の中にこそ在るその我の強さなのかも知れん・・・。

私もボチボチ頑張ろうという気にさせてくれましたね。
[PR]
by ambitious-n700 | 2011-03-06 18:00 | 漫画・TV・映画等 | Comments(0)

春になれば芽吹く生命もきっとある。

僅か2ヶ月足らずで、我が家のギョピちゃん(金魚)が天に旅たちました。

一週間前ほどから、元気がなく、水槽の底でたたずむ姿を多く見かけておりました。
口元と鰓の付近に黒斑がみられ・・・黒斑病だったのかも知れません。
寒い時期に見られる病気で、魚の風邪のようなもの・・・と調べたものには書いてあり、
死に到る病ではないらしいのだが、弱っていたのは間違いなかったのでしょう。

環境に慣れずに、飼育初期に死んでしまうことも多いようですので、
うまく適応できずに逝ってしまったのでしょうか?・・・残念です。

そして、やや大きくなりかけていた稚ザリガニ1匹も、原因不明のまま息絶え、
一昨年、幼虫のままもらったオオクワガタ♀も飼育ケースの横で硬くなっていました。

なんたることでしょう。
私自身、多忙なシーズンでもあるため、
なかなか手が回らない、気が回らない、身体がついていかない生活ですので、
しわ寄せは、こんなところに出るのでしょうか・・・!?

それでも腐敗をする前に、
休みの日に早起きをして、寒空のもと、土に還しました。







・・・・う~ん・・・もう春だってのに・・・暗い記事になってしまったよ・・・
[PR]
by ambitious-n700 | 2011-03-04 10:43 | ぼやき | Comments(0)