晴れやかなる四十路へ!

<   2010年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

いちょう

東京の銀杏も綺麗に色づいているようです。
紅葉を見に行きたいなぁ~との思いを、胸に抱いておりましたが、
実際の私は、胃腸をブッ壊して、腹を抱えて寝込んでおりました。

久しぶりでしたね。腹痛で熱が出て、脂汗を垂らしたのは・・・。

呑み過ぎがいけなかったのですよ。
またその数日後に、実母のおもてなしを受けまして、
たらふくのご馳走を腹におさめてしまったことで、
私の消化器官は、耐え切れなくなってしまったのでしょう。

チクチクした痛みから、鈍痛へ・・・そして、全身の倦怠感まで。
1日半、水だけで過ごすことができました。

ようやく身体が動くようになりました。
そして、食が少し細くなったのは、返って良かったのかもしれません。

そういえば腸は、セカンドブレインとも呼ばれる大切な器官。
なまこの生態を思い出す。

この時期に、銀杏が色づくのは、
年末に向けて「胃腸を大切にしなさい」という神意かも知れない・・!?
・・・などと、勝手に思ったのでした。
[PR]
by ambitious-n700 | 2010-11-28 12:01 | ぼやき | Comments(0)

癒しか?ストレスか?

アクアリウムは癒しでしょうか?

ついに、多くの稚ザリガニ達が独り歩きを始めていまして、
水槽に散らばる稚ザリを気にしながらだと、水の交換も大変です。

日毎に水の交換をしていましたが、過度の手間となっており、
週一程度の頻度になるように、
意を決して初心者用アクアリウムセットを購入しました。

砂利と水槽を洗い、カルキ抜きを使って水を湛え、水草を投入し、
エアレーション濾過器を設置しました。
そこへ稚ザリガニ達をすくい上げ、入れ替えてあげました。

およそ3時間程度の作業だったでしょうか!?
しかしながら、休日は溜まった掃除・洗濯やら炊事で自由時間が限られているところ、
頑張ってアクアリウムを作り上げたものだから、私はヘトヘトになっていました。

まぁ・・・できる限りのことをしてあげようと思ってやったのだから、
それはそれでいいのですが・・・疲れ果てて、ようやくひと息ついていたところ、
のんびり帰って来た嫁が・・・その水槽を見て、
「癒しだよねぇ~」と・・・同意でも求めるような言葉を・・・発したさ・・・


そりゃ・・・見て楽しむだけなら癒しかも知れんがね、
こっちは世話がストレスになったから、
頑張ってアクアリウムの環境を整えたのだよ。

その作業に対して、ねぎらう気持ちは、きっと後回しなんでしょうな・・・我が嫁よ・・・

育児ストレスならぬ、飼育ストレスに悩まされている私ですが、
これからは、稚ザリガニ達に癒されている嫁さんにも、
キチンと世話をしてもらおうかと・・・思っております。












・・・・・・・・・・・・・思っても・・・伝わらないのが。。。。また、ストレス。 爆
[PR]
by ambitious-n700 | 2010-11-13 18:00 | ぼやき | Comments(0)

犯罪の温床

久しぶりにニュースに触発されました。

ちょっと前に、耳かき店店員殺人事件の裁判員裁判の判決が出ましたね。
朝食時、家族みんなでラジオを聞いていたら、そのニュースが流れてきました。

耳かきなんて10分もあれば終わるだろうが・・・、
我が子も、耳鼻科で簀巻きになって耳掃除をしていたもんだ・・・何してるんだか・・・
と話が及び・・・、
我が子が頭をかくと・・・頭かき店もあるのかな?などと冗談を飛ばしていました。


ま・・・萌え系癒し店舗ですから、
女の子と話をして寂しさを紛らすことがメイン商品で、
耳かきなどは名目に成り果てていたのでしょう。

昔から女性が接客をする水商売等はあって、
その媒介する商品が、お酒から耳かきに変わっただけの話のようですが、
内実、その質も変わってしまったゆえの悲劇のように思えてなりません。

「〇〇スナック殺人事件」なんて見出しは、過去にもありそうですし、
類似の事件は、以前にもあったんだと思います。
しかしながら、それが、今回はアルコールが介在せずに、
痴情(?)のトラブルのみで起きてしまった。
お酒のせいにもできないし、
お酒を出す店側のリスク管理が杜撰だったというわけにもいかない。

今回は極刑になってもおかしくない罪かもしれませんが、
だからといって、
萌え系癒し店舗の美人局的なビジネスモデルをヨシとしてはいけない気がします。

言葉をくずして言えば、
「お酒も呑めないようなオトコをたぶらかして、商売していたのだから、
 そこに落ち度はなかったのか?」
「被害者自らが殺意を抱かれるような環境を作っていなかったか?」って所です。

水商売ならば、言葉のやり取りやその場のノリも水に流せたものを、
正気の相手を客にしていたものだから、
言葉もやりとりも水に流せないまま、泥沼へ嵌まってしまったのではないでしょうか?

美人局的なビジネスは、
その在り方について、利用者もサービス提供者もそのリスクを知らなければならないし、
敵意を抱いてしまうような環境を作らないように心がけないと、やっぱり危険なんでしょうね。

犯罪は、加害者がいけないことは勿論なのですが、
今回の事件で、
加害者だけを厳罰に処したって、きっと犯罪は減らないよなぁ~・・・とも思いました。
[PR]
by ambitious-n700 | 2010-11-07 16:04 | 時事 | Comments(0)

稚ザリザリ

b0090284_15431212.jpg

b0090284_15425316.jpg

b0090284_15454079.jpg


稚ザリガニの世話で多忙です。
[PR]
by ambitious-n700 | 2010-11-05 15:44 | その他 | Comments(0)

ザリガニすくい


あれから・・・しばらく経ちました。

とうとう昨夜、親ザリガニから飛び出した稚ザリガニが1匹水槽に出現。

とりあえず、アイスのカップに砂利をひき、水を湛え、
翌朝、就寝している我が子に見せようと、隔離をしておきました。


そして、今朝方、我が子がその稚ザリガニを確認した後、
喜び勇んで親ザリガニの水槽を見てみると、
アチラコチラで稚ザリガニが飛び回っていたようでした。

共食いを防ぐためにも、ある程度の隔離は必要なんだけど、
全ての稚ザリガニを1匹づつ隔離するのは物理的に無理でしょうよ。

それでも、我が子はなるべく分けられる稚ザリガニの容器を探し出し、
親ザリガニの水槽から、「金魚すくい」よろしく「稚ザリすくい」をしていました。

まぁ・・・祝日の朝でよかったのですが・・・この数の稚ザリガニ・・・どうすっぺかな・・・!?
[PR]
by ambitious-n700 | 2010-11-03 11:56 | ぼやき | Comments(0)