人気ブログランキング |

晴れやかなる四十路へ!

<   2010年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ウォーキング・ウィズ・ダイナソー

夏休みの行楽、第2弾!
「ウォーキング ウィズ ダイナソー」という恐竜ショーを、
さいたまスーパーアリーナで観て来ました。

面白かったですね。
恐竜を少しでも興味のある人ならば、内容としては物足りないでしょうが、
そのライブ感を楽しむエンターティメントです。

立体映像では味わえない、今、そこで繰り広げられるパフォーマンス!
それは、3D・・・?・・・いや、4D・・・
場の空気を共有する一体感ともいうのでしょうかね。
その大きさと!動きと!迫力を!・・・肌で感じて楽しむショーでした。

ショー自体もなかなか楽しいものでしたが、
我が子の食いつきっぶりも、傍から見ると微笑ましくもあり、楽しいものでした。

フラッシュ、動画撮影禁止のなか、頑張って写真を撮りましたが、
光量不足と動きについていけず、ブレた写真が多くなりました。
それでも野鳥撮影よりは、
出てくる場所や演出がある程度わかるので、幾分かは楽でしたね。

b0090284_11502090.jpg

b0090284_11504848.jpg

b0090284_11513849.jpg

我が家はS席で、まぁ・・・そこそこの値段で、
ステージからもそこそこの距離で、鑑賞してきましたが、
コストパフォーマンスとしては、微妙かもしれません。

もっともアリーナツアーでその設営と人件費、運営費は相応にかかるのでしょうが、
こうして考えると、エンターティメント施設として、
ディズニーランドの効率の良さは、改めて感心させられます。

駆動する人形や装置で、ライブ感と言ったものを売り物にすることは、
均質なサービスを、より多くの人に提供するには、もってこいなんですね。

デメリットに、パッケージとしての変化に乏しくなり、リピート率がさがることもありますが・・・。


そして最後に、今はなきユネスコ村の大恐竜探検館の功績を称えたい。
TDLのウエスタンリバー鉄道、神流町の恐竜センター、
そして、恐竜博のロボットや今回のショーを観ても、
やっぱり、あれは良くできていたなぁ~・・・と、思います。

恐竜の股の間をくぐったり、触れることができたりと、
実物大の動く恐竜の先駆けだったのは、間違いない!・・・と、私は思います・・・。
by ambitious-n700 | 2010-08-08 11:51 | 旅・行楽 | Comments(0)