人気ブログランキング |

晴れやかなる四十路へ!

<   2010年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

奥多摩旅行記2

つづき。奥多摩2日目。

私はとりあえず早朝4時半に起床。
まだ眠いだろうけども、
一応、早朝の昆虫探索をするか?と我が子に声をかけると、
「じゃぁ~行くぅ~」と、折角のお泊りだから、朝っぱらから散策をしました。

雑木林をチェックをするものの、収穫はなし!
もうこの時は期待も低かったので、さほど悔しくもありませんでしたがね・・・。

河原へ出て、朝の空気に触れる。
川面から靄が立ち上がっており、なかなかの風情がございました。
b0090284_1350657.jpg

セグロセキレイが飛び回り、
我が子が言うには、
その他にキセキレイやチドリの仲間(イカルチドリ?)もいたそうな。
ツバメも飛んでいたのですが、いつも見るツバメではなく、おそらくイワツバメ。
コジュケイやらガビチョウの声も聞こえましたね。

河原でのんびりと野鳥観察のあと、部屋に戻って、再度、布団にもぐる。
朝食時間ギリギリに食事をして、チェックアウトも時間制限いっぱいの10時。

この日はプールに行こうと思っていて、公営プールかサマーランドか?
ちょっと値は張りますが、
昆虫採集のウップンを晴らすように、思い切ってサマーランドへ。

最新のウォータースライダーは身長制限で、我が子は乗れません。
他のウォータースライダーはできるようでしたが、
我が子はあまり興味がなく、短めのスライダーを1本滑ったきりでしたね。

ひたすらに、流れるプールと波のプール、
それにスーパーモンキーフロートを行ったり来たりと遊んでおりました。

水着に着替えて、プールに入ったのが11時過ぎ、
途中で軽食などを摂りましたが、
16時の回の波のプールを終えるまで、およそ5時間遊びっぱなし!
おかげさまで、今現在、私は日焼けと腕の筋肉痛です。

最後に温浴プールがあるということで入ってみたのですが、
「みだりに抱き合ったりしないでしないでください。
 他のお子さんの教育上・・・なんたらかんたら・・・」
な~んてカップル向けの注意書きもあったりしました。

実際、くんずほぐれつのカップルに目を疑うことも・・・!?


サマーランドを出たのが17時。
空腹に耐えかねて、あきる野イオンモールで食べ放題。
さらに買い物を済ませて、帰宅したのが20時半でした。

そして、遊び疲れた私たちを余所に、
不在中の絶食に耐えたザリガニ達は思った以上に元気でした。


これが夏休みの行楽、第一弾でしたが、ちょっと遊び疲れましたね。
by ambitious-n700 | 2010-07-27 13:52 | 旅・行楽 | Comments(0)

奥多摩旅行記1

夏休みになって我が子が昆虫採集がしたいとのことで、奥多摩への旅行を企画しました。
当初、私はカブトムシやらクワガタがいるらしいキャンプ場などを調べていたのですが、
嫁さんが奥多摩なら、福利厚生で安くなる宿があるというので今回はそちらの宿へ。

午前中は、自宅の掃除や夏休みの課題やらザリガニの世話。
心配していたザリガニについては、
しばらくの絶食には耐えられるとの情報を元に、水槽と砂利を洗って水換えを行ないました。
これが予想以上に時間がかかり、出発はお昼過ぎ。

ピークの時間帯を過ぎた13時半頃、うどん屋さんで昼食。
腹を満たしたあと、さらに車を走らせて、
檜原村の払沢の滝入口の駐車場についたのは、すでに16時近く。

遊歩道を歩き、途中で沢におりては、カエルやらアメンボやらと戯れ、
写真を撮ったりしながらも、払沢の滝の下まで。
b0090284_16153975.jpg

なかなか立派です。そして、滝の音としぶきで涼を感じてきました。

往復をして駐車場へ戻ってきたのが17時ちょっと前。
時間があれば行きたかった神戸岩や鋸山林道は諦めて宿へ向かいます。

17時半ごろ、宿にチェックイン。
夕食を18時半にしてもらい、その間、宿周辺の雑木林を物色。
杉の木もあったり、栗の木もあったり、クヌギの木もありましたが、
蜘蛛の巣が張ってあるようなウロで、いまひとつ良いウロが見当たりませんでした。

夕食後、20時ごろに昆虫探索へ。
下調べをした甲斐もあってか、迷うことなく雑木林を見てまわることができたのですが、
見つかるのは、小型のコガネムシやらケシキスイ・・・カマキリなどでした。
電灯の下で、オッと目を見張るものがあっても、
シロスジカミキリだったりと悔しい思いもしました。
この時は、残念なことにお目当てのカブトムシやクワガタはいませんでした。

しかしながら、予想だにしなかったこともありまして、
アオバズクの啼き声が「ホォー ホォー」と、夜空に響いておりました。
初めて生で聞くその声に、我が子は啼き真似をしては、
アオバズクもそれに応えてくれているようでした。

小1時間の探索の末、諦めて宿に戻って、汗を流しに大浴場へ。

すると・・・脱衣所の光に誘われて、ここのアミ戸にも虫が集まっていました。
期待せずに、念のため確認をしてみると、
あらまぁ・・・1匹のカブトムシが張り付いておりました・・・♀でしたけどね・・・

どうする?と我が子に問うと、やはり欲しいようです。

とはいっても、嵌め殺しのアミ戸でしたので、
外側へまわるのも半裸のままでは、どうしようもなく・・・、
浴衣にスリッパで、屋外に出るわけにもいかず・・・、
着替え直して、再度、脱衣所の裏側へ向かいました。

頑張って脱衣所の裏側まで行ってみると、
さらに、悔しいことにハシゴがなければ届かない高さにその窓はありました。

あぁ・・・もう望みは絶たれたか・・・

やむを得ず、肩を落として再び脱衣所に戻る道すがら、
戸締りをしていた宿の方に出会います。
今までの経緯を話すと、
有難いことにカブトムシ捕獲に協力をしてくれるということで、再び希望が・・・!

一緒に脱衣所へ行き、宿の方に、嵌め殺しのアミ戸を外してもらい、
ようやく1匹のカブトムシを捕獲することが出来ました。

ひと騒動の末、結局、就寝時間は22時ごろ。

つづく。
by ambitious-n700 | 2010-07-25 16:15 | 旅・行楽 | Comments(0)

ひと夏の過ち・・・

夏休みになりましたね。
しかし、今回は夏休みになる前のとある日のお話です。

その日の朝、「忘れ物はないか?」と我が子を注意していると、
ランドセルからビニール袋に入った手紙が出てきました。
教科書やノートにつぶされて・・・シワにもなっていたそれを、
私が見つけるや否や、我が子は素早く手にとって、すっと隠したのです。

・・・さぁ・・・何を隠した?
のび太くんよろしく、0点のテストでもあったのか?

問い詰めても、頑なに、そして、ひたすらに隠しておりました。

その時は、朝食間際だったこともあり、
そこまで隠すのならばと、仕方なく一旦は諦め、
我が子が学校へ行き、休日だった私は、
気になったその手紙をビニール袋の外から眺め・・・ジロジロと推察。

誰かの手紙らしい・・・休んだ生徒への連絡票?とテストの答案。
やむを得ず、中身を確認したら、やはり、同じクラスの子の名前がありました。
そして、日付を見ると一週間ほど前の手紙らしい。

休んだ生徒に対しては、
近所の生徒が連絡帳とともに手紙を届けることはあるのですが、
その子の名前は知っているものの、近所ではないし、
通常、届けることのない生徒の名前でしたので、
何かの手違いで入っているのかな?・・・とも思いました。

我が子の帰宅を待って、
事情を聞いてもなかなか話したがらず、いまひとつピン!ときません。

とは言え、返すべき場所に返していないのは、いけないことだから、
とりあえず、学校の先生のところへ返して来い!と言ったのです。

それでも、身体を動かそうとしない我が子に対し、
しかたなく一緒に連れて学校まで行きました。

校門のところまで来て、「ひとりで行って来い!」と我が子を促すが、
それでも、嫌がり、行こうとしません。

仕方ないから、職員室の前まで行き、再度、「行って来い!」と。

ようやくモジモジしながらも担任のところへ行き・・・事情を話すかと思えば・・・、
担任の先生と一緒に、職員室の戸口で待つ私のところまで戻ってきました。

先生から話を聞くと・・・どうやら、その手紙を渡すべき生徒は、
とある事情で学校を休むも・・・学童には登所をしていて、
学童へ行く我が子に、その手紙を届けて欲しいと頼んだとのこと。

しかし、その日の学童では七夕イベントもあったりと忙しく、
我が子は、その生徒に渡す暇がなかったと・・・。

後日、その手紙の存在に気づいても、
どうしたらいいのかわからず・・・持て余していた・・・と言うことでした。


まぁ・・・役目を果たせなかった自責の念が強すぎて、
どうしたらいいのか?わからなかったようですが、
失敗した時の対応の方が、失敗そのものより大切な時もありますから、
我が子にとって、良い経験になったのは間違いありません。
by ambitious-n700 | 2010-07-24 11:55 | 学校・学童 | Comments(0)

かしまし娘を超えたのか!?

最近「AKB48」と「TSM48」が気になっております。

とりわけ「TSM48」の方ですが・・・TSMって、豊島園?それとも年増?
「48」って、48歳?・・・まさかねぇ・・・
48歳だったら、称えるに値するプロポーションなんですが、
見れば見るほど幾つの人達かわからん・・・

未だAKBの方は、名前と顔が一致しませんが、
AKB48シアターは一度行ってみたいとも思ってみたり・・・気恥ずかしかったり。

そして、某コンビニでキャンペーン商品が出ていたので、
私の携帯の待ち受け画面は、今現在、AKB48だったりします。

そういえば、SKEだのNMBだの、さらには「SKL39」というのもあるそうな。
「女3人寄れば姦しい」と言いますが、私の理解を超えて甚だ姦しい・・・
なんとなく、めくらましを喰らったようで、
騙されてもいいかな?と思ってしまうところに、AKB商法の肝があるのかも知れんですな。
by ambitious-n700 | 2010-07-17 15:02 | その他 | Comments(0)

選挙雑感

参議院選挙が終わりましたね。
私は期日前投票を終えていましたが、嫁は我が子を連れて昨日、投票に行ったようでした。

我が子の社会勉強と言うか、刷り込み効果と言うか、
小さい頃から投票所の雰囲気を感じていれば、
多少なりとも、いずれ政治にも興味を持つかな?と思っておりまして、
行けるときは、我が子も一緒に行くように仕向けております。

そんな甲斐もあってか?
今回、我が子が「お父さんはどこへ投票したの?」と聞いてきました。

・・・さぁ・・・どう答えたら良いものか・・・出口調査でもあるまいし!

おべん党!   かりん党!   日本列党!

さまざまな政党名が出ましたが、最終的には、
こればっかりは「秘密にしていいんだぞ!」と我が子に教えました。

選挙公報は嫁とも共有して読むことがあっても、
夫婦とて、どこへ投票したか・・・もしくは投票するかなんて、聞きたくもない私です。

むしろ、他の人が、誰に投票するか、どこに投票するかなんて気にせず、
自分で考えて、自分の責任で投票するものなんだ!・・・と伝えたんだか、
どこまで理解したでしょうか?


いやいやホントに、簡単に投票先を言ってしまうとなると、
余計な波風を起こしかねない世の中ですから、秘密にしておくことも大切なんだと思います。


しかしながら、此度の選挙結果については少し安堵しております。

ここで、与党:民主党が大勝してしまえば、
3年間は数の論理で政治を押し切ってしまうこともできてしまいますからね。

自民党が議席数を増やしたようですが、みんなの党も躍進。
消費税10%を掲げた政党と、消費税論議を真向から反対した政党が議席を延ばしました。

「消費税を議論をしましょう!」という菅総理の発言はすごく正論に感じますが、
鳩山前総理の普天間移転に関する発言と同じで、
政治手法としては、タイミングが巧くないように感じました。

また、政権交代してからの強行採決の数々を見せ付けられては、
此度の参院選で、ねじれ国会を国民が望むのも無理のない話かもしれません。

党内からは、菅総理の責任問題の声もくすぶっているようですが、
今回の大敗は、党首自身の責任以上に、
民主党内の勢力抗争にも、不安があるからだと思うのですが、いかがでしょう?

責任問題云々は国民の不安を、さらに裏付ける格好にもなるんじゃなかろうか?


そして、開票速報を聞いている私に、嫁がひと言・・・

「これで、どうなるの?」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・が------ん!・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どうやら二院制も、任期も、改選とか非改選も、あまり理解してないようでした。


by ambitious-n700 | 2010-07-12 15:06 | 時事 | Comments(0)

雨だって太陽の恵みなのだよ。

昨夜、酒を呑み呑み天体の話をしていまして、疑問が沸々と湧いて来たので、
今、月 に代わってお仕置きよ!・・・について調べております。


ジャイアントインパクト(説)によって、月の誕生があり、
その構成は、地球のマントルと近く・・・重力はおよそ1/6。
そして、毎年、3.8cmほど地球から離れており・・・、大昔はもっと地球の近くあったらしい。
離れて行ってるのは遠心力ではなく、潮汐力からくる角速度の違いからで、
いつかはバランスがとれて安定することになる!?

自転周期と公転周期が(揺らぎがあれど)ほぼ同じ衛星は珍しくなく、
(詳細を書くと大変なことになっちゃうから書きませんが)
物理的な原理で、極めて自然に起きていることらしいね。

問題となったのは、その先の話。
生命の誕生には、水の存在は不可欠で・・・
地球は、奇跡の星と呼ばれるほどの絶妙な太陽との位置関係があるのですが、
地球の衛星、月での水の存在はどうなのでしょう?存在できないんですか?・・・と。

調べてみると、まだまだ未解明なところが多いらしいですね。

今まで、水が三態(気体・液体・固体)で存在し続けることが出来る天体は、
地球のほかに見つかってないようですが、太陽の位置関係だけで言えば、
条件的に近い月に水が存在したっておかしくない話ですよね。

おそらくは、温度差も大きく、気化すれば、
その重力の小ささゆえに存在できないのでしょうが、
そもそも希薄ながらも大気のある月ならば、
どこか地形的な補助的な要因があれば、存在してそうじゃありませんか?

また、彗星は氷や塵といわれ、大気の薄い月ならば、
流星群があったときは、月面にも衝突しているでしょうしね・・・。

2000年代に入ってから、流星群の月面衝突閃光の観測って良くされていて、
その付近なら、まぁ間違いなく?水があっても不思議じゃない?
それとも、衝突のエネルギーですべて蒸発しちまうか?

今夏のペルセウス座流星群では、
月面衝突閃光を気にしてみるのも面白いかも?と思ったのでした。
なんかロマンを感じずにはいられません。

しかしながら、生命の誕生には水が液体で存在し続けることが必要で・・・?
海として湛えることができる質量をもったこの地球って天体は、
知れば知るほど、つくづく奇跡の星なんですな。
by ambitious-n700 | 2010-07-11 14:38 | その他 | Comments(0)

ゲリラ豪雨ですじゃ!

昨日、ゲリラ豪雨の被害に遭いました。

帰路に冠水してしまった道路がありまして、
迂回路はないものか?と思った矢先、
暗い夜道で舗装されてない地面を踏んでしまい・・・ドップリと・・・
ふくらはぎの辺りまで足をぬかるみに沈めてしまいました。
革靴に・・・スラックスまで・・・ドップリとね。

その後は諦めて・・・冠水道路をジャポジャポ歩いて帰りました。

自宅に帰って、玄関でスラックスを脱ぎ、足を拭き拭き風呂場まで。
洗面器片手に、靴下と革靴を風呂場で洗いました。

革靴を水洗いするのは初めてでした。

こんな日もあるさ!とは思うものの、年毎に増えるゲリラ豪雨。
こんな日が増えるのかと思うと、ちょっとウツですな。

早いとこ迂回路を調べておかねばなりません。
by ambitious-n700 | 2010-07-06 12:11 | ぼやき | Comments(0)

ひと皮、剥けたZeee!

あら、もう・・・7月!今年も半年が過ぎましたね。
そんなに忙しくないはずなのに、何かとやることがある日々が続いております。

そして、ザリガニの世話も、ほぼ毎日・・・やっておりますが、
昨夜ふと見ると・・・あら!びっくり!ひと皮剥けておりました。
b0090284_15551144.jpg

無事に脱皮したようですが、身体がまだ硬くなっていないようで、ヘナヘナしていました。
by ambitious-n700 | 2010-07-03 15:56 | その他 | Comments(0)