晴れやかなる四十路へ!

<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ザリガニにも、五分の魂!?

我が子と一緒に「ザリガニ釣り」をする機会がありまして・・・
さきイカとタコ糸で、数匹のアメリカザリガニを釣って来ました。
b0090284_14173610.jpg

公園での外来種の駆除目的でしたので、その中の2組の♂♀を頂いてきた訳ですが、
早くも知識不足から、♂1匹が天に旅立ちました。

共食いをするということで、♂♀各1匹をバケツに、
もう1組をペットボトルの簡易水槽に移しました。
しかしながら、血中酸素ならぬ水中の酸素が足らず、
ペットボトルの方の♂が一晩で息絶えてしまいました。
そして、その亡骸を足場にして、
水面で呼吸することが出来た♀は、逞しくも濁った水の中を生き永らえていました。

アメリカザリガニって、基本エラ呼吸なんだそうですが、陸上でも呼吸ができるそうな。
水槽飼育で、充分なエアレーションが行えない場合は、
水位を浅くして、水面で呼吸が出来るようにして飼育するそうな。

そんなことを調べているうちに、惜しいことをしたのですが、
現在、我が家では♂1匹、♀2匹を飼育しています。


いやぁ~・・・しかしながら・・・てぇーへんです。
オタマジャクシをカエルにかえした時もてぇーへんでしたが、
水棲動物は水の管理がてぇーへんです。

水質が多少悪くなろうとも、耐性はあるらしいんですが、
水位を低くして飼育すれば、すぐに汚れるし、毎日、水を換えなくては臭いもキツイ!
餌やりは、朝晩2回程度で構わないんですが、
共働き家庭の朝晩はそれなりに多忙でしてね・・・我が子にやらせたいところを、
結局は、時間に追われ・・・放置されているザリガニたちを、
・・・死なせるのは忍びなく思う・・・私がする羽目になっておるようです。

どうしたもんでしょう!?

そして、夏休みが近づいてきていますが、
寿命2~3年と言われるこのザリガニを、このまま我が家で飼育するとして、
夏の旅行中は、どうしたらいいのか?・・・悩みのタネが、またひとつ増えたのでした。
[PR]
by ambitious-n700 | 2010-06-25 14:19 | その他 | Comments(0)

梅雨のぼやき・・・でございます。

気がつけば、水無月。気がつけば、梅雨入り。
どうしてシトシトと雨降るこの季節が、水が無い月なんでしょうか?

ま・・・それは、いいとして・・・久しぶりのブログの書き込み、私の近況です。

何があったわけでもないのですが、ここしばらく忙しい日々でした。
仕事関係もそこそこ・・・ちっさいトラブルがちょこちょこあったし、
生活面では、除湿材の一斉交換に踏み切ったわけですが、
膨大な量の使用済み除湿材に泣かされもしました。

私の腹回りもひと回り増え、我が子にダイエットすれば?とまで言われてしまい、
重い身体を引きずって、
休日には久々に1キロ泳ぎました・・・まだ、体力が持ったのは嬉しい誤算!?

気を良くして翌週は他の温水プールへ向かったら、
夏前の設備点検工事中で・・・がっくり・・・肩透かしを喰らったり・・・もしました。


この間のニュースでは、菅内閣に変わったり、ワールドカップで日本が勝ったりしましたが、
なにより小惑星探査機「はやぶさ」のニュースには、こころ躍りましたね。

数あるトラブルを乗り越えて、使命を果たし・・・そして・・・燃え尽きる・・・

もうなんでしょう?
その軌跡は、理想のオトコの生き様ですか!?格好良過ぎです。

また、「はやぶさ」って名前が、イイね!
太陽光パネルが、本当に翼のように見えてくるもんだから、不思議です。
自然界の猛禽さんたちは、カラスに苛められ、羽を傷めていることも少なくないですが、
この「はやぶさ」も満身創痍、残ったイオンエンジンで帰還する姿なんかは、
心に訴えかけるものが確かにありました。

ようやくカプセルが日本に戻ってきましたが、何が紐解かれるか非常に楽しみです。


そんなこんなで、若い頃のように遊びまくってはいませんが、
ボチボチと生活をして、ボチボチと人生の年月を重ねている訳ですな。
[PR]
by ambitious-n700 | 2010-06-18 15:47 | ぼやき | Comments(0)