晴れやかなる四十路へ!

<   2009年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

年末メタボン週間

先週一週間は贅沢させていただきました。

都内ホテルでのクリスマスお食事会。
きりたんぽ鍋。比内地鶏です。
b0090284_10394448.jpg

そこのホテルのツリー・・・サンタクロースの姿もありましたね。
b0090284_10401276.jpg

上記の食事会で充分なはずなのに、
イブはイブで予約していたクリスマスケーキを食す。
千川のエコールクリオロの4号ケーキ。
b0090284_10404735.jpg

核家族3人で食べ切れるサイズで、
色々な食感も楽しめ、美味。リピーターが多いのも納得です。

以上のように年明けに向けて、我が腹回りはしっかり成長中です。
それではみなさま、食べ過ぎには気をつけて、良いお年をお迎えください!
[PR]
by ambitious-n700 | 2009-12-28 10:41 | その他 | Comments(0)

歯なんて、ハッハッハッ!と、歯っ飛ばせ!?

我が子の検査結果が出たので矯正歯科に行ってきました。

過剰歯だってことは言われていたので、どんなものかと色々と話を聞いたのですが、
要は早めに抜いた方が良いとのことで、大きな病院を紹介してもらいました。

さっそく抜歯の予約を取ろうとしたのですが、
術後の腫れ等を考え、
冬休みのスケジュールの間隙をついて希望を出すも、予約はいっぱい!
それでもなんとか冬休み中に取れただけ有難いのですが、
旅行のキャンセルをしなければならないし・・・しかも、その日は我が子のバースデー。

そりゃもう!割り切らねばならないのだが、残念至極・・・意気消沈・・・

旅行計画を練るに練って、楽しみにしていただけに、ガックリ。
バースデーだからね・・・祝いもかねて、旅程を組んでいただけに、ガックリ。

まぁ・・・そんな時もあるさ!と自身に言い聞かせても、
抜歯自体の心配も重なるので、なかなか気持ちの整理がつきません。

我が子自身も、事の次第を受け入れるのにストレスを感じているようで、
気分が重そうで、身体も重い・・・。

そして、家事も、生活のリズムも、遅れ遅れ・・・
ネガティブオーラが、我が家を包んでいるようです・・・ あぁ・・・



ひと息入れて、なんとかムードを変えなくては!と思います。
親のストレスも子に伝染しますからね。

幸いにも、クリスマスの食事と、
年末のスキーには行けるので、ヨシとしなくてはっ!!・・・・・・ですな。
[PR]
by ambitious-n700 | 2009-12-19 11:28 | 家事育児 | Comments(0)

酔えば酔うほど・・・強くはならず・・・しつこくなるのだよっ!

先般ブログでもチラリと書きましたが、とある有名な小説に挑んでおります。
しかしながら、なげぇ~です!!
読書家じゃない私には、しんどい作業でございます。
まだ三巻あるうちの一巻の半分って所なんですが、
形而上文学の最高傑作だとか・・・私には、さっぱりでございます。

その小説というのは、「死霊」埴谷雄高著です。

だらだら長いんじゃないかぃ?論理自体はもっと簡潔なものではないかぃ?
情景描写やら、人物描写やら、まぁ・・・楽しむのが小説なんだろうけど、
いまひとつ楽しめないんだなぁ~・・・自分の「我」や「持論」が出てきてしまって、
登場人物に魅力を感じられなくなってしまっている自分が居るんですよね。

思春期にありがちな死生観といいますか、自我の迷いといいますか、
色々と理屈を捏ね回すんですが、
言葉を重ねれば重ねるほど・・・しつこさというか、
ある種、酔っ払った自分と似たいやらしい共通点を感じなくもない。


愛やら何やら形而上的なものは、例えれば「泡」!バブル!

そこにあったはずなのに、掴まえようとすればするほど、潰れて消えてしまう。
言葉にすればするほど、差異が生まれ、逃げていく。
もっとやわらく感覚的に受け止めなきゃいけないという私なりの経験則が、
その冗舌さや、言葉の多さに対して抵抗があるようです。


「自同律の不快」というキーワードが出てきますが、
いわゆる「自分がどうして自分なんだろう」と、哲学にありがちなテーマなんて、
不快に思うから苛立ち、答えを探そうと、
数々の賢人たちも答えの出せなかった迷いの森へと入っていくんでしょう!?

そもそも論として、「自同律」は不快とは限らんだろうにねぇ~。
私に言わせりゃ、「快感」を見出して相殺すればいいじゃん!となります。

まぁね・・・事の大小はあれコンプレックスのない人も皆無だろうし、
隣の芝は青く見えるってもんで、不快に思うことは、ある種普遍的かも知れん。
己の幸せ(快)に気づかないことも、よくある話ですからね。

「自同律」については、
埴谷先生も「精神のリレー」という言葉を残しておられるように、
哲学として人類が抱えていく問いかもしれませんが、
「快感」を見出してしまえば、
ことさら「不快」に思うようなもんでもない気がします・・・違うかな・・・!?

答えの出せない迷いの森は、遭難する場ではなく、
ジプシーの如く生活の場にすれば良いのだよ!わっはっはっ!・・・ってな。


しかしながら、万事が万事、小説に出てくる言の葉に対して、
いちいち持論がもたげ読むもんだから、いやぁ~なかなか進みません。
読了はかなり先だな・・・断念してしまうのだろうか・・・?
この本に気長に対峙したい気は、まだ・・・まだ・・・あります。
[PR]
by ambitious-n700 | 2009-12-13 12:20 | その他 | Comments(0)

師走だっ!師走だっ!

とうとう師走ですね。
なぜか今年はいつもより忙しい気がするのは、
気のせいでしょうか?歳のせいでしょうか?
・・・なんだか、身体が重いのは少し肥えた腹回りのせいかも知れません。

近況報告&記録。

年末旅行の切符が満席で取れませんでした。おぉ~なんてこったぃ!
おかげで一本早い電車で行かねばならなくなる。


我が子の音楽発表会と個人面談がありました。
音楽発表会は、インフルエンザの欠席やら学級閉鎖で充分な練習量が取れなかったらしい。
それでも、大変な思いをして成し遂げたことに意味があるのかもしれないですね。

また昨年も思いましたが、
小学生の音楽は、楽器演奏よりも合唱の方がやっぱり魅力的です。
ボーイソプラノ。時に揃っていなくたって、その無邪気な声質は至宝ですよ。
むしろ、その声を失くしたために、大人は楽器を演奏しているんじゃないかと思うぐらい。

個人面談。
今年の担任の先生は私と同年代でしたが、
会話会話に賢さと勘の良さがヒシヒシ伝わってくる先生でした。
子供の良い面と悪い面の気持ちがわかっているのでしょうね、任せて安心です。

そして我が子には、個性や我がちょろちょろと芽生えてきた感じを受けました。
学校では特段の問題行動があるわけでもないですが、
周囲の友達と自分は、何が違うのかに気が付いてきているようです。
不得手も当然にあるのですが、我が子に自覚があるのは良いことでした。


そして、昨夜は仲間内での忘年会。麻布十番へ。
諌められつつ酔いに任せて、失言!放言!舌好調!?・・・失礼しました。m(_ _)m
呑み過ぎたようで、声がしゃがれておりますが、
毎年のように参加させていただき、ありがとうございます。
[PR]
by ambitious-n700 | 2009-12-06 11:42 | その他 | Comments(0)