人気ブログランキング |

晴れやかなる四十路へ!

<   2009年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

蛹化不全を乗り越えて

オオクワガタが1匹成虫になりました。♀ですが、無事に羽化してくれて良かったです。
b0090284_1412296.jpg

しかしながら、もう一匹の幼虫は、蛹化したのですが、そのまま★になってしまいました。
羽化するかな?と、しばらく気にしながらも、
菌糸ビンをホッタラカシにしていたのですが、出てきたものは冬虫夏草的な物体でした。

同じように育てても、一方は羽化できず、一方は成虫になるのですから、
世の中、何が正解かなんてわからんちんです。
by ambitious-n700 | 2009-10-27 14:01 | その他 | Comments(0)

あちらの諺、備忘録

If you want to go fast, go alone.
If you want to go far, go together

備忘録・・・アフリカの諺だそうな。

早く行きたいなら、ひとりで行きな。
遠くへ行きたいなら、(誰かと?)いっしょに行きな。

ってことでしょうかね。
即断即決を要するような仕事は単身の方がよく、
大きな仕事をするなら、その長き道にはトラブルもあろうし、
フォローをしてくれる仲間が居た方がいいって事なんでしょうね。

当たり前のようだけど逆説的に考えると、
チームを組むってことは、それなりに意見の相違もあって然り、
そして、スピードは鈍くなるって事なんだよね。
by ambitious-n700 | 2009-10-24 15:25 | その他 | Comments(0)

健康第一!やっぱり家内安全が一番だがね。

今週は、何とか時間をやりくりして、
我が子のインフルエンザ予防接種(従来型)と、矯正歯科へ行ってきました。


我が子の学校も学級閉鎖、学校閉鎖をしたので、
インフルエンザはかなり流行っているようです。
予防接種は、毎年のことなのですが、
いざ、行こうと思ったら、我が子の体温が37度のちょい高め。
やむを得ず、日を改めて小児科へいったら激混み!そして、ゲンナリ。

まぁ・・・それは、みな一緒だし仕方がないのですが、
追い討ちをかけるように、
一ヶ月前からしていた矯正歯科への予約時間に、義父の病院からの呼び出し。
我が子に付き添う予定だった嫁さんは義父の病院へ、
かわりに矯正歯科へは、私が我が子を連れて行ってきました。

そして、矯正医の見立ては「過剰歯」。
詳しい検査をして治療方針を決めるが、いずれは大きい病院で抜歯が良いとのこと。
まぁいわゆる麻酔に手術ですな。

矯正歯科におよそ100万位はかかるだろうと噂には聞いていて、
覚悟もしていたのに・・・さらに、抜歯ですか・・・。
費用云々よりも、これからの時間のやりくりと我が子の負担の方が気がかりです。


そして、義父の病状もさらに詳しい検査待ちなのですが、
診療科がひとつ増えて、通院回数も増えるのは間違いなくなりました。


いつだって予想と覚悟の上を行くのが、現実なのでしょうかねぇ~。

う~ん・・・しんどいなぁ~、試練だねぇ~・・・

悩みのタネは尽くことがないのですね。
by ambitious-n700 | 2009-10-18 10:58 | 家事育児 | Comments(0)

悶々♪ モラトリアム!

モラトリアム法案が物議をかもしていますが、
私の身の回りでもチラホラ聞こえてくるローン返済の苦しみ。

車を買うにも住宅を買うにもローンを組むのは珍しくありませんが、
やっぱり先延ばしのリスクを充分に認識しているかが、問題なのですよね。

基本的にお金がないからローンを組むんですが、
ローンを組むってことは、
いわゆる利息分のローンシステム(金融商品)を購入するわけです。
つまり、本来の購入資産(車や家など)の他に購買対象が増えるんですよね?

金に困ってるにもかかわらず、余計に支払い義務を負うってところが、
矛盾しているようで、どうにもこうにも私の心を足止めします。

さらに固定金利ならばまだ良いのですが、変動金利ってなんですか!?
契約した時には、その利息分の支払金額が決まってないってことですよね?
もう相手の思う壺じゃないですか・・・なーんて、思ってしまいます。

支払がきつくなったら、購入資産を処分すれば良いって発想もありますが、
償却やら相場で目減りした資産を手放して帳消しになればまだ良いです。
ローン残高だけが残るなんてこともありますからね。

そんな話を聞くたびに、臆病な私は大きなローンを組めません。
貯蓄性の保険ですら躊躇してしまいます。


本来、「モラトリアム」って、猶予・・・引き延ばし?
「心理的モラトリアム」「モラトリアム人間」って言葉もあるように、
モラトリアムって、期限や節目に脱却して初めて価値が出てくるんでしょうね。

無限の可能性から、夢をフォーカスする大切な時期。
柔軟性をもって、方向性を確かにする時期、・・・なんでしょうな。

私自身は今のところ、
モラトリアム法案が必要な状態でもない恵まれた環境ですが、
それがかえって、モラトリアムな暮らしのような気がしないでもない。
このままフェードアウトしないように、
いつか脱却する気持ちと覚悟は持ち続けたいものですねぇ~。
by ambitious-n700 | 2009-10-12 14:37 | ぼやき | Comments(0)

リアジューねぇ~

以前、他の人にリアジューって言われたから、先のブログで使ってみました。
しかしながら、最初に言われた時は耳を疑い、さっぱりと意味がわかりませんでした。

リア・・・獣?
リア王のけものバージョンかね?
それとも、キンカジューの仲間かなんかかぃ?・・・と、思ったもんでした。

オジサンには流行り言葉はムズカシイ。

まぁ・・・なんのことはない、リアルが充実ってことらしいですが、
忙しいって事は充実してるってことなのか知らん?

充実なのか?何を持って充実なのか、所詮はわからんちんです。

無駄に忙しい・・・惰眠を貪る・・・
どちらも貴重な時間の過ごし方のようにも感じませんか?

若き日の悶々とした怠惰な時間が、明日を作るパワーとなるのだ!




・・・そう信じて疑わず、遊んでいた頃が懐かしくもあったり・・・なかったりして・・・
by ambitious-n700 | 2009-10-11 16:47 | ぼやき | Comments(0)

秋ヶ瀬~彩湖、探鳥サイクリング他・・・の記録

先日、我が子と私の休日が重なり、ふたりで秋ヶ瀬へ行って来ました。

車を借りて、朝方7時前に出発。途中のパン屋で朝食を購入。
秋ヶ瀬野鳥の森駐車場に8時すぎには着いていたでしょうか・・・。

すでに数台の車が停まっており、
あたりはハシボソガラスがわっさわっさと飛び交っておりました。

これは外でのんびりパンをかじるわけにもいかないと、
車中にて簡単な朝食を摂りお腹を満たす。
8時半頃には双眼鏡とカメラを片手に公園を軽く散策。

まず初めに駐車場近くに小鳥の群れを発見。
何か判別できない私たちに、
他のバーダーの方もいらっしゃっていて、カワラヒワだと教えてもらいました。

そして、モズは高鳴き、セキレイは原っぱをテケテケ歩いては飛んでいましたね。
ハクセキレイも、セグロセキレイもいたようです。
b0090284_15353394.jpg

b0090284_15373121.jpg

b0090284_153626100.jpg

9時を過ぎたところで、一旦車に戻り、レッズランドへ。
レッズランドのクラブハウスでマウンテンバイクをレンタル。
途中の田んぼで白鷺(おそらくダイサギ)を確認して、再び秋ヶ瀬公園へ。
b0090284_15375264.jpg

サイクリングを楽しみながら、野鳥を探すも前述の鳥たちと、
いつもの鳥たち(ヒヨ、チュン、カラス、シジュウカラ、オナガ)がほとんど。

事前の情報では、アオゲラ、アカゲラもいるらしいのですが、
声は聞こえども、姿までは確認できませんでした。

桜草公園~さくらそう水門を通り、彩湖へ。

彩湖にくると、カイツブリ、カルガモ、カワウ、
コサギ、ダイサギ、アオサギ、ウミネコを見ることができました。
b0090284_15381375.jpg

彩湖の橋を渡り、自然学習センターへ。

5階建ての建物で、彩湖の生態展示を行っています。
映像での紹介もあったり、調べものに適した書籍もありました。
また、屋上に出れば展望台になっており彩湖を見渡すことができます。

小一時間は自然学習センターで見学をし、
正午も過ぎていたので頑張ってレッズランドに戻る。

午後一時過ぎにマウンテンバイクを返却し、秋ヶ瀬公園を後にしました。

遅い昼食は、幹線道路沿いのファミレスでとり、
2時半頃には温浴施設とプールがあるわくわくどーむへ。
ここで1時間ほどプールで遊び、お風呂に入る。

嫁さんの仕事上がりを見計らってお迎えに行き夕食はみんなでお蕎麦屋さん。
帰宅は7時頃で、この日は結局3食外食でしたが、
なかなか充実のレジャーを楽しんだ一日でした・・・ウム・・・リア充だっ!
by ambitious-n700 | 2009-10-04 15:29 | 旅・行楽 | Comments(0)

いい歳なら、いい社会人にもならンとかねぇ~

昨日、車であまり行かない街中を運転していたら、
なにやら見覚えのある名前と顔が・・・目に飛び込んできました。

中学高校時代の同級生に違いない。
一緒に三年間の倶楽部にもいそしみ・・・遊んだ・・・彼だっ!

倶楽部もクラスも違ってからは、あいさつ程度になり、
大学は違うところへ進学してさらに疎遠になり、連絡もしていないのだが、
彼の在住地の近くだったので、まぁ・・・間違いないと・・・

いやぁ~・・・いわゆる議員さんになっておられました。
連絡所の看板にバッチリ名前と顔写真が載っているのですから。
いやはや突然のことでしたし、ビックリしましたね。

確認も兼ね調べてみると、どうやら市会議員の一期目らしい。
バイタリティーに溢れてはいましたが、
学生時代の彼は議員になるタイプにはあまり思えなくて、
二十年もの歳月があれば、人は変われるものだな・・・と。

そして、もういい歳のいい社会人なのだから、
私自身も一線で社会を担うべき立場にならないといけないのかも・・・などと、
旧友の活躍ぶりを目の当たりにして、少しプレッシャーを感じました。

議員先生ね・・・職も安定しているとはいい難いし、大変なお仕事ですよね。
あの彼が・・・よく決心したものだと感心したのでした。
by ambitious-n700 | 2009-10-02 13:36 | その他 | Comments(0)