人気ブログランキング |

晴れやかなる四十路へ!

<   2009年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

てん♪ らん♪ ざん♪

シルバーウィークが終わりましたね。
我が家もなんとか1日は休みを戴き、お出かけをしてきました。
今回も、基本は野鳥観察。
この時期にしか見ることのできないタカ(サシバ)の渡りを見てきました。

前夜、仕事上がりから飯能へ行き、
嫁さんと我が子が早々にチェックインしている宿へ駆け込む。
次の日の朝6時前には食事もとらず、天覧山へ向かいました。
b0090284_12415676.jpg

天覧山は195mの低い山で、
朝はジョギングやら体操やらトレーニングをしている方々が多かったですね。

その日の天候はくもり。
まだ日差しが弱い薄暗い山道を進みながら、
オナガ、シジュウカラ、ヤマガラ、メジロ、ガビチョウなどを確認し、
木々を飛び跳ねる(ニホン)リスにも出会うことができました。

山頂に着くと展望台で、おにぎりやら菓子パンの軽い朝食。
空気は澄んでおり、眺めもいいし、なかなか気分がよかったです。

8時頃になると他のバーダーの方たちも増えてきまして、
諸先輩たちに観察のコツなどを教えてもらいました。
我が家はファミリーで子供も居たこともあってか、
色々と声をかけていただき、とてもありがたかったですね。

くもりで風も穏やかな日は上昇気流も起き難く、
タカにとっても飛びづらいそうですが、のんびりと待ち構えて、10時過ぎ。
頭上にサシバを2羽・・・めでたく見ることができました。
b0090284_12422212.jpg

天覧山に3時間以上居たことになるでしょうか?
まだまだ、飛ぶ可能性はあったのですが、
ひとまず満足したので下山。そして、11時にはレストランで昼食。

次の予定は私の強い希望で、バスに乗って巾着田へ。

曼珠沙華の群生地、観光化してますが、見ごたえはありました。
コスモス畑も咲き始めており、
写真を撮るにはとても良いロケーションでした。(ただ人は多いですが・・・)
b0090284_12431682.jpg

さらに宮沢湖~飯能へと散策をしても良かったのですが、
翌日の仕事と学校に備えて、無理をせず早々に帰宅しました。

仕事柄、シルバーウィークとはいえ連休が取れませんでしたが、
サシバと曼珠沙華が見れて、とても良き一日を過ごすことができたのでした。
by ambitious-n700 | 2009-09-27 12:43 | 旅・行楽 | Comments(0)

いーねェー・・・ブラッ!❤

昨日のブログタイトルに
駄じゃれと韻をふみたくて「イネイブラー」って言葉を使いましたが、
イネイブラーがイネェってことは、
語源までさかのぼると、ちょっとおかしいな・・・と、疑義が生じました。

「enable -r」→ 許容する、もの。

転じて、可能にするもの・・・ってことらしい。
しかしながら、今の社会じゃ他者への依存なくては生活できないジャン!・・・と。

野菜を食べるにしたって、農家に依存し、
我が家の経済は、勤める会社に依存し、
子の生活は、親に依存していますよね。
そして、私の生きがいは、子どもや遊興、アルコールに依存しています。

依存を可能にしている人たちは、私の周りには大勢居ます。
というか、助け合って人間社会ができているンだ・・・と・・・

依存症のイネイブラーって非難されがちですが、何が違うんでしょうか?

依存症の時に使われる狭義のイネイブラーって、
依存患者の自立と責任を時に奪い、
依存状態を許容する(かえって手助けしてしまう?)人たちのことらしいです。
その依存できる環境を維持したり、支えてしまうんですね。


考えますと、まず第一に、
根本的に依存症の場合は依存対象が問題であること。

共依存の関係では、「イネイブラー」≒「依存対象」ではありますが、
ドラッグ、アルコールでは、「イネイブラー」≠「依存対象」ですしね。

ごく一般的な生活を支えてくれる人たちは、
語源からするとイネイブラーかも知れないけど、そりゃ立派な社会人です!


そして、第二に依存症患者にとって、イネイブラーが、
かけがえのない特別な存在になってしまっていないか?

なんだか、ややこしいですが、依存対象にも依存するが、
その人に対しても依存してしまうような存在でしょうか?

日常生活でも他者への依存はしているのですけども、
特定した人に何かを依存してしまうのは、危険なんだと思います。

恋愛でも、君じゃなきゃダメなんだ!君しか居ないんだ!的なことを言われると、
コワイし、オモクないですか?

子の生活は親に依存してますが、親がいなければ親代わりでも良いかな?
失恋したなら、他の人をあたります・・・ぐらいな、
ドライでソフトな依存が人間関係には丁度いいように感じました。


今回「イネイブラー」をキーワードに、色々と考えましたが、
人は何かに依存せずには生きてはいけませんし、
それを支える広義のイネイブラーはとっても大切。
でも、特定のかけがえのないイネイブラーを持つようなウェットな人間関係って、
生きていくうえでは、必ずしも良いとは言えないなぁ~って思ったのでした。
by ambitious-n700 | 2009-09-22 12:32 | その他 | Comments(0)

イネイブラーが欲しくても、イネェッ!?

先日、録画していた「さよならが言えなくて」TVドラマを見ました。
夜回り先生こと水谷先生の本のドラマ化。
フィクションですが、ドラッグとそれに関わる問題をテーマにしたものでした。

実は、水谷先生の本を2~3冊か読んだことがあるのですが、
基本的には同じことを言い続けている・・・としか受取れなくて、
それからは、あまり読んでいません。

それよりも、
期せずしてストレスフルな環境におかれてしまった思春期の青少年たちと
水谷先生が向き合い続けていることが、すごいと思います。

メディアで取り上げられれば、非難も含め賛否両論あるのに、
身体を張って、よく闘い続けているなぁ~・・・と。


ドラマ自体は、あまり目新しいことが描かれてなかったんですが、
抗い続けるのが人生かな・・・しんどいな・・・しかし、其処に価値があるんかな?
などと思いながら、酒盃片手にアルコール依存して最後まで見入りました。

「イネイブラー」・・・か、人との距離って難しい・・・

過干渉も、不干渉も、いき過ぎはダメなんだよね・・・程々に・・・程々に・・・ですな。
by ambitious-n700 | 2009-09-21 15:20 | 漫画・TV・映画等 | Comments(0)

損切りしちまうかぁっ!?

なんてこったぃ・・・携帯の請求額があがってるじゃないか!

確かに目新しいサービスをチョロっと利用はしたのだが、
第2世代携帯の終了とともに買い替えで、こんなにも差があるとは思いもしなんだ。
今の携帯電話は、電話ではなくパケット受信料で儲けているんですね。

買い替えには、それなりに注意をしていろいろと説明を求めたのだが、
こんなサービス移行を薦める某社の体質には疑問を持ちます。

目先の値下げを誇大に広告して、他に名目を増やして請求する営業形態は、
不誠実な会社によくあることと・・・認識していたのにな・・・。

あぁ~ぁ、してやられた!  なんてこったぃ。

ある程度、評判の悪さを聞いていたのですが・・・ここまでとは、嘆かわしくも悲しい・・・
いずれ他社への乗り換えをしなくていけないのかもしれませんね。
by ambitious-n700 | 2009-09-21 13:55 | その他 | Comments(0)

ホールケーキの甘いワナ

嫁さんの誕生日がありました。
今年のバースデープレゼントは、「デカダンス・ドゥ・ショコラ」です。
エチカ池袋に出店してたので購入しやすかったわけですね。
マカロンとチョコレートインデックスと言うものを差し上げました。

バースデーケーキはデパ地下の他店のものでしたが、
残念な味でして・・・ひとくち目は、甘さもほどほどで美味しく感じられたのですが、
食べ進めるに従って・・・脂がわりぃ~のか?ベタついた感じ?
バタークリームじゃないですが・・・胸ヤケが・・・!?

5号のケーキを家族三人で食べたのですが、誕生日当夜に半分、
そして、翌朝に半分を頑張って食べました。

誕生日にケーキという固定観念はコレ如何に?
ホールケーキを買って・・・食べきれず、
ウンザリしながら頑張って食べるという失敗を何度しているだろう?

おかげで、プレゼントのチョコはいまだ未開封。
味の感想も聞いておりません。まぁ・・・そんなもんです・・・な。
by ambitious-n700 | 2009-09-11 17:35 | 食生活 | Comments(0)

変態が待ち遠しい

今日はイモムシ2種のご紹介です。

ひとつは駅までの道すがらに撮ったキアゲハの幼虫。
b0090284_14225383.jpg

我が子が学童の行き来に見つけた場所です。
うじゃうじゃ・・・とおりました。何匹が羽化するんでしょうかね?

そしてもうひとつ。
かれこれ3ヶ月ほど前に頂いたオオクワガタの幼虫。
b0090284_14231344.jpg

菌糸ビンに入れて・・・ひと夏を過ぎ・・・羽化した様子もなく、
★になったかどうなのか・・・心配になりまして、掘り返しました。

もらった2匹の幼虫とも元気に大きくなっていました。
もう蛹になってもおかしくないほどの大きさのはずなのに・・・
この調子だと羽化するのは、冬なのか?

菌糸ビンの中を良く食べ進めており、
蛹室がうまくできないかもしれないので、
新しい菌糸ビンを買って、入れ替えてみました。


夏に実家近くで捕獲したカブトムシはもう逝ってしまいました。
3週間ほどの短い期間でした・・・悲しいです。
エサを大きいカップにしたのがいけなかったのか?
♂♀一緒に飼育したのが命を縮めたか・・・?
ここ数年の慣れから、
世話が少し怠慢になっていたのかも知れない・・・とも思う。
by ambitious-n700 | 2009-09-06 14:11 | その他 | Comments(0)