人気ブログランキング |

晴れやかなる四十路へ!

<   2009年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

イノチヲ・・・

話をぶり返すようになるんですが、
昨夜、臓器移植法改正案を取り扱っていたTVを見ておりました。
その中で、
「(立法府の不作為の為に、移植で救える患者を)殺すのか!?」
と声高に訴えていた方がおり、ようやく胸のつかえがとれました。


人の命(≒臓器)のうえに成り立つ移植医療。
まぁ今回の場合は、特に年齢の撤廃による幼児の心臓移植が、
極端な例となり、問題になっていると思うのですが、
幼児の脳死をその親の判断に委ね、臓器提供ができるようにする。

ここ久しく価値観の多様化が叫ばれる中で、
善意による臓器提供をしたくてもできない親がいるのだから、
選択肢を広げ、可能にしようじゃないかっ!
価値観の多様化を認めようじゃないかっ!

ということなのかな・・・?

それはそれとして、
今まで移植医療でドナーカードが果たしてきた役割は一体なんでしょう?
臓器提供の意思がある者が、それを証明するためのドナーカード。
しかしながら今回は、ドナーカードがなくとも、
その判断を行うまでに成長をしていない幼児や乳飲子に対しても、
親である人の意思で移植を可能にしてしまう道を開くわけですよね?

まぁ・・・レシピエントにしても然り?で、
移植当事者の意思にかかわらず、親権者の意思で行えるようにすると・・・。


ようやくここが危険なんだなぁ~と、ふと胸のつかえが取れたのです。


いまや親子がうまくいっている家庭ばかりじゃないし、
親殺し、子殺しの事件も起きるご時世ですよ。
親子に絶対的な信頼関係がありますか?・・・ってんです。

戦時中に例えるとちょっと語弊があるのですが、
お国のため、守る家族のために戦わなければならない戦争があったとしましょう。
そんな世で、軍や特攻に志願する子がいたら、
親は是が非でも行くな!と止められなかったことでしょうが、
戦に行きたくない子に対して、
親がサッサといいから行って来い!とは、到底言えないでしょう。
いや、それを言ってはいけないのが、
今の日本で大半を占める倫理じゃないでしょうか?

親と子の意思が違うことなんて、よくあること。
それを親子といえども、お互い一個人の意思として尊重することで、
折り合いをつけているんじゃないでしょうかね?


意思が確定していない幼児の移植を承諾する親は、
少なくとも自身においても、ドナーカードなりで、
移植医療に理解をしている意思表明をしていて欲しいものです。

そして、移植に無関心だったり、乗り気になっていない人が、
突然、脳死の子をもつ親になった場合は、
たとえ移植拒否をしたとしても、
非難されるような状況に、絶対になってはいけない。

ましてや、
「(親の無理解の為に、移植で救える子供を)殺すのか!?」
等という声が上がってはならないでしょう。

またそうならないためにも、レシピエントの親は、
そのドナーを待つ心持ちを自ら厳しく律されなければならないことでしょう。
・・・きっついでしょうな。

そして、社会は聖人君子ばかりでないから、
諦めきれなくなれば、きっと新しい犯罪もおきるでしょうね。

親としての気持ちと、移植医療と、
そして、もし・・・人為的に脳死にすることができる術があったとしたら、
我が子のために・・・他の子を脳死にさせてしまいたくなるような誘惑が・・・
そこまでいかなくとも、脳死の判定基準がまだ確定していないなら、
脳死と判断させてしまいたくなるような誘惑が・・・
どこかの誰かに起きないとも限らない。

あらら・・・近未来小説として1本ぐらい書けそうな妄想が膨らみます。


どうにも価値観の多様化には賛成できるのですが、
倫理の多様化、倫理のダブルスタンダードはできる限り避けねばと思います。

頭はグルグル回りましたが、昨夜のTVのおかげで、
移植医療は、当事者の善意ある意思のもとで行われなければならない。
というところで、私の持論は落ち着きました。


そして、より良い移植医療の環境作りとしては、
低年齢期からの期限を区切った更新性のドナーカードの普及なんてどうでしょう?
学校なりで移植医療の教育を一定期間行ったうえで、
ドナーカードに対しては、もちろん自ら記入をしても良いし、しなくても良い。
まだまだ、自我が出来あがる前ですから、
いつでも撤回しても良いし、もちろん秘匿してもかまわない。
そして、定期的に自分の意思を確認するために期限を設けた更新性のカードにする。

そうすれば、随分と年齢は下げられるんじゃないだろうかと・・・。


激しく妄想が暴走してしまいましたが、
なんにせよ、移植医療の環境を作り上げることは大変なことですな。

ところで、今国会で賛成票を投じる先生方には、
せめてドナー登録をして欲しいと思ったり、思わなかったり・・・しませんか!?!?
by ambitious-n700 | 2009-06-30 14:19 | 時事 | Comments(0)

うっぁ!まぶしぃっっ!

・・・ので、

ソーラーフィルターなるペラペラのアルミホイルのようなものを買いまして、
自作でカメラに取り付けるフレームを作りまして、
試しに太陽を撮影してみました。1/100000に減光だったかな?
b0090284_13545690.jpg

日食観察の準備です。
間違って穴なんかができようものなら、
カメラが焦げちまうので、気をつけねば・・・

初めて、観察用のフィルターを作りましたが、
太陽に向けていないと真っくらけっけですね。
太陽光の激しさは並大抵でないのが、わかります。

もうちょっとシャッタースピードやら絞りやら、
やりくりしてみた方がいいかもしれませんな。

まだ・・・まぶしい・・・ですよね?
by ambitious-n700 | 2009-06-26 13:56 | Comments(2)

クレーマー クレイマー

業者の手違いでクレームをつけなくては、ならなくなりました。
私個人のことでしたらば、殆んどのことは、
損切り(すなわち泣き寝入り)してしまうのですが、
仕事上のこと、家族とこと、子供のこととなると、そうも言っていられなくてね。

クレームをつけるのも、つけられるのも、どうにも苦手です。

まだ、返品がきくとか、解決策がみえる問題なら良いのですが、
どうにもならないようだったら、労力と時間の無駄に思えて仕方がない・・・

クレームを言ったら言っただけ、いやーなムードを作り出してしまいますしね。


生活をしていれば、事の大小はあれトラブルがあって当たり前、
それをどう対処していくかが問われるんだろうけども、
人としての「欲」が自分にも相手にも垣間見えると・・・醜いようでナエナエになる。

粘り強さと胆力と、それに器量の大きさと、
我ながら、まだまだ精進が足りないのでしょうねぇ~。
by ambitious-n700 | 2009-06-24 17:23 | ぼやき | Comments(0)

がおがお、ぶ~!


なぜかな?・・・なぜかな?・・・わっかるかなぁ~?

NHK教育で朝にやっているガオガオブーが、
今週いっぱいで終わってしまうそうです。

残念で仕方がありません。

動物たちの生態をクイズ形式にしたアニメで、
子供ならではの発想力を生かした珍回答を楽しみつつ、
知識も深まる番組で、非常に気に入っていたんですがね・・・。

途中に流れるブラザートムさんの歌も、
憂うつな気分が吹き飛ぶ、なかなかイイ歌詞だったんです。

う~ん・・・ほんとうに残念です。
あと数回、偲んで録画しときますかね。
by ambitious-n700 | 2009-06-22 16:13 | 漫画・TV・映画等 | Comments(0)

四十雀は昆虫食

久方ぶりに昆虫の話題です。

この冬を乗り切ったコクワガタは♂2匹だったのですが、
先日、1匹は★になってしまいました。
現在、大きな飼育ケースに1匹を飼育しています。

まぁ・・・我が家は今、昆虫よりも野鳥ブームなので、
今夏は昆虫採集はほどほどで良いかな?と思っていたところですが、
飼育に関しては、そうもいかなくなりました。

山形へ行った方から、お土産としてオオクワガタを戴いたのです。
しか~もっ!ようちゅぅうぅぅ~・・・どうしようぅぅ~・・・

成虫でないカブクワについては、残念な結果が多い我が家。
昨秋の卵らしきものは、孵化すらしてないことだろうし、
以前もらったカブトの幼虫は羽化に失敗。
飼育マットの中でミイラ化した蛹を発見して以来、いい印象がないし、自信もない。

クワガタはカブトムシと違って、本来、朽木で蛹化するんだろうし、
菌糸びん飼育か?マット飼育か?
どうすれば良いのか、一から調べないといけませんね。

めでたく羽化してくれるんだろうか?
やれることはやろうとは思うものの・・・あぁ・・・自信がない。
by ambitious-n700 | 2009-06-21 10:43 | その他 | Comments(0)

医術も倫理も人が作り出す・・・

新しい日本脳炎ワクチンが発売されましたね。
我が子はちょうど任意接種になった時だったので、実はまだ予防接種を受けていません。
どうしたものでしょう?

本来は接種した方がいいんでしょうけど・・・ここまできたら慌てずに?
1年、新薬の効果、副作用の経過観察をしようかと思っております。


そして、相変わらず野鳥観察の日々ですが、
我が家の方でも夏鳥であるツバメが増えてきました。
ようやく巣立つことができるようになった幼鳥が電線に数羽いて、
親鳥が餌を運んでくると、我先に!と、わめき散らしておりました。
セッセと給餌に励む親鳥が健気です。

しかしながら、ひな鳥の生存率はかなり低いそうですね。
鳥の種類にもよるんでしょうが、
カルガモなんて大半は、他の動物や鳥の餌食となるそうな。


前にTV番組で、托卵をするジュウイチの生態をやっていましたが、
他のヒナを蹴落とすために進化するジュウイチのヒナは、
なんとも痛々しく、鳥だから許せるような許せないような・・・!?

まぁ・・・それに気付いてか気付かずか・・・
育ててしまう親鳥も親鳥ですけど、厳しい自然の姿でした。


昨今、臓器移植について年齢制限の撤廃案が衆院可決されましたが、
いやはや・・・この胸に引っかかる違和感は何でしょう?
我が子を助けたい親心は、自然な姿なのでしょうが、
その医術はもはや自然なものと言えるのか言えないのか?

医療と倫理はよくぶつかり合うものらしいですが、所詮、人間社会ゆえなのでしょう。

その知恵と貪欲さで進化してきた人類は、
やっぱり自然界では特異な生物なのですな。





あぁ・・・そんなこんなでも親としては・・・日本脳炎には気をつけないとね。

今夏も、防虫対策はマメに行いましょう。
by ambitious-n700 | 2009-06-19 17:51 | ぼやき | Comments(0)

探鳥の記録

カワセミを見たときの続きです。
他に、カワウ、ツバメ、スズメ、コサギ、コゲラ、
カルガモ、ドバト、キジバト、ハクセキレイ、メジロ、
そして、ハシブトガラスに出会いました。

アジサイも綺麗に咲きほこり、良いバードウォッチングとなりました。

b0090284_11142644.jpg

↑電柱に止まったコゲラ
b0090284_1115157.jpg

↑コサギ ↓カルガモ
b0090284_1116035.jpg

by ambitious-n700 | 2009-06-13 11:16 | トリさん | Comments(0)

空飛ぶ宝石!

先日、頑張って我が子とバードウォッチングをしてきました。
思いもよらず、カワセミと出会ったので、我が子は興奮しておりました。
私自身も、シャッターチャンスを逃すまいと慌てふためいて撮りましたが、
野鳥を撮るのは、難しいですね・・・。
b0090284_14584160.jpg

b0090284_1459367.jpg

狩りの真っ最中で、しばらくジーッとしていたと思ったら、水面へ飛び込んでいました。
1度目の狩りは失敗・・・2度目に小魚をくわえたと思ったら、飛んでいってしまいました。
おそらく巣へ戻ったんでしょうけどね。

他の野鳥にも出会いましたが、まぁ・・・ピンボケ・・ブレブレ、ばっかりです。
望遠だからブレやすいし、被写体はジッとしていないし・・・
野鳥撮影の難しさをヒシヒシと感じています。

他の写真も、まぁ・・・ボチボチとUPしたいと思います。
by ambitious-n700 | 2009-06-12 14:59 | トリさん | Comments(0)

やっぱりいるがね・・・猛禽類!

今朝方、通勤中に我が子と猛禽類を目撃!

望遠カメラもなかったんで、何の種類かわからないのですが、
一羽のトリが、空に円を描いて上昇・・・移動していきました。

しばらく眺めて・・・
そのうち、小さい点になって、雲にまぎれていってしまいました。

拙い知識では、トビの飛び方だとわかるのですが、
・・・こんなところにいるのか?にわかに信じられません。

他の猛禽類の可能性もあるでしょうね。
by ambitious-n700 | 2009-06-08 10:25 | トリさん | Comments(0)

☽☀★・・・ほい ほい ホイ ♪

航空券ゲットならず、皆既日食弾丸ツアーを挫折してしまいましたが、
せっかくの旅のチャンスに次善の策として「サンコウチョウ」を見に行く計画を立案中。

このサンコウチョウ、
「ツキヒホシ、ホイホイホイ~♪」ってさえずる夏鳥で、
「月日星・・・」と聞こえることから三光鳥となったらしい。
また姿形も魅力的で、黒っぽい身体に青い嘴と目をもち、
(♂は)尾羽がスラリと長く、羽ばたけばヒラヒラと尾がたなびく?・・・らしいです。

実は我が家の時計が鳥のさえずりで時刻を知らせてくれる時計でして、
時間になると「ツキヒホシ、ホイホイホイ~♪」と、鳴るんですね。
我が子も、それを聞いたり、図鑑を見ては、この鳥に魅かれたんでしょうな。

首都圏でも見られないことはないらしいですが、出会うことはかなり難しく、
南の鳥なんで、日本でも南に行くほど出会う機会は多いらしい。
静岡県の県鳥で、ジュビロ磐田のエンブレムのモデルにもなってるとのこと。

それでバードウォッチングがてら、
日食を観察できるプランを一生懸命、考えております。

鳥の活動が、早朝に活発なのは自明の理ですが、
皆既日食ともなると、日中の暗い空に騒ぎ出すそうです。
ここはひとつ、部分日食でも騒ぎ出してくれることを期待しつつ、
探鳥地へ赴きたいと思います。
by ambitious-n700 | 2009-06-07 11:26 | その他 | Comments(0)