人気ブログランキング |

晴れやかなる四十路へ!

<   2008年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

宿さがしに多忙です

お盆休みの宿さがしをしております。

足腰の悪い義父を連れて行こうと旅程を組んでいますが・・・
マイカーが無い&人を乗せての長距離運転に自信がないので、
電車の旅程はバリアフリー対策が必要です。

その上、避暑地で温泉で・・・がご希望。
さらにせっかくだったら孫も同部屋で寝泊りをしたいだろうし・・・
足腰が悪いからベッドじゃないといけないし・・・
昨夏は、大浴場で私が入浴の付き添いで苦労したので、
今夏は、浴室付個室で実の娘である嫁にやらせたくもある・・・なぁ~。

そんなこんなの希望条件をあげていくと・・・
新幹線等のある程度の大きい駅からアクセスができて、
個室露天風呂付和洋室(4名定員)!

いやいや・・・本当に少ないですね。

候補地として、那須(塩原)・・・湯沢・・・いわき・・・

水上・・・伊香保・・・鬼怒川・・・は温泉街に坂が多そうだから、
車イス移動が・・・ちょっときつい!?
伊豆・・・東海方面は、真夏に行くには暑さが心配、
石和も・・盆地の暑さはちょっとまずいか!?
草津・・・四万・・・もアクセスが悪いのと坂が気になる・・・
河口湖に良さ気なホテルがあるにはあるが・・・

バリアフリーの宿も増えてきたのですが、
基本的にベッドの洋室はツインが多いんですよねぇ~。
贅沢なつくりの風呂付個室なんかも、和室だったり2名定員だったり。
健康なことがどれだけありがたいことかと感じてしまいますね。

そんなこんなで、しばらく情報収集に忙しくて、
ブログがおろそかになることでしょう!?
by ambitious-n700 | 2008-04-20 11:49 | 旅・行楽 | Comments(3)

江古田の夜

江古田で呑みました・・・呑んじゃいました。

その昔は私も江古田の学生でしたので、
色々となつかしみつつ、時とともに新しくなった街角には、
その変わりように寂寥を感じてきました。

「ぎんなん」は暖簾も店も新しくなってるし、
「黒田武士」も働いている方が変わった!?!?
「中華一番」は営業を終えて久しいのにもかかわらず、
その姿に歳月を刻み込んでおり、
「まほうつかいのでし」は相変わらず音大生のお客さんで賑わっていました。

「大盛軒」は不動産屋に、「鬼無里」はキャバクラに・・・、
「むらさき」「酒菜家」「珍竹林」の看板も無くなっていましたが、
「洋包丁」「まこと」「げん」「やぐら」は元気に営業をしていました。
「やぐら」の店頭に貼ってあった、
お孫さんが書いた(と思われる)絵は微笑ましかったです。

駅から見えた交番脇の桜は切られてしまいましたが、
北口裏の公園と浅間神社、稲荷神社、千川通りの桜は健在でした。
この時期が満開だろうと踏んでいたのに、
もう散り始め、桜吹雪の時期でした。

先輩と待ち合わせの南口へ。
そして、迷うことなく「お志ど里」へと足を運ぶ。
案内された席は、十数年前、初めて「お志ど里」へ来た時と同じテーブル。
忘れていた先輩たちの顔を思い出す・・・いいことばかりでなかったけどね・・・

メタボリックな私が頼んだメニューは、
学生時代に食べた懐かしいものではなかったけれど、
内装や客層は往時のまま、やっぱり江古田には若い学生さんが多いです。

2時間ほど呑み、町を歩き、先輩と別れる。

ハートに火が点いてしまった私は、ひとりで「江古田コンパ」へ。
店や評判は知っていましたが、今まで入ったことはありません。
ノスタルジーと刺激が欲しくて初めて入ってみました。

気持ちよく愚痴をはき、ボヤキ倒して、終電で帰宅。
思うところは色々あれど、歳月を感じずにいられない一夜でした。
by ambitious-n700 | 2008-04-08 09:28 | その他 | Comments(2)

恐竜大陸、その2

つづき。

恐竜ロボットとのスナップ撮影を終えて、入口付近へ。
音筆という音声ガイドを1000円で利用できます。
ためらう嫁を後に、すかさず当然のように借りました。
ダーウィン展で音声ガイドの良さを実感してましたのでね。

小さな冊子にその音筆(バーコード読取機のようなもの)をタッチすると、
筆の端についたスピーカーからガイドが流れる。
音量は小さいながら、耳を近づければ二人で聞けました。
展示の各場所でクイズもできるようになっています。

音筆を首からぶら下げて、いざ標本展示をまわります。
この頃になると、大分お客さんも増えてきていました。

マメンチ、ルーフェンゴ、フアンヘティタン、ランジョウ、
フクイラプトル、タルボ等などの骨格標本。
植物化石や足跡化石、羽毛恐竜の化石や復元フィギアなんかもありました。

今回、特に勉強になったのは、KT境界でしょうか。

恐竜絶滅には諸説ございますが、隕石による絶滅説の傍証です。
中生代白亜紀(Kreide)と新生代第三紀(Tertiary)の境界層に、
多量のイリジウムが含まれるというものです。

イリジウムは高質量高密度な金属で、天体生成の時に中心近くに集まるとされる。
その為、地球表面にはその存在がまれで、
逆に飛来隕石では摩擦燃焼や減少も少ない為か?良く含まれるらしい・・・。

なるほど、それで隕石飛来の証拠となるわけですね。
世界各地でこの境界層のイリジウムは見られるらしいですが、
その分布やクレーター跡から、
ユカタン半島付近に大隕石が衝突したらしいです・・・へー。

実際にKT境界がみてみたい・・・そんな心が芽生えます・・・

キチンと勉強すれば、
地層からかつての環境変化が見て取れるんですね。

そんなことを思いつつ、展示出口付近へ。
最後に恐竜映画やその撮影フィギア、ウルトラ怪獣などもありました。

イベント展示場を出ると、
別料金のお土産物屋さん、ゲームコーナー、飲食出店、
そして恐竜キングの3Dシアターがあります。

折角なので3Dシアターを鑑賞。わずか8分!?
ですが、我が子はこれが一番おもしろかったようです。

お土産物屋さんでは、いつかは欲しかった三葉虫の化石と、
ハンカチやら本を購入して会場を後にしました。

遅めのお昼は幕張マリブのお蕎麦屋さんで・・・。
そしてホテルへ戻り、
「恐竜の骨」と「恐竜のたまご」とネーミングされたパンを購入。
二年前の「巨大恐竜博」のときにもあった「恐竜ケーキ」は見送りました。
クロークで預けた荷物を受け取って、ホテルを出る。

予定の時間までちょっとあったので、
幕張プレオの「レインボーハット」でアイスを食べる。三周年でキャンペーン中。
並ぶお客さんの列に店員のお姉さんはひとりで大変そうでした。

電車を乗り継ぎ、無事に四時半ごろ帰宅。翌日に備える・・・。
by ambitious-n700 | 2008-04-07 11:57 | 旅・行楽 | Comments(1)

恐竜大陸、その1

春休みですね。先日、またまた我が子とお出かけをしてきました。
・・・っていうか、久しぶりに嫁も一緒で家族でお出かけです。

目ざすは、幕張メッセで開催中の「恐竜大陸」です。
仕事をあがって、幕張のニューオータニへ!前泊です。
日帰りできる距離なんですけど、子供の体力やら混雑を考えて、
この距離でも我が家はお泊りすることがあります。

翌朝、いつもの時間に起きて、朝食。
7:00のオープンを待ってレストランへ。
噴水の見える席に案内され、気分良く朝食をとる。
チェックアウトして、ホテルに荷物を預け、いざメッセ!

9:00開場に対して、8:20到着。
されど、7~8名の並ぶ列を見る。おぉっ!早い!
それはみな同じ目的を持つ同志かつライバル!?
先着16名の化石発掘体験を狙う者たちです。
およそ40分の待ち時間に、
あらかじめプリントアウトした恐竜の塗り絵をして待つ。

そして、開場!
みな、急いています!危ないです!
「走らないでください!」と係員の声は飛び交いますが、
小走りから、みな速度を増していきます。
追い抜く人がいると、今度は抜かれまいと走り出す人もいます。
集団心理として至極当然でしょうけど・・・ねぇ~。
我が子には転倒だけにはくれぐれも注意をしろ!と促していましたが、
・・・やっぱり危ないです・・・。
個人的には、9:00配布だけでも開場入口付近で配るべきだと思いました。

なんとか無事にイベント整理券をゲットして、
あとは開始5分前に集合とのこと。
その間は、いずれ混雑が予想される展示物へ・・・
まずは、プレオ!
b0090284_1558355.jpg

恐竜版のアイボみたいなものですね。愛玩ロボットです。
のそのそ動いたり、鳴いたり、噛み付いたり・・・します。
五万円以上するらしいです。帰りに購入していたお客さんも見ました。
ロボットもここまで来たことはすばらしいのでしょうが、
あとは、温もりと手触りがより生物に近づくと面白いですね。

その後は展示の恐竜ロボットたちへ。
b0090284_15591723.jpg

(これはネメグトサウルスというそうです。↑)
タルボ、スピノがメイン!?他にオヴィラプトル?ウエロ?
まぁあとは、よく知らない恐竜のロボットたちが吼えたりしておりました。

イベントスペースですから、展示フィールドが殺風景なのが残念です。
そう思うと、今はなきユネスコ村の大恐竜探検館が惜しまれます。
あの出来は素晴らしかった・・・。

つづく。
by ambitious-n700 | 2008-04-04 15:59 | 旅・行楽 | Comments(0)