人気ブログランキング |

晴れやかなる四十路へ!

カテゴリ:その他( 134 )

●残酷暑●令和元年備忘録


暑いです。お盆が終わりました。
宿泊費用等の相場が跳ね上がる時期です。
今夏の我が家は、休みをずらすことができたので、
お盆はいつもどおりの日常でした。

実家へは8月初旬に行って、実父の喜寿会食。
その日、嫁は泊まりで仕事へ行きました。
思うところはありますが、お察し下さい。
備忘録です。

そして、映画作品をいくつか見ました。
ひとつひとつレビューを書きたいとは思いますが、
残念ながら、すでに記憶が薄れてきております。
せめて鑑賞した作品だけでも列挙しておきます。

「名探偵コナン(の何作目か)」
「ズートピア」
★「夜は短し歩けよ乙女」
★「万引き家族」
★「羊たちの沈黙」
「エイリアン2」は、自宅で。

「プロメア」
★「天気の子」は劇場で。

個人的なおススメ4作に★をつけました。
「羊たちの沈黙」は、かな~り前に一度?観ています。

アニメ作品の「夜は短し歩けよ乙女」と「プロメア」は、
動くイラストのような作風で、
表現の幅が広がって行く時流を感じました。
但し、中年男には絵が忙しくて眼も頭も疲れました。

新海監督の最新作「天気の子」については、
別途、レビューを記したいと思っています。


そして、終戦の日もありました。
JAL123便の慰霊登山のニュースもありました。
色々と思うところはあります。

そして、最近は戦争物作品のTV放映が減りましたね。
十年前位は、戦争の記憶を風化させまいと、
特に終戦記念日には力を入れて放送してたように思います。
今夏は、いつもと変わらぬバラエティー番組が並ぶのを見て、
気落ちしてしまいました。

制作者側に戦争体験者等が減ったからでしょうか?

残念かな、いまやオールドメディアと云われてますが、
TV番組の質・内容の低下を
私も感じてしまうのでありました。


by ambitious-n700 | 2019-08-21 10:07 | その他 | Comments(0)

電子レンジ供養


平成最後の日ですね・・・そして、大型連休です。
まぁ、さほど関係のない社会的立場でございますけれども、
想い出を想い出にすべく、今回は電子レンジ供養の話でございます。

もう三週間前でしょうか、朝方にトーストを食べようと、
電子レンジのトースター機能を利用しようとしました。
ところが、スイッチを押すとともに、
部屋の明かりが消え、ブレーカーが落ちたのです。

まず私は過電力を疑い、ブレーカーを入れなおして、
改めてトーストを作ろうとしたら、また落ちてしまいました。

いまいちど良く点検をすると、漏電ブレーカーが落ちていて・・・
ふむ・・・原因を探るべく、電子レンジのコンセントを抜いて、
再度、ブレーカーを立ち上げます。

部屋の明かりはつきましたが、さて、どうでしょう?
躊躇いながら、恐る恐る電子レンジのコンセントを差してみると、
三度、ブレーカーが落ちてしまいました。

もうこれは電子レンジの漏電が推測できました。
とうとう買い替え時が来てしまったのです。


私が新社会人になって実家を出るときに、
実母と一緒に買いに行った電子レンジです。

かれこれ20年以上の使用に耐えた94年製の家電でした。
いうなれば、我が子よりも、嫁よりも、
付き合いの長い家電だったのです。
実母の七回忌も過ぎて、その愛着ゆえに買い替えができず、
そのままに、よく働いてくれたのです。
しかし、こうなってしまっては、
買い替え以外の選択肢は考えられませんでした。

私はやむなく躯体のサイズを測り、
新しい電子レンジを買おうとしましたが、
25年前の単身者向けの電子レンジって、かなり小さいのですね。
b0090284_22011714.jpg
家電屋さんの店頭に並んでいる電子レンジのその殆どが、
我が家の設置スペースに収まるようなサイズではありませんでした。
嫁は、新しい機能がついた製品を希望していましたが、
のき並みサイズが大きくて、
我が家に設置するには、大幅な模様替えが必要でした。
ここは残念ですが、嫁には諦めてもらい、
なんとか単身者向けの小さい電子レンジをみつけて購入しました。

めでたく漏電を起こしてから二日後に、
新しい電子レンジを設置できました。
電子レンジの利便性を失ってから、
あまり時間をおかずに買い替えができた方だと思います。

しかしながらこれで、
実母との思い出の品が、また、ひとつ処分されたのです。
仕方がないことです。
限られた我が家のスペースには、断捨離も必要です。
壊れた電子レンジを思い出だけのために置いておく訳に行きません。

これで、私が単身生活を始めた頃から利用している家電は、
とうとう炊飯器だけとなりました。こちらは93年製の三合炊き。
充分に耐用年数は過ぎていると思いますが、
いつまで付き合ってもらえることでしょうかね。

明日から、いよいよ令和の時代になりますが、
昭和、平成の想い出は想い出として、
私も新たな時代を歩まねばならないのですね。

by ambitious-n700 | 2019-04-30 22:07 | その他 | Comments(0)

勾玉一考


神社の御朱印めぐりファンとして、
三種の神器に「鏡」「剣」「勾玉」があることは知っていました。
伊勢神宮に八咫鏡、熱田神宮に天叢雲剣、
そして、皇居に八尺瓊勾玉が、祀られていると聞いています。
もちろん、見たことはありません。

この分霊となるのでしょうか?
鏡や剣が、地域の神社でご神体と祀られていることがあります。

いつの頃からか、私はお参りをする時に、
ご神体が、鏡ならば自分自身を見つめなおし、
剣ならば自身の邪な気を祓うかのように、手を合わせています。

神社巡りをしている私ですが、
神の存在を信じるのか?信じていないのか?と聞かれても、
イエスかノーの明確な答えを持っていません。
しかしながら、信じてみた方が、
人生が豊かになるだろうと言う経験則をもっています。

そして、神社はお願いをする場でなく、
今では自分を見つめなおす場と思っています。

もし、お願いしただけで、
叶え与えてくれる存在があるとしたら、
それはひどく不平等に成りかねません。
妬み嫉みと隣りあわせでは、
崇めるべき存在に成り辛いことでしょう。

神が公明正大な存在ならば、
良かれとされる努力と心がけを、
汲み取ってくれる存在と信じていたいわけです。

まぁそんな信条がある私ですから、
鏡については自身を見つめなおす神器として、
腑に落ちていました。


次に剣については、
諏訪大社、鹿島神宮、香取神宮にて、
国譲りの神話を思ったとき、
刀剣の神とされる経津主大神が、
表に出てこず、少し身を引いていることで、
刀剣は振るうことなく、
威を持って事を治める大切さを感じました。

また、よく刀剣の銘に「~守(のかみ)」があること、
血を流すことなく、邪を祓う神器としては、
とても腑に落ちるのです。

さて、しかしながら今まで、
三種の神器として数えられるてはいるものの、
魔除けの効果があるとされる勾玉からは、
どう解釈すれば良いのか、
いまひとつわかりませんでした。

ところがです!
先日、降りてきました・・・閃いてしまったのです。


我が子が小学生の頃、「地球はナゼ丸いのか?」を問うた時、
嫁は答えられず、我が子は「水と同じだから・・・」と答えていました。
私は予想もしない答えにビックリしたのですが、
そうですね、無重力にある水が球体を成すように、
宇宙に浮かぶ天体のその多くは、その物質に万有引力が等しく加わり、
体積に対して、均質で最も表面積が少ない球体と成っていることだと思います。

しかし厳密に言えば、地球は、太陽や月など他の天体の影響を受けて、
自転や公転をしており、完全なる球体とは言えず、たわみを持っています。

そして・・・あぁ~っ!これが勾玉なのだと、
今になって気づいたわけです。

言うなれば、勾玉は(球体の)動きを象徴している形なのだろうと、
動きと言うことは、転じて、揺らぐこと、
揺らぎと言えば、1/fゆらぎ、
さらに転じて、時間までを、
勾玉は表わしているのではないだろうかと…

次に思ったことは、
勾玉が二つある陰陽を表わす双極図です。
これは太陽と地球の動きと捉えることができるのではないかということ。
そして、実際に二つの天体が揺らいで、
生命を誕生させているのです。
言い換えてみれば、
二つの揺らぎをもって、新たなものが生まれているのです。

なるほど、そうかぁ~と、妙にひとりで納得していたら、
今度は神社の紋によく使われている三つ巴紋が脳裏に浮かびます。

そうです、三つ巴紋は勾玉が三つ。
それは、太陽と地球と月と捉えることができますね。

月がなければ、科学的には生命の誕生がなかったとも言われます。
その詳しい学術的な見解を、私は理解してないのですけれども、
月が起こす潮汐が、生命の育みに与える影響は聞いています。
これが連綿とつづく生物進化の過程を支えているのかもしれません。

言い換えて、三つの揺らぎが干渉し合うことで、
安定して、新たな何かが生まれ続けるのではないかと思ったのです。

勾玉が象徴する、揺らぎや時の流れは、
成長発展を与えてくれるものだと、腑に落ちたのです。


以上が、勾玉についての私なりの解釈ですが、
これは充分にありかな?と思いつつ、
何の根拠もありません。
戯言と一笑に付されることもあるだろうと思います。

とはいえ神器のひとつが、
もし万物の揺らぎであるならば、
どんな真実すらも揺らいでいて、常に確証がないのですから、
私の解釈とて揺らいでも致し方がないと、開き直るのでございました。


by ambitious-n700 | 2019-03-29 19:37 | その他 | Comments(0)

「はたらく細胞」~「2心房2心室」を考える


当ブログは10周年を過ぎていますが、
一番見られている記事は、
【「2心房1心室」を考える】という記事でございます。
https://japan700.exblog.jp/14144177/

同じような疑問を得た人が、検索でヒットするのでしょうか?
そこで関連する新たな視点を得ましたので、ここに加えたいと思います。


まず「はたらく細胞」という作品が、
現在、アニメ化されて放映中でございます。

赤血球やら白血球、T細胞やら樹状細胞などを擬人化して、
体内での働きをストーリー仕立てに描いています。
そこで循環器を取りあげた話があったのですが、
ふと、2心房2心室の合理性に気づいたのです。

以前、【「2心房1心室」を考える】の記事では、
「2心房2心室」と「1心房1心室」の差が判然としていませんでしたが、
どうやら肺呼吸とエラ呼吸の理解が足らなかったようです。

まず肺呼吸です。
呼吸(二酸化炭素と酸素の交換)が、空気と血液との間で行われます。
対してエラ呼吸は、水と血液との間で行われます。

血液は液体です。
エラ呼吸では、おそらく・・・きっと、
水を媒体とした炭酸水と酸素水の交換となります。

肺呼吸では、血液中から二酸化炭素だけを排出して、
空気中の酸素を取り込まなければなりません。

あきらかに肺呼吸の方が、ひと手間かかって非効率です。

そして、非効率がゆえに、
表面積を増やして呼吸量を補わねばなりません。
肺のひだ、肺胞ですが、哺乳類は両生類より多いそうです。
これはきっと皮膚呼吸の依存度と反比例することでしょう。

表面積を増やすには、
血管はより細く、より数を多くしなければなりません。
必要な呼吸量が増えるほど、
肺のひだひだは、どんどん多くなっていきます。

毛細血管の数や長さが増えれば、
それだけ血液を送り出すポンプ機能は求められて、
肺動脈への心室があることも理にかなってくる訳です。

もしかしたら、毛細血管を含めた、
肺循環と体循環の血管の長さを比べてみれば、
それほど差がないのかもしれませんね。
差があったとしても、心室の大きさに比例する程度ではないかな?


すなわち肺呼吸は、長い毛細血管を必要としていて、
適度な血流を維持すべく、ポンプ機能を備えたのが、
2心房2心室なのだろうと私は理解したのです。

また、もし血液の逆流がないだけで良いとして、
1心房1心室の強い圧で肺へ血液を送れば、
毛細血管は破れかねませんから、2心房2心室が合理的なのでしょう。

まー、素人考えなので、間違ってるかもしれませんが、
どなたか科学的な裏づけの資料、見識を見つけてくださると幸いです。


by ambitious-n700 | 2018-09-21 13:58 | その他 | Comments(0)

遠い記憶とピンク映画館


赤城神社の帰りのことです。神楽坂を下って飯田橋へと散策しました。
学生時代も幾度か歩いたことがあり、当時をなつかしんでいました。

そして実は私にとって、
忘れたくても忘れられない思い出の場所があるのでございます。

これを機会に思い出を残しておきましょう。


まだその映画館はあるのだろうかと、
私は遠い記憶を辿って神楽小路を入りました。

今も飯田橋ギンレイホールと言う映画館は営業中ですが、
その裏手に成人向けの映画館が、かつてはありました。
惜しむらく調べてみると、2016年にその映画館は閉館したらしいです。

私が18歳になって、これは記念に何かをするべきだと、
勇気を振り絞って、十八禁のその映画館に入ったときのことです。

当時の私は、実家暮らしの男子校育ちで、
刺激的な成人映画などとは縁遠い生活でありました。

映画とはいえ成人向け映画館ですから、
チケット窓口での対応だけでも、期待と緊張でガチガチだったと思います。
どうにか手続きを済ませて、
閑散とした客席のひとつに腰を掛けスクリーンを前にします。
今となっては映画の内容など、殆ど覚えてはいないのですが、
気づくと5分もしないうちに、ひとりの男性が隣に座っていました。

なんだろう?と思いつつ、
映画の進展をもどかしく思いながら、スクリーンを凝視していると、
いつのまにやら、私の左腿の上にその男性の手が乗っているです。

ん・・・?なんだこの手は?・・・なんだこの人は?

疑問に思いつつ、当時の若い私はすぐにその事態を把握できません。
そうこうしている内に、
男性は少しづつ私の内腿へと、その手を滑らせてくるのです。

耐え切れない不快感に襲われますが、
せっかく身銭を切って、興味津々の初めて入った映画館で、
なんの内容の進展もなく、大したシーンも見ることなく退館するのか?
と、戸惑います。

いや、もったいない、とりあえず席を移動しよう!
一度トイレへ行って戻るカタチで席を移動すればいいじゃないかっと、
私は考えたのです。

意を決して立ち上がり、私はトイレに向かいます。
そして、気を落ち着かせるように小便器の前で用を済ませていました。

ようやくひと息ついて、脱力していると・・・

いつのまにか忍び寄るように後を追って来たその男性が、
隣の小便器に立っているのです。
そして、私の股間を覗き「いいものもってるじゃない!?」と言うのです。

ギョギョギョッ!?

私は急いで用を足して、隠すようにジッパーをあげます。
そのあと、律儀にも手洗い場で手を洗い、そそくさとトイレを出ようとしました。

しかし・・・その時でした。

私は、後ろから両手で、ガッツリと、股間をワシ掴みにされたのです。

マ、マ、マジかぁーっ!?

もうそこからは、反射的に男性の手を振りほどき、
一目散で映画館から退場したのでした。

なんてことでしょう。
十八禁とはいえ、未成年が成人映画を見ようとしたバチでしょうか?
殆ど映画を見ることなく映画館を出たとても苦い記憶です。
その後に知ったことですが、いわゆるハッテン場というところだったのでしょう。
ハッテン場の何かも知らない馬鹿者が、紛れ込んでしまったゆえの悲劇でした。
あの時にトイレへ行くということは、考え方によっては、
誘ってる?と思われても仕方のない危険な行為だったのかもしれません。


by ambitious-n700 | 2018-08-06 15:27 | その他 | Comments(0)

スーパーマーズ★2018


セーラーマーズ、もとい、スーパーマーズが先日、訪れました。
7月下旬から、南の空に月と張り合うように輝く星を私も気にはしていました。
マイナス2.8等級のその輝きは、やはり惑星でスーパーマーズだったようです。

そして、こんな時でもないと火星を撮ることはないだろうと、
久しぶりに望遠レンズで、天体写真にチャレンジしました。

木星のガリレオ衛星を写したときは感動したものですが、
単体でぼんやり映る火星では、
いまひとつ、残念な気持ちしか湧いてこないのでした。
b0090284_14170503.jpg
b0090284_14171230.jpg
移住計画もある火星ですが、やっぱり遠いな。


by ambitious-n700 | 2018-08-04 14:19 | その他 | Comments(0)

初めての『ふるさと納税』


ふるさと納税って、聞いたことある人は多いと思いますが、
実際に活用している人は、どれ程いるのでしょうかね?

私自身、さほどの高額納税者でもないし、
その恩恵は少ないかと、大して気にも留めてなかったのですが、
その制度の仕組みを勉強して、ついに手を出してしまいましたよ。
疑義の残る、微妙な制度ではないかと思いながら・・・ね。

では、過熱しているらしい・・・「ふるさと納税」を、
私なりに、ひも解いてみたいと思います。
(※もし間違いがあったら、ご指摘してくだされば幸いです)

控除だ!控除だ!と言いましても、
今まで私に馴染みのあるのは、医療費控除と扶養控除ぐらいでした。
総所得から、その控除額を差引いて課税額を出す、
【所得控除】と呼ばれるものが大半ですね。

ですが、ふるさと納税って、
【所得控除】と【税額控除】を併せた制度らしいです。
【税額控除】の制度利用は少ないようですが、
税率をかけて算出した税額から、さらに差引く制度です。

ですから、納税者が自治体に支払う税額(住民税)に対して、
そのまま寄付金の額を、ほぼほぼ差引くわけでございます。

まぁ言い換えれば、寄付をしても、寄付をしなくても、
納税者の負担する総額は、ほぼほぼ変わらないのです。

そのうえ、寄付した自治体から返礼品が送られてくれば、
返礼品の価値の分だけ、納税者の生活は潤うわけです。

さらに言えば、換金性の高い返礼品は、いけないことになっていますが、
うまく換金できたとしたら、実質、減税とかわらないのです。


今年はTVCMなどが流れ、一段と注目されてますが、
どうしてあまり広報されなかったかと考えますと、
この制度が広まると、利害の反する人が出てしまうからと思われます。

そこで、ふるさと納税の制度導入で、立場と利害の違いを考えてみました。

仮に、A市在住の低額納税者Gさんが、
B町へふるさと納税として、限度額いっぱいの寄付をします。
B町は、Gさんへ相応の返礼品を贈ります。

また、A市在住の高額納税者Sさんが、
B町へふるさと納税として、限度額いっぱいの寄付をします。
B町は、Sさんへ高額返礼品を贈ります。

さらに、B町の返礼品を送る地元業者をXとして、
ふるさと納税サイトを運営している業者をYとします。

さて、ふるさと納税の制度を導入する前と後では、
その立場と利害はどうなるでしょう?

A市は、住民税の税収が減って「損」
B町は、寄付金として収入増で「得」

Gさんは、相応の返礼品がもらえて「少得」
Sさんは、高額の返礼品がもらえて「多得」

地元業者Xは仕事が増えて「得」
サイト運営業者Yも「得」となります。

ですから、損する自治体が出る以上は、配慮しなければカドが立ちますし、
制度利用できない非課税世帯の人たちには、そもそも関係ない話でもあります。

よって、全ての人の利益にはなっていないので、
一気に広まることもないと思われます。

ちょっとややこしい制度ですから、一般には理解していない人も多いようですが、
経理や税務関係の仕事をしている人は、むしろ、知らなければ務まらないわけで、
いちはやく制度を理解して、そそくさと利用している率が高いようです。

また、所得税の累進性とは反対に、
高額納税者の方が制度的な利潤が多くなり、逆進性があるといえます。
GさんよりSさんの方が、より高価な返礼品を手にすることができる訳です。

高額納税者は、妬まれたくもないので、
あまり声高に言わない心理もまた、働くかもしれません。

そして、ざっくりとお金の流れをまとめてみますと、
本来、住民票のある自治体(A市)へ入るはずだった税収を、
B町、業者(XやY)、納税者(GやS)は返礼品に変えて、
その益を分け合う制度のようです。

ふるさと納税制度によって、都市と地方の地域格差を減らしますが、
個人の貧富格差は、逆進性によって広がる制度と言えるかも知れません。


今回は制度の全体像を描くために、細かいことを省きましたが、
認められる控除額は、
寄付金額から二千円を引いた額(実質二千円と云われる所以)ですし、
所得によって、寄付の限度額が設定されていて、
住民票のある自治体へは、一定の税収が確保される配慮もあります。
そして何より、手続きが面倒だと言われれば、それまでです。

いままで私も利用していなかったので、エラそうな事は言えませんが、
情報弱者は、知らずに損をしているということかもしれません。

まだ制度利用していない納税者なら、一考の価値はあると思いますよ。
今年の所得に対しては、年内の寄付ですから、
ぜひとも、いそげー!?

by ambitious-n700 | 2017-12-25 11:44 | その他 | Comments(0)

我が家にZO-3がやってきた!


南蛮から象を呼び寄せたのは、秀吉か?家康か?
とうとう我が家にも、ZO-3がやってきたぁ~!
b0090284_11022699.png
人気機種らしいです。入荷待ちでした。

実は前々から欲しいとは思っていた品でした。
いつもその価格と、
ギターを弾く時間があるかどうかで、躊躇していました。

しかしながら、我が子が高校生になり、音楽にも興味を示し、
ギターで遊んでみたいとのことで、決断した次第です。

アンプ内臓ギターのショートスケールと言うことで、
初心者には不向きの意見も承知してましたが、
身近において気軽に手に取れることを優先しました。

我が子も、バンドを組もうとか、
ステージに立とうというわけでもなく、
遊びで楽しめれば充分とのことと、私の意向が強く出ました。

まぁ、我が子が本格的にやりたくなったら、
それはそれで、また考えれば良いでしょう。

これで生活の隙間時間を使って、
その昔に一度、挫折したギターを覚えようと思っております。


by ambitious-n700 | 2017-11-12 11:03 | その他 | Comments(0)

十三夜月の七夕


昨日は七夕でしたね。
ですが、明るい十三夜月にあてられて、
織姫も彦星も少しかすんでしまったのではないでしょうか?

十数年前の七夕に、私は入籍をしたのです。
大安だし忘れることはないだろうと、七夕に入籍したのです。
挙式は、文化の日で、
これまた、忘れたくても忘れられない日に式を挙げたのです。

このために毎年二回、何かしないといけないか?という強迫観念に、
こころを揺さぶられることになりました。

そして、今年は何の因果か?
我が子が短期留学で不在のため、夫婦水入らずですよ。さぁどうしましょ?

まぁ外食しただけですけどね。
外食以上のことはしない方がいいですよね!?

でも、毎週のように外食をしている我が家では、
有り難さも希薄なんですけどね。

特別に気合を入れて過剰にお祝いをしてしまうと、
それこそ年毎にハードルがあがりかねません。
その上、夫婦ゲンカをしていようものなら、
記念日なんて気が重いってものです。

やっぱり気負わず、無理ない程度で良いのだと思います。

不平不満を抱きながらも、継続してきたことへの感謝と労いを、
互いに感じているような気がするだけで充分だと思うのでした。


by ambitious-n700 | 2017-07-08 10:16 | その他 | Comments(0)

アプリ、アプリ、アップップ!

○○氏へ
誠に申し訳ございません。用事もないのに呼び出してしまいました。
故意があった訳ではございません。操作に慣れないゆえであります。
なにとぞ、どうぞお許しください。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

もうなんでしょう・・・スマートホン!

スマホデビューをしてから、そろそろ一年が経過しようとしていますが、
ポケモンGOのプレイヤーもかなり減って、
まだ遊び続けている私のような存在は少数派のようでございます。

そして、ガラケー時代には、電話としての機能がメインで、
発信ボタンをポチッっと押さなければ、電話をかけることはありませんでした。

ところが、スマホのタッチパネルに不慣れな私は、
電話を受けることも、かけることもない数が少ないため、
操作に戸惑いを覚えることもしばしばです。

使い始めの頃は、かかってきた電話の受信の仕方がわからず、
いつのまにか、ガチャ切りをしていたり、
先日は珍しく電話機能を使った後に、
画面を誤って触れてしまい、友人宛てに誤発信してしまいました。
その節は、誠に失礼を致しました。m(__)m


そこで、どうにか再発防止策はないものかと調べたら、
「誤発信防止アプリ」なるものがあるそうで、早速インストールをいたしました。

発信する前に、いま一度、確認して操作するだけの機能ですが、
ワンアクションで発信していたところが、
ツーアクションとなり、誤発信を防止してくれるそうです。

私のような困った人がいるから、このアプリも開発されたんでしょうけど、
なんで標準機能じゃないんでしょうね!?


某店舗のポイントカードも、アプリに移行となったと思えば、
必要かどうかも怪しいアクセス権限を要求してきたり、
どうも保守的な私は、この時代の流れに違和感を覚えてしまうのでありました。


by ambitious-n700 | 2017-07-03 15:26 | その他 | Comments(0)