人気ブログランキング |

晴れやかなる四十路へ!

カテゴリ:時事( 93 )

本日は雨なり

うぉっ!22日の雲はうろこ雲だったのかっ!?

「ひつじ雲が出ると翌日は雨」と「うろこ雲が出ると3日のうちに雨」との言葉。
3日後の本日が雨じゃないかぁ~!

高積雲(≒ひつじ雲)と巻積雲(≒うろこ雲、いわし雲)はどう違うのだ!?
さらに詳細に調べてみました。

上空2~5kmにできるのが、高積雲。
上空5~15kmにできるのが、巻積雲。

じゃぁ上空5km辺りにできたら、どっちとも取れるのか?
自然現象ですからね、はっきりとした区別があるわけじゃーござぁーせん。

高積雲の方が大きめの固まりで、巻積雲で高い空にできるほど小さめになるらしい。
寒気があるところの上空へ湿った暖気が流れ込むこと(≒温暖前線の接近)で、
前線から遠いところから、巻雲、巻層雲、高層雲、乱層雲、層雲、と見られ、
接近とともに、雲がより低いところにできるようになる。

ですから、雲が低く見えるほど降雨(前線)が迫っていることになるらしい。

そもそも雲ができること自体、大気の水蒸気が多い証拠なので、
雨が降る前兆といえば前兆なんですが、雲の高さで天気をある程度予測できるということだ。

温暖前線は、寒気あるところに暖気が流れ込むことで、
寒冷前線は、暖気あるところに寒気が流れ込むのですが、
そこで雲のでき方に違いが生じるらしい。

うろこ雲やひつじ雲が、秋の季語になるのは、澄んだ寒気に温暖前線が近づいて、
天高い雲も観察がされやすからだそうです。

高積雲や巻積雲自体は、本来、季節を問わず発生するが、
その規模や発生場所が、他の季節では観測しづらいことのようです。

また、集中豪雨をもたらす寒冷前線より温暖前線は進度が遅く、
秋の長雨といわれる所以らしい。


なるほど、わかったようなわからんような説明になりましたが、
しっかりと、ひつじ雲とうろこ雲の見分けが付くようになりたいものです。

そして「必ず雨が降るという雨乞いの踊りがあるが、なぜでしょう?」という、
昔にやった、なぞなぞを思い出しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

答えは、雨が降るまで踊り続けるというものであったが、
いつか雨が降るというのは、予知でも予報でもありませんね。
by ambitious-n700 | 2014-11-25 11:05 | 時事 | Comments(0)

雑司が谷の酉の市

本日、雨の気配はないですね。
昨日のベナール対流は朝晩の冷え込みだけでもおきるのでしょうか?

b0090284_14585411.jpg


そして、昨晩は二の酉でした。
池袋で先輩と会って酒杯を交わしていたこともあり、
ちょっと足を延ばして、雑司が谷の大鳥神社に立ち寄りました。

浅草や新宿の酉の市よりも規模は小さいですが、
程よい人出で、これぐらいの方が私は好きでしたね。

神楽舞の一種なのか、沖縄舞踊が披露されてもいました。

新宿の花園神社の酉の市も、見世物小屋があって、
いつか行ってみたいと興味をもっていますが、
最近は、動物愛護やら何やらで見世物の興行は、いろいろと厳しい状況のようです。
ひとつの文化でもある見世物興行がなくならないことを祈るばかりでございます。
by ambitious-n700 | 2014-11-23 15:17 | 時事 | Comments(0)

解散風に臆病風

ここ最近のブログ記事は書評ばっかりです。
仕事も閑散期、大きいトラブルがない良い証かも?
また以前だったら映画などを見に行ってたのですが、
外出するエネルギーが湧いてこず、読書をするまでとなっています。

存外、幸せなひと時かもです!
うつつを抜かして、足元をすくわれないよう注意しなければと思います。


ということで解散風が吹いてもいますから、久しぶりに時事ネタでも。

現内閣が二年の任期を残して解散をするらしい。
議席の過半数安定を確保しているにもかかわらず解散するらしい。

大儀なき解散との声も聞こえるが、
結局は、総理の「伝家の宝刀」を早めに抜いて、
消費税増税の判断を切り抜けようってことらしい。

報道によれば、しばらく消費税8%据え置きの判断をしたいが、
与党内の10%増税論者を黙らせるには、これが一番効果的なのでしょう。

選挙をすれば、血税を使うことにもなりますが、
与党内の反対派(10%増税論者)の抵抗に屈したら、
選挙以上の国民負担を強いてしまう。

与党がしっかりまとまっていれば、解散する必要がないとも言えますが、
これは、致し方がない部分も感じます。

解散風が吹いただけで、与党内の増税論者が影を潜めてしまって、
国民からは争点のわかりにくい選挙になりそうです。
本当にどこへ一票を投じればいいのか考えてしまいますね。
by ambitious-n700 | 2014-11-14 10:49 | 時事 | Comments(0)

的中、オーメン!


ヒンデンブルグ・オーメン的中です。

NY市場に続き東京市場も、大幅続落です!

手持ちの塩漬け銘柄は一層の損益を含むなか、

いざ!NISA口座発動です!

少ない資金で、目ぼしい銘柄を何点か買い注文しました。

エボラ、消費増税、中東の政情不安と

まだまだ、これから落ちる可能性もあるんだけどね。
by ambitious-n700 | 2014-10-14 14:02 | 時事 | Comments(0)

ブラッドムーン2014

皆既月食でしたね。
この時に起こる赤銅色の月を【ブラッドムーン】というそうです。

そして、前日にはユーラシア大陸でM6規模、
当日をはさんで、翌日には南太平洋で2回M7規模の地震があったそうな。
蔵王山の御釜湖面に白濁が見られ、火山性微動も観測されています。

大地鳴動していますよぉっ!


さて、月食観測のほうですが台風が過ぎ去って空も澄み、
夕食時の時間帯でしたので、非常に観測がしやすかったです。

空に多少の雲はありましたが、
月食はじめから終わりまで、概ね月が見えておりました。
以下、悪戦苦闘のカメラ撮影の成果です。
b0090284_13191510.jpg


b0090284_13192762.jpg


b0090284_13193660.jpg

御嶽山の噴火では戦後最大の痛ましい被害を出していますが、
火山灰の影響を受けると皆既月食の見え方も違うらしい。

火山灰があると、より黒味が強い色の月食になるらしい。
大気を通る光の透過量で、月の色が変わるからとのことです。

それにともなってかどうかは知りませんが、
国立天文台でキャンペーンをやっていましたので、
見える色の観測報告も、初めて行ってみたのでした。
by ambitious-n700 | 2014-10-10 13:20 | 時事 | Comments(0)

「ヒンデンブルグ・オーメン」だって!?

昨年、さんざん営業されてしまって作ったNISA口座。
取引のないまま9ヶ月が過ぎました。

せっかくの非課税メリットを享受すべく、
久しぶりに株でも買うかーっ!?と、調べていたんです。

近所で使えそうな株主優待やら、配当やら、
銘柄を物色していたんですけれども、「ヒンデンブルグ・オーメン」なんですって。

「ヒンデンブルグ・オーメン」とはNY市場のテクニカル分析の指標とやらで、
30営業日以内に株価5%下落が80%の確率で起こるらしい。

そういえば、我が日本でも10%消費増税の判断も迫るなか株価は上昇中ですね。

うーん・・・買い相場じゃないような気がしてきました。


デイトレーダーと対極にいる気分屋トレーダーですから、
塩漬け銘柄は損益評価で塩漬けのままです。
本来は損益確定して、他へ投資をしたほうが良いのかもしれませんが、
そこは見ないふりの軟弱トレーダーなのです。

今回は、オーメンに怖気づいて、
多少値上がりがあった銘柄を、雀の涙ほどではありましたが利益確定を行いました。

NISA口座で早くどっかの銘柄を買っておきたいんだけど、
反対の行為をしてますね。何をやってんでしょうね。

でもしかし、めぼしい銘柄はチェックしたので、
10月~11月は、しばらくマーケットに注目したいと思います。
by ambitious-n700 | 2014-09-30 14:46 | 時事 | Comments(0)

月とたまごとアイスとチーズケーキ

中秋の名月は生憎の天候で、十六夜のスーパームーンは煌々としてました。
気象庁の地震情報を見たら、それなりに数が多く、
関東でも久々に緊急地震速報も出ましたね。

昨年も似たような記事を書いた記憶がありますが、
やっぱりお彼岸の時期は、地震も多いのでしょうか?

また、先日テレビで地震の宏観異常現象として、
ニワトリの卵の生産量が減るとか、牛乳の生産量が減るとかの話を聞きました。

要は、動物が地磁気の影響を受けて、
たんぱく質の生成が落ちるためらしい・・・という説でした。
まぁそれが、化学的なのか?生物学的なストレスから起こるものなのか?
その原理は不明だけれども、一定数の統計を見ると傾向がつかめるらしい。

9/10に巨大フレアがあったり、宇宙天気も乱れていて、
ラジオのノイズは気になったりしたんですよね。

ナマズの地震予知は、未だ賛否の分かれるところですが、
なんとか叡智を結集して、地震予知の確立ができないものですかねぇ。


あ・・・それと、今年の嫁さんのバースデーは「GODIVA」。
新発売のショコリキサーのCMを見て、食べたいとのご希望でした。
しかしながら、ショコリキサーはカキ氷と一緒で、
その場で食べないと溶けてしまうそう。
残念ながら、テイクアウトができるアイスのプレゼントにしました。

ケーキは「アンリ・シャルパンティエのWチーズケーキ」。
日持ちがする小さめのホールで、
2日に分け、家族で食べたので、無理することなく美味しく頂けました。

甘いものが苦手で、
過去にホールケーキを無理して沢山食べて、胸やけした人におすすめ。
by ambitious-n700 | 2014-09-19 11:06 | 時事 | Comments(0)

迎え火

お盆ですね。
実家には、菩提寺からお坊さんが来たそうです。

一方、我が家では嫁が迎え火をしていました。

私の実家では、迎え火送り火をした記憶がなく、
嫁の実家では行っていたらしく、率先してやっておりました。

転居を幾度かしているので、
ご先祖様は、今の自宅を知らないように思えますが、
キチンと迎え火をするとわかるものなんですね。

その晩に、義父が夢枕に立ったのでびっくりでした。

なぜか、公園で一緒にレンタサイクルをする夢でしたね・・・。


話は変わりますが、
USJで本日オープンしたハリーポッターの新アトラクションが話題です。
映画を全作見ている我が子は、興味津々、目を輝かせております。

そういえば、義両親はTDRへ行くことを望んでいて、
いつか連れて行ってあげたいと思っていたのですが、
ついには、それが叶わぬまま他界してしまいました。

USJとて、行こうと思ってもなかなか行けないでしょうから、
スケジュールを見ては、いける機会を虎視眈々と狙いたいものです。
by ambitious-n700 | 2014-07-15 14:05 | 時事 | Comments(0)

悪意も、故意も、他意もない!?

パソコンサポート切れで、入れ替え作業に追われてます。
増税前の駆け込み消費で品切れも多く、
満足いく買い替えもできませんでしたが、まぁなんとかやってます。

プライベートでもゆっくりする暇はなく、
今年はお花見らしいお花見はできませんでした。
そんな中でも、仕事の合間に出会った桜。
b0090284_102546.jpg

毎年お花見できるとは限らず、
お花見できることって幸せなのね・・・と思う。

そして、S●AP論文のごたごたがワイドショーを賑わせています。
悪意はあったのか、なかったのかと、
悪意が見え隠れするマスコミが、騒いでいます。

街の声をインタビューしては、
無責任な声を無責任に流しているようにも感じます。
編集によって番組制作者の意図を隠してね。

まぁネットブロガーとしては同じ穴の狢かもしれんけども・・・。

いろいろな期待や思惑が渦巻くと、
研究や科学技術の進展にも、弊害が起きるのですね。残念な流れです。

その存在の真偽は、まだまだわかりませんし、
再検証や研究を続ける価値は、捨てきれないのだから、
あせらず騒がず、もうちょっと見守ってもいいんじゃないのかな?と思います。

他国で新たな作製方法が発表されたとかの報道もあるので、
その功績と利権を狙われているのかもしれません。
できる限りの、注意をしつつ配慮をしつつ・・・ですね。
by ambitious-n700 | 2014-04-12 09:55 | 時事 | Comments(0)

再検証は、利益留保を忘れずに

ホワイトデーでした。その前に、私のバースデーなんかもありました。

こういったイベントは、楽しむ余裕のある人のものですね。
せめて休日であれば良いのですが、余裕のない暮らしの中では、
返さねばならない、祝わねばならない、の強迫観念が芽生えます。

そして我が家には、DVDプレーヤーはありますが、
プレゼントに頂いたサザンのライブビデオは、間違ってブルーレイ用でした。

頂けただけでありがたいわけですから、
残念な気持ちの芽が出ることを、ひたすら否定する自分が居ます。

掻き乱された気持ちを、押し殺し・・・呑みこむ作業は、
なかなかのエネルギー消耗をともなったのです。


また世間では、慰●婦も、ST●P論文も、
再検証!再検証!と騒いでございます。
そして航空機事故は、発表も検証もできない闇に包まれたままです。

火のないところに煙は立たぬ、と言いますが、
火のないところに煙を立てるのが、謀略なのかも知れません。

わぁーわぁーぎゃーぎゃー騒ぎ立てられ、
追い込まれては、真偽不明のまま是認したら、
他者に利益を与えてしまうリスクがあるわけですね。

確かに、社会や世論の流れは、
そう複雑でなくシンプルかもしれない。

しかしながら、それを逆手にとって
利益誘導を試みる魑魅魍魎も存在しているのかもしれない。

なんか最近のニュースを見ていると、
そう邪推したくなるようなことが多いです。


良いことも悪いこともある情報あふれる社会において、
自身を守ることは、
これもなかなか大変なことかもしれないと、改めて思うのでした。
by ambitious-n700 | 2014-03-15 15:22 | 時事 | Comments(0)