晴れやかなる四十路へ!

河口湖のたび4

つづき。

エコと温暖化、そしてマイカー規制の言葉に後ろ髪をひかれつつ、
障害者手帳を見せて、富士スバルラインに入ります。

時折、バスの排気ガスをかぶりながら、登っていきます。
四合目辺りで眼下に雲海を望み、
五合目まで来ると大勢の登山客がいます。
各社旅行会社の旗やのぼりもなびいています。
そして、山梨県警も・・・巡回中・・・

そんな中を車イスを押しながら、見晴台へ。
まずは、みんなで記念撮影。
ここまでくると涼風を感じることもできますし、
多少雲はありましたが、
富士の地肌と山頂を見ることもできました。

そして小御岳神社へお参り。
辰っちゃん漬けの人形にビックリしながら、お土産店へ。
登山杖羊羹やら、富士山せんべいを購入する。
その後、昨夜の豪華食事でお腹がいっぱいなので、
お昼代わりに、こけもものソフトクリームを食べる。

ツアーの登山客が自由時間になると、いっそう混雑が増し、
こりゃたまらん!と、そそくさと退散。

五合目から少し下りた奥庭駐車場へ。
一帯は奥庭自然公園となっております。

義父は駐車場で休んでいると言うので、3人だけで散策路へ。
途中、幾羽もの野鳥に出会いながら売店まで。
売店の脇に、天狗石があり手を合わす。

さらに300mほど行くと眺めの良い展望台があるらしいのですが、
義父を待たせているので、ここで折り返し駐車場へ戻りました。

富士山を下山し、ホテルへ戻る。午後2時半ごろ。

我が子の希望で、お次はホテルのプールへ。
義父は部屋でのんびりし、嫁さんはプールサイドでビデオカメラを回す。
(お正月の品川と同じパターンです)

我が子の泳ぎがうまくなったのを感じる。
青梅のプールから少しづつ教え、なんとか面かぶりクロールを習得か?
息継ぎができていないので、
キョリにすれば5メートル越えがいいとこなんですがね。

1時間半ほどプールで遊び、この日は我が子と大浴場へ。
嫁さんは客室の露天風呂へ。

入浴を終えて、夕食。
連泊でメニューは違えど、やはりたっぷりの豪華メニュー。
お腹の具合を調整していたとはいえ、
義父と我が子の残り分も食べるが、食べ切れませんでした。

食事を終えて、虫捕りイベントへ参加。
カブトムシのペアをゲット。

そして、2日目も無事に過ごし就寝。

つづく。
[PR]
by ambitious-n700 | 2008-08-19 10:40 | 旅・行楽 | Comments(0)
<< 河口湖のたび5 河口湖のたび3 >>