晴れやかなる四十路へ!

下剤なんて大キライだぁ!

胃がん検診に行ってきました。
バリウムを飲むのも、下剤を飲むのも初めてです。
まぁ・・憂鬱な休日でしたね・・・。

保健センターに横付けされた検診車で順番にやってきました。
仕方がないにせよ、待ち時間が煩わしいですね。
問診、検診の正味時間は15分足らずですが、
受付から終わるまで1時間オーバーでしたから。

バリウムが不味いとの評判は聞いていましたが、
私は発泡剤の方がきつかったです。ゲップを我慢するのが苦しいですね。

私の前の方が技師の人とコミュニケーション不足のためか?
撮影がうまく行われていなかったため、検診車の中は嫌なムードが漂っていました。

そういえば、車に乗り込む時に私の2つ前にやった人とすれ違いざまに、
「他の車の方がいいよ。」とボソッと私に言葉を投げかけたのですが、
合点がいってしまいました。

あぁ・・・技師の人との相性もあろうな・・・機嫌もあろうな・・・と。

そんな空気を読みつつ、「初めてなので、よろしくお願いします。」と、
平身低頭に検診に臨みました。
技師の人の指示に従いながら、検診台の上で、寝返り数度、
グィーン・・・グィンと上下左右に動く検診台の手すりにつかまりながら、なんとか撮影。

まぁ技師の人も私の気持ちを察したのか、スムーズに終えることが出来ました。

待つのもイライラするでしょうけど、
検診車の中で次々とこなしていく技師の人もイライラするんでしょうね。

最後に渡された下剤を飲んでおしまい。
そして、ゲップを連発しながら帰路に着きました。

4~5時間後にトイレのあるところを意識して過ごしてくださいとのことでしたが、
私は3時間後に便意を感じました。バリウム混じりの白い・・・やつをね。
それから翌日までお腹の調子が良くありませんでした。

まぁ・・・憂鬱な一日でしたよ・・・。
[PR]
by ambitious-n700 | 2008-05-16 11:56 | ぼやき | Comments(0)
<< 死して屍・・・ 自転車教習 >>