晴れやかなる四十路へ!

日本館

つづき。日本館。
フタバスズキリュウの骨格標本、日本近海の分布もわかる生物標本、
隕石や鉱石、そして、私が子供の頃にもあったフーコーの振り子など等。

そしてここで痛恨のミス!
「シアター360」という橋の上に立ち、
上下左右の全方位映像が楽しめる展示があるのですが、
番組プログラムが2ヶ月ごとに入れ替わりで上映されおり、
恐竜のプログラムは4月5月に上映でした。

ここでいかんともしがたい先入観が・・・。
てっきり別料金かと思い、今回は見なくてもいいかとパスしてしまったのです。

ところが帰宅後、
パンフレットを見ると入館料のみで見れたのでした。

確かに興味のある番組プログラムではなかったかもしれないけど、
その映像設備は一見の価値は間違いなくあったでしょう。
企画展は別料金でも、
「シアター360」は一般展示に含まれるとは・・・あぁ・・・なんてこったい。

それとパンフレットを見て初めて気がついたけど、
一般展示は、高校生までは無料なのね・・・さすが国立です。
高校生デートにうってつけです。

さぁ日本館もみて午後1時すぎ、そろそろお昼を食べようとレストランへ。
階段を上ると、思った以上の人の列・・・そそくさと退散。
再入館のスタンプを押してもらい上野公園へ。

ならば、精養軒か藪蕎麦か・・・桜並木を花見客を掻き分けて行きますが、
思った以上の人込みで・・・当然に何処へ行っても、行列でした・・・あぁ・・・
仕方なくチェーンのラーメン店へ。軽くラーメンをすすり腹を満たす。

博物館へ戻る際は、不忍池で桜と一緒に写真を撮ったりしながら、
少し花見をして戻りました。
桜はきれいですが、人が多すぎ・・・この時期の上野公園。
花見はもうちょっと人が少ない穴場的な公園の方が、
落ち着いて散策できて好きですね。

博物館へ戻って3時頃、時間のある限りと・・・
地球館の昆虫や野鳥の展示される探検の森へ。
最後にミュージアムショップへ、
Tシャツと本物化石が出てくるガシャポンを購入し帰宅。

歩き疲れでその日の夜、入眠はすみやかでした。

※後述誤記、ここで書かれている「一般展示」→科博の「常設展示」のことね・・・
[PR]
by ambitious-n700 | 2008-03-30 11:37 | 旅・行楽 | Comments(1)
Commented at 2008-03-30 11:41
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 恐竜大陸、その1 ダーウィン展 >>