晴れやかなる四十路へ!

30代にして老後を考える

このところマイホームを購入する知人もチラホラあり、
買う気も財力もない私としては、さぁ・・・人生計画は、どうしたものかと・・・
思いを巡らすことになってしまいました。

そうですねぇ~ただ今、30代・・・このまま仕事。
40代・・・教育費に追われてなんとか仕事。
50代・・・子供もそろそろ手が離れ・・・気ままに仕事?そして、カムバック青春!?
60代・・・他人様の手をわずらわす事のない生活を確立したい。
まぁ~こんな感じが理想でしょうかね!?

大きな病気や不慮の事故がなければ、50代になれば自由が再び・・・
そして、老後に関しては、
老人ホームか手狭でも安いマンションを購入し在宅介護かの二択でしょうね。

老人ホームなら、やっぱり田舎の方でないと諸費用は高いだろうし・・・
在宅を選ぶなら、
医療や介護面の充実した都心か病院の近くでないと死活問題だな。

都心にひとつでも小さいワンルームを資産としてもてれば、
貸すも良し、老後に住むにも良しとして活用度は高い。
ただし、自分で住むとなると賃料収入も減るから、
それも勘案して資金・資産を溜めないといけない。

ん~・・・片田舎で地価と物価が安くて、
それでいて医療が充実した病院のある町を見つけるのがベストか?
年金はあてにならないとして、老後生活へ入るまで、
どちらにせよ、パッと考えて資産3千万円ぐらいあるといいですね・・・。

こう考えると、子供が成人してから、
身体が動ける50代が正念場のような気がしてきます。
五十路を過ぎても、若い頃のように貧乏でもたくましく、
それなりに蓄えられないと老後はキツイかもですね!?

現実はなかなかキビシそうです。

あぁ~じじむさい! さ、がんばろ っと。
[PR]
by ambitious-n700 | 2008-02-22 15:25 | ぼやき | Comments(0)
<< 隊長 不良 バレンタインだったね >>