人気ブログランキング |

晴れやかなる四十路へ!

●残酷暑●令和元年備忘録


暑いです。お盆が終わりました。
宿泊費用等の相場が跳ね上がる時期です。
今夏の我が家は、休みをずらすことができたので、
お盆はいつもどおりの日常でした。

実家へは8月初旬に行って、実父の喜寿会食。
その日、嫁は泊まりで仕事へ行きました。
思うところはありますが、お察し下さい。
備忘録です。

そして、映画作品をいくつか見ました。
ひとつひとつレビューを書きたいとは思いますが、
残念ながら、すでに記憶が薄れてきております。
せめて鑑賞した作品だけでも列挙しておきます。

「名探偵コナン(の何作目か)」
「ズートピア」
★「夜は短し歩けよ乙女」
★「万引き家族」
★「羊たちの沈黙」
「エイリアン2」は、自宅で。

「プロメア」
★「天気の子」は劇場で。

個人的なおススメ4作に★をつけました。
「羊たちの沈黙」は、かな~り前に一度?観ています。

アニメ作品の「夜は短し歩けよ乙女」と「プロメア」は、
動くイラストのような作風で、
表現の幅が広がって行く時流を感じました。
但し、中年男には絵が忙しくて眼も頭も疲れました。

新海監督の最新作「天気の子」については、
別途、レビューを記したいと思っています。


そして、終戦の日もありました。
JAL123便の慰霊登山のニュースもありました。
色々と思うところはあります。

そして、最近は戦争物作品のTV放映が減りましたね。
十年前位は、戦争の記憶を風化させまいと、
特に終戦記念日には力を入れて放送してたように思います。
今夏は、いつもと変わらぬバラエティー番組が並ぶのを見て、
気落ちしてしまいました。

制作者側に戦争体験者等が減ったからでしょうか?

残念かな、いまやオールドメディアと云われてますが、
TV番組の質・内容の低下を
私も感じてしまうのでありました。


by ambitious-n700 | 2019-08-21 10:07 | その他 | Comments(0)
<< 『天気の子』鑑賞!※ネタバレ危険?※ 「表現の自由」を考える >>