人気ブログランキング |

晴れやかなる四十路へ!

神社巡礼の記録44(武蔵野八幡宮)


渋谷の繁華街では、日本独自に発展したハロウィン仮装文化が、
社会問題化してきましたが、その翌日は一ノ酉でした。

私の興味はハロウィンよりも酉の市でございました。

まだ参詣していない神社で、酉の市を行っているところを調べて、
此度は、吉祥寺に鎮座する「武蔵野八幡宮」と相成りました。

吉祥寺の駅からアーケードを抜けて徒歩5分程度です。
提燈が掲げられ、露店が並んでいました。
b0090284_14451628.jpg
新宿、花園神社の賑やかさと比べてはいけないのだろうけど、
練馬の大鳥神社と比べても、少し落ち着いた様相でした。
街の規模を単純に思えば、
練馬駅前より吉祥寺駅前の方が賑やかだとは思うのですが…!?

吉祥寺の地名由来は
お寺の門前の人たちが移住した街が始まりと聞いているから、
もしかしたらお寺の檀家衆が強くて、
神社の氏子衆はちょっと活動が弱いのかもしれないと思うのでした。

まぁまた、近くに井草八幡や大宮八幡もあるので、
その辺りも影響あるのかもしれません!?

そんな余計なことを考えながら、
龍の吐水口でセンサー自動水栓の手水舎で清め、
本殿に進んで、神恩感謝を捧げます。

社務所にて御朱印を拝受してから、境内をゆっくり周ります。

八幡様ですから主祭神は応神天皇です。
しかしながら、酉の市をしているということは、
どこかに日本武尊なり天日鷲命が祀られてはいるはずと、
境内社を注意深く見てみますと、
七社(三島・出雲・大鳥・厳島・稲荷・須賀・疱瘡)が、
相殿で祀られていました。

うむ・・・なんとなく系統はわかるが、全ての祭神の名がでてこない。
まだまだ不勉強だなぁ~と思う。

そして境内社にもキチンとご挨拶の参拝をして、
熊手も授かるのでした。
b0090284_14464426.png
さて、しっかり神社参拝を終えて、境内を出て、
気を許したところで、いつものズボンの後ろポケットに、
いつも入れているパスケースが無いことに気が付きます。

はて?出かけ間際、家に忘れたか?それとも、道中で落としたか?
思い巡らしても、どうにも記憶に自信がない…。
おそらく、きっと…家に忘れていることだろうけれども、
万が一、道中で落としていたら、
免許証やらカード類が悪用されないかと、心配も湧いてきます。

本当はこの後、吉祥寺で昼食を摂ろうかと思っていましたが、
こんな胸のつかえを抱いては、ゆっくりなんかできないと、
私はとんぼ返りで帰宅したのでした。

結局、パスケースは自宅に置いたままで、事なきを得ましたが、
遅い昼食を、近所にあるいつものラーメン店で摂ったのでございました。

ウム、出かけ間際は時間に余裕をもって、
持ち物のチェックは慎重にしないといけないことを教えてくれた、
本年の一ノ酉でございました。


by ambitious-n700 | 2018-11-03 14:49 | 神社仏閣 | Comments(0)
<< 『あなたが母親の手料理を食べら... 神社巡礼の記録43(恵比寿神社) >>