人気ブログランキング |

晴れやかなる四十路へ!

御朱印帳をGETせよ!

実弟から社員旅行のお土産を頂いた。
それと同時に訪れた城跡がきっかけで、
日本百名城のスタンプ収集を始めた話を聞く。

おぉ~!と驚きとともに先を越されたか?・・・っと、
私のなかでちょっと負けん気が顔を出した。

既にその存在は知っていたし、
今現在ならば、私の方が訪れた城の数は多いはずだ。
しかしながら、私が百名城めぐりを知った時、
気の遠くなるようなその数と広さに、到底できようもないと思って、
スタンプ台帳を購入する気にさえならなかった。

スタートラインに立とうとしなかった私に対し、
最後まで成すか成さぬかを別にして、
実弟がスタートラインに立っていることに少し妬いたのだろう。


実は我が家でも、子どもが幼少の頃からスタンプ集めはしており、
城に限らず、観光スタンプは気が向いた時だけではあるが集めている。

西は「博多どんたく」から岐阜城の「天下布武」、
都内の各駅や博物館、そして、北は札幌の「時計台」まで。

ひとつのスタンプ帳に押印してあるのは、見直しても確かに楽しい。

だが、しかし!何かがもの足りない。

きっと権威付けが足りないのかもしれない。
百名城めぐりは、城郭協会が主催しているスタンプ台帳に押して、
すべて達成されると名が記録されたり、記念品が授与されるらしい。

我が家にあるものは、シンプルかつ個人で楽しむスタンプ帳だ。

いや、本来の目的に則しているから、これで充分なはずであるが、
実弟の話を聞いたときに、気持ちがスッキリとは晴れずに、
もやぁ~っとした嫉妬と憧れがわずかに残ってしまった。

こんな些少のことを気にすることが、そもそもいけないのだけれど、
私自身、城や寺社を訪れることを好むので、
なんだかもったいないし、他に満足を得るものはないかと考えた。

すると・・・あった。
スタンプよりも昔からある、御朱印というものがあるじゃないかっ!

神社仏閣の御朱印ならば、城郭協会の権威にもきっと劣らない。
いやいや、優劣を競うものでもないのだから、考え方がすでにおかしいが、
私に芽生えてしまった、もやぁ~っとした嫉妬を払拭してくれるに違いない。

これをきっかけに御朱印集めでもしてみようかと、心が動いたのです。

御朱印かぁ~、ならば、御朱印帳をまず手に入れなければならない。

せっかくならば、いつも初詣をしている神社の御朱印帳を使いたくもあるし、
持ち歩くのだから、手触りもよくデザインの凝った神社の御朱印帳にも惹かれる。

どうしようか?色々と迷ってしまうが、
迷いが生まれるということは、自身に欲が芽生えている証左である。

神社を訪れる目的は、本来、御朱印ではないし、
欲を抱えて神前に立つなど控えるべきであろう。

あぁ~御朱印に囚われて、欲が芽生えるなんて、なんて本末転倒なのだろうか。

とはいえ、俗っぽい欲を掻き消せない自分に気づいても、どうにもならん。

しからば、どうにもならん未熟な自分を戒めつつ、
この欲にふり回されることも、ひとつの縁と考えて、
気の向くままに、どこか神社へ参詣したいと思うのでありました。
by ambitious-n700 | 2015-10-25 14:12 | その他 | Comments(2)
Commented by 練馬大根 at 2015-10-26 13:06 x
ご無沙汰しております。
日本百名城は私も巡りたいです。
老後の楽しみにもなりますしね。
一緒に巡りませんか?
Commented by G at 2015-10-27 11:39 x
おそれ知らずの猛者が、ここにもおりましたかっ!
日本のお城は好きなんで、
未完を覚悟のうえで、是々非々ならお供しますよ~。(^^)
<< あこがれのA判定 「とりあえずの愛」読了 >>