人気ブログランキング |

晴れやかなる四十路へ!

8月の最終日

中学生である我が子の夏休みが、本日終わりを告げます。

反抗期だったのでしょうか?
うるさく注意をしたところで聞くわけもなく、
休みの日が一緒でも、親と外出するより自宅でゲームをしたい年頃です。

口応えばかりなので、自主性に任せていたらゲーム三昧でした。

見かねて、こりゃぁ~まずいだろうと、
8月上旬には、宿題の進捗を報告させ計画を出させました。
そして、やることやっているのなら・・・と多めに見ていました。

しかしながら、一日5ページの自身で課したノルマはこなせず、本日に至る。
ギリギリになって、宿題の指定書式がないとか諸々の問題が出てくる。

情けない話ですが、杜撰な計画で破綻を経験するには、
丁度よい年頃なのかもしれません。


また、どこぞの図書館員さんが、
「学校が死ぬほどつらい子は図書館へ」と呼びかけたニュースがあれば、
多くの宿題を抱えた子どもたちは、それに飛びつきたくもなるようです。

「死ぬほど」がどれほどのことを言っているのか、
この年頃の子どもたちが、冷静に判断できるとは思えません。

「死ぬほどつらいなら、夏休みの宿題くらい間に合わなくたっていい」とは思いますが、
親がこれを言えば、都合のよいところを取り出して、
「夏休みの宿題くらい間に合わなくたっていい」しか、耳に入らないわけです。

前述の言葉なら「死ぬほど」が抜けて、
「学校がつらい子は図書館へ」と聞こえてしまうようです。

言葉を履き違え、自己の都合のいいようにしか解釈せず口応えをするわけですな。


まぁそんなものでしょう。

親としては言葉の真意と成れの果てを伝え続けるしかないんでしょうが、
どうか社会に出て、他人様へ迷惑をかける前に、
誠実さのかけらでもいいので、身に付けて欲しいと願うのでした。
by ambitious-n700 | 2015-08-31 09:41 | 家事育児 | Comments(0)
<< 「私たちがプロポーズされないの... 「真夏の方程式」読了 >>