人気ブログランキング |

晴れやかなる四十路へ!

夏の旅1日目:えのすい

短いお盆休みでしたが、江ノ島と横須賀へ行ってきました。
昨夏は箱根まで、ロマンスカーでしたが、
今夏は片瀬江ノ島まで、ロマンスカーでした。

自宅を出たのが7時半ごろ。
新宿駅構内で朝食を買い込み、8時半過ぎにロマンスカーへ乗車。

車内でお腹を満たしながら、10時頃には片瀬江ノ島駅へ。
b0090284_1523730.jpg

顔出し看板や龍宮城を模した駅舎で数枚の記念撮影。
天気予報は、急な雨に注意を呼びかけていたので、
この日は、逃げ場がある【新江ノ島水族館】へ行くことにしました。

トップシーズンですから予想はしてましたが、大変な混雑ぶり。
11時前に入館し、順路を飛ばして、
最初に見たのは、屋外にあるウミガメ展示から。
次にタッチプールでネコザメやらヤドカリ、そして、なぎさの学習館。
12時ごろには、ショープールの観覧席に腰掛ける。

アシカとイルカのショー「きずな」を見て、その後は「しんかい2000」、
相模湾大水槽にもどって「フィンズ」、海月水槽で「海月の宇宙」。
ペンギンの「ペングィーン」へ行って、
もうひとつのイルカショーの「ドルフェリア」と回りました。
b0090284_15234282.jpg

合間合間に一般展示を見たり、カフェで小腹を満たしたり。

特に印象に残ったのは、「しんかい2000」の実物展示でしたね。
魚類でも海獣でもありませんが、目を見張るものがありました。
b0090284_15241598.jpg

脇には深海環境水槽や、古代ザメの「ラブカ」や「ミツクリザメ」の標本もあり、
いかに深海探査や深海生物の生体展示が難しいかが伝わってきます。

17時を過ぎると、ナイトワンダーアクアリウムと銘打ちまして、
プロジェクションマッピングを駆使した幻想的な水槽も見られます。

目新しく挑戦的なこの企画展示なのですが、
果たして魚たちにとって、優しいのかどうかと疑念も沸いてきます。

なぎさの学習館で学んだ、海を汚さないで!という優しいメッセージと、
この沸いた疑念が、私の心の中で交錯してしまうのでした。

ミュージアムショップでお土産を物色し、退館したのは18時半頃。
宿へチェックインしたのが19時頃。
夕食を済ませ入浴。就寝は23時頃でした。
by ambitious-n700 | 2015-08-17 15:25 | 旅・行楽 | Comments(0)
<< 夏の旅2日目:えのしま 乃南アサ「いつか陽のあたる場所... >>