晴れやかなる四十路へ!

ゲームに夢中

嫁実家の整理をしたときに、古いゲームが出てきました。
あったことは覚えているんですが、
ゲームクリアをした記憶がない『FFⅦ(PS版)』が出てきました。

試しに遊んでみたのですが、これが充分に楽しい。
ネットには攻略情報も豊富で、行き詰ることもない。

しいていえば、画質が粗いことと動作がおそいことが気になる程度です。

いまは携帯ゲーム機やら、ゲームアプリやらで、
小さい画面のゲームも盛んですが、その歴史を感じますね。
日々進化するゲームに夢中になるのもわかる気がします。

そして一昨晩、夢中になりすぎていた我が子から、
ipodtouchを取り上げました。

メディアミックスだかなんだか知りませんが、
時間限定の配信アイテムやパスワードに振り回されて、
食事も入浴も雑になり、生活がゲーム中心になっていたため、
堪忍袋の緒が切れてしまいました。

しばらく我が子もふて腐れていたので、一日のインターバルをおいて、
ゲーム依存の危険さと時間の管理について、その大切さを説き伏せました。

なんとなく(ゲームのために?)反省した様子を見せ、
また、留守番が多いこともあって、早くも解禁をしてしまったのですが、
いつまで改善された生活が続くものでしょうかね?

成長過程なんだと優しく見守りつつ、そして、目を光らせつつも、
どこかの政党名よろしく『生活が第一!』と、声高に訴え続けようと思うのでした。
[PR]
by ambitious-n700 | 2015-05-08 14:03 | 家事育児 | Comments(0)
<< 子どもの貧困率16%超 いよいよ断捨離 >>