晴れやかなる四十路へ!

GWの記録

ゴールデンウィークが終わって2週間ほど過ぎましたね。
海外旅行客の帰国ラッシュからも2週間・・・、
新型(豚)インフルエンザも国内で感染発生ですね。
水際対策で防ぎ切れないのも仕方がないです。

それはそれとして、私のGWの記録を今更ながらUPです。
とび休で2日ばかりだったのですが、我が子を連れ実家へ行ってきました。

お出かけは、実家から程近い狭山湖ぐらい。
実は、テレビで狭山湖にオオタカがいることを知り、
それが見れたらなぁ~と、狭山湖に行ってきました。

午前10時頃だったでしょうか?
狭山湖の駐車場で、私の弟と姪っ子と落ち合う。

そして駐車場脇の何度か利用したことのあるトイレのデザインは、
実はオオタカをモチーフにしてあることも、今になって知る。
b0090284_12251660.jpg

しかしながら堤防にでて、湖に目を移すと、
水鳥とカラスが遠くに見えるだけでした。

ずーっとオオタカを待っているわけにもいかず、
いつもの原っぱで、バッタとテントウムシと戯れる。

そして、次は近隣のトトロの森1号地へ。
私の子どもの頃はまだ整備されてなく、私も初めて足を踏み入れました。
b0090284_12254551.jpg

程よい散策コースです。
途中で、小さな神社でお参りをしたり、
啄木鳥(おそらくコゲラかアオゲラ?)の木の叩く音を聞いたりしました。

近所の園児たちも来ており、
瀕死のミツバチを眺めて、やいのやいの言っておりました。

さすがにこの時期には出会えませんが、
夏には、クワガタやらカブトムシもいるのかもしれません。
木の根っこの方が荒らされており、心無い採集者の痕跡がありました。

駐車場に戻り、案内板を見ると、
狭山湖の対岸の方に六道山公園というのがあり、
そこには展望台もある・・・じゃぁー行ってみるかと向かう。

公園の展望台から森林越しに狭山湖を望む。遠くにインボイスドームも。
オオタカがいるのもなるほど納得できる自然が残っています。

我が子と姪っ子には、虫を探してみな・・・と指示をして、
しばらく展望台から景色を眺めていましたが、
オオタカには出会えませんでした。

代わりと言っちゃなんですが、ガビチョウの声を聞いてきました。
我が子はコッソリ覗いて、その姿を見たようですが、
私はさえずりと羽音を聞いただけでした。

そして、ヨコヅナサシガメ!カメムシの親戚です。
b0090284_12261991.jpg
b0090284_1226326.jpg

木にビッシリで気色悪いです。赤いのは羽化直後の成虫だそうです。
きっとテントウムシと同じ警戒色でしょうね・・・。

六道山公園のあと、埼玉県立緑の森博物館に行きましたが、
閉館時間近くで、ちょこっと見ただけで、実家へ戻りました。
緑の森博物館は、厳密に言ったら“館”じゃありませんけど・・・ね。
[PR]
by ambitious-n700 | 2009-05-17 12:27 | 旅・行楽 | Comments(0)
<< あぁ・・・黒い太陽よ いわゆるひとつの・・・ブラック... >>