晴れやかなる四十路へ!

29日 スキー日和

朝方・・・もとい、就寝後、となりのお客さんの宴会の声が漏れ、
それがうるさくて眠れないと、嫁さんは納得がいっていないご様子。
しばらく防音性の高いRC造のホテルに泊まっていたからね・・・。

しかしながら、天気の方は快晴で、昨日の吹雪で新雪!
最高のスキー日和です。
朝食を済ませ、予定の湯沢高原スキー場へ向かう。
道すがら、スキーセットをひとり1500円でレンタル。
まぁ・・・ちょっとモデルも古く、使い込まれているけど問題なし!

スキースクールも開校しており、午前中は我が子をお願いする。

その間、私はファミリーゲレンデを2回滑った後、
ロープウェーで山頂付近の高原ゲレンデへ。

湯沢高原スキー場は、山頂付近からも初級者コースが出ているので、
我が子でも降りてこられる程度なのか、調査がてら滑ってみる。

コース幅が狭いけど、斜面は緩やか・・・
ボーゲンでブレーキをきかせることができれば、なんとか大丈夫か!?

下山して、我が子の様子を見に行くと、なかなかどうして?
昨年と今年と各一日しかスキー板をはいていないのですが、
ゆっくりながらもボーゲンでターンをまわっているじゃないですか!

おぉっ!これなら?山頂から滑ってこれると判断。
午後は、山頂まで連れて行くことにする。


昼食は、ゲレンデ近くのとんかつ屋さん「人参亭」。
海老フライの定食、ひれかつの定食、それにご飯と味噌汁を追加し、
二人前のおかずを三人で食す。
ですが、皿に大盛りになったキャベツ、どんぶり飯では、
充分すぎるほどの量でした。

肉は柔らかく、ころもは、サクサク。海老の身も大きく美味しかったです。
お腹が一杯になったところで、いざ・・・山頂へ。
b0090284_10132928.jpg

大型のロープウェーに乗り下を見ると、
ところどころ新雪にカモシカなどの獣の足跡が残ります。
我が子は、それを見つけてははしゃいでおりました。

さらに、リフトを2本乗り継いで山頂。
初級者コースを嫁と私とで我が子を挟み滑り降りました。

スクールの時はしっかりターンをしていましたが、
コース幅も狭いからか、我が子はスピードを調節しながらボーゲンの直滑降。
1回目は転ばずに滑りきりました。
コースも長かったので楽しかったようです。

気をよくして、2回目。そして、気がゆるんで転倒。
まぁ・・・最後の最後にも半泣きの大転倒を1回しましたが、
一日を通して、3回程度の転倒でした。
とりあえず、ひとりで滑れるようになり、
昨年に比べてとても上達したように感じました。

結局、リフトの営業が終わる(16時頃)までスキーを楽しみました。


ロープウェーで下山して、スキーを返し、
リフト券が温泉付ファミリーセット券でしたので、
ロープウェー駅併設の温泉「コマクサの湯」へ。

のんびり入って、宿までの帰りは、
レンタルスキー屋さんの厚意に甘え、車で送ってもらいました。

その後、ゆっくりお土産屋さんを回り、洗濯物と一緒に実家へ宅配を頼む。

19時頃、夕食をどうしようかと思案するも、
お昼にたくさん食べたので、お腹が減らず。
この日は屋台モノの五平餅やら肉まんでお終い。

20時半、宿に戻り就寝。

(この日上越新幹線は運行トラブルがあり、
スキー場にとっては折角のかき入れ時なのに、
お客さんは少なかったのかもしれません。)

つづく。
[PR]
by ambitious-n700 | 2009-01-07 11:28 | 旅・行楽 | Comments(0)
<< 30日 越後湯沢温泉街 28日湯沢は吹雪 >>