晴れやかなる四十路へ!

2018年始の行楽、総括


まぁ、大きな事故もなく帰ってこれたので良かったのですが、
来年は我が子も受験生、浮かれて遊んでいる場合じゃないでしょうから、
今後は規模は縮小、プランは柔軟になるとは思います。

それに、我が子も嫁も、スキーだ、神社だと、
私の趣味に付き合ってはいますが、さほど興味はなさそうです。
いずれはいずれ、どうなるのかわかりません。

しかしながら、訪れた小諸城址はもったいない気がしました。
4日は仕事始めの人もいるので、三が日よりは人出はないでしょうが、
もう少し観光客がいても良さそうに感じました。
やりようによってはもっと集客できそうな気がしました。

懐古神社は、城主だった牧野家の御霊を祀っている神社だそうですが、
神社であれば、入園料を支払わねばならないのは、やはりリスクで、
地元の人には、なかなか身近に崇敬されづらいだろうとも感じました。

またネット上では、運営側の問題が散見されて、
きっと傍目から見るよりも、さまざまな事情があるのでしょうけれどもね。


[PR]
by ambitious-n700 | 2018-01-13 14:00 | 旅・行楽 | Comments(0)
<< 「痴人の愛」読了 4日、小諸城址(懐古園) >>